OVL一次落ちしました。

この期に及んで一次落ちとかクソ雑魚かよ~~~って感じなんですけど。「ま、一次落ちでも評価シート貰えるし適当に投げとくかw」ぐらいの気持ちで久々に応募したら爆死しました。三作全落ちってお前。というかOVLの選考。僕が出したときより厳しくなってない……? 気の所為? 僕がクソ雑魚になっただけ?

という訳で。今年まだ一作も小説完成させてない癖に生意気にワナビらしい記事です。

では早速一枚目の評価シートからいってみましょう!

よぞはな評価シート

う~ん、ゴミ!w

7点って。7点ってなんやねん。余裕で赤点やぞ、お前。仮にもGA一次通過で最高ラインの評価貰った作品がこれって。どうなんだワナビとして?

下読みとの相性みたいなのもあるとしてもさ。これはひどいね。頼みの綱とかいってた文章力が2ですよ。小説書き始めた時だって3はあったはずだぞ。しかもこの作品僕の小説の中では一番文章力高い作品だぞ。

というかこの評価シート……。各項目と全体のコメントの意図を忖度すると、「うちのレーベルの対象じゃねぇ(ラノベ向きじゃねぇ)」ってことじゃねぇか。

まぁ、うん。OVL(というかラノベレーベル)に送る以上。ラノベ読者を想定した物語を書けってのは当然のことなんだけどね。でもこの作品一般とも違う気がするし、狙うとしたらハヤカワくらいか……? 

今時ネット応募出来ないのめんどいよね。SFの癖に随分古式ゆかしいレーベルだぜ。


二枚目。

はじぽ評価シート

さっきよりちょっっっとだけマシだけど……ゴミ!w

9点って。9点ってなんやねん。せめて二桁IKEA。

というか文章力。1ってなんやねん。僕これでも文章力には自信ある方だったんですけど! こんなに酷評されたの初めてなんですけど! 前々から癖のある文章だとは言われてたけどね、読みにくいとか表現がぎこちないって言われたのが初めてだよ。

他に関しては割りと真っ当な批評だなぁと思うので特に言うことはないです。


三枚目ァ!

ろぼばと評価シート

ここにきてやっとまともな評価シート来たじゃねェかァ! でも残念! 一次通過ラインは16点なのだ(多分)!

結果としてはこの作品も一次落ちに変わりないんだけどさ。僕が伝えたかったこと自体は下読みさんにも伝わってたからいいかなと思うよ。今作は王道を意識して書いた作品だし。僕今迄捻くれた作品しか書いてこなかったからさ。たまにはね? ま、書いてる時あまりにも普段の作風と違って辛かったけど。

なんにせよ。ラノベレーベルに送る以上「ラノベっぽさ」を意識した方がウケはいいよな。「明るく」て「萌える(燃える)」話。これが読者の求めるエンタメってことだ。

僕としてはいつも通りのゼロ年代全開な作品(アダルトチルドレンやらセカイ系)やら書いていきたいけど、この作品で「まぁ王道も悪くねぇな」って思えました。なので次作も素直な作品書くかもね。


とまぁ、渋い結果になった訳だけど。僕としては最新作が過去作よりも評価されてるだけで前進出来てるみたいで嬉しいよ(単純)。

「乃木若葉は勇者である(下)」、感想。

上巻→「乃木若葉は勇者である (上)」、感想。

71GgrbdPz1L.jpg


あらすじ
日本の四国を舞台に、神に選ばれし6人の少女が戦い抜いた人類滅亡の叙事詩―ここに完結。物語は次代の勇者たちへと引き継がれる―

ゆゆゆへの架け橋となる創世記の物語、これにて完結です。上巻からゆゆゆに比べても厳しいというか、残酷な側面の強い物語でしたが。今巻ではそれが更に加速していきます。四国以外への探索、“修学旅行”を皮切りに。
人類の生存が許されず、バーテックスが跋扈する土地となった外の世界。梅田地下で行われた人間同士の醜い争い。同志白鳥の死。切り札である精霊の力。神降ろしを使うことによるデメリット……。十一話の「種子」から暗澹たる事実が明るみになっていきます。

そしてその不安の種は少女たちの心に根を張り、育まれていく。
虚偽にまみれた報道と、大社の隠蔽体質と被さる形で。

大社くんの隠蔽体質はこの頃からですよ。一度はひなちゃんの甲斐あって浄化されたんっすけどね。ゆゆゆ時代にはまた腐ってます。

そんな中。満を持して登場するバーテックスの進化体。最初の敵は勇者キラーことスコーピオンくん。スコーピオンの針に杏とタマ先輩はあえなく命を散らす。

ごめん。前巻で創世記の勇者システムの方が強くね? とか言ってたけど。今までの敵が弱かっただけですわ……。スコーピオンくんこれでもまだ完全体じゃないのに絶望的な戦力差ですよ。

それでも今回は友奈ちゃんが切り札の中の切り札。鬼の王、酒呑童子を降ろしてスコーピオンくんを粉砕するんですが。勇者二人を喪ったことにより少女たちの心中は黒く淀んでいく。更には侵食力の強い進化体バーテックスのせいで現実世界への被害も色濃く発生していき、民衆たちが勇者の力に疑問を感じはじめる。

ここらへんはのわゆのテーマである「民衆の陰鬱さ」を強く表したものでしたね。

守るべき人々から責められ、蔑まれ。強大な敵による蹂躙で心も身体も擦り切れていく勇者たち。それでも彼女たちは日常を尊び、日常を守るために戦い続ける。

二人の仲間を失い、四人だけとなった勇者チーム。それでも友奈は明るく皆を支えようとし、ぐんちゃんはそんな友奈へと更に依存していく。特に地元の人間や親から否定されてからは、その依存は病的な領域になる。私には高嶋さんだけいればいい。高嶋さんに会いたい。高嶋さんに私だけを必要として欲しい__。

純粋な承認欲求は神降ろしの代償と合わさり、狂気へと変質してしまう。そして郡千景は闇堕ちし、仲間である若葉へと凶刃を向ける。彼女さえいなくなれば高嶋さんは私だけを見てくれると。しかし、神に背いた千景は勇者としての力を喪い。バーテックスに喰われ命を落とす。大嫌いだった若葉に対する自分の感情が、憧憬から来るものだと気付きながら。
最後の最後で若葉をかばい、自身を捧げた彼女は。間違いなく勇者であった。

ここのシーンなんっすけどね。ぐんちゃんが本当に好きだって伝えたかった高嶋さんには伝えられず。大嫌いだった若葉に自分の本音と言葉を託すってのが皮肉というか哀れなんっすよね……。ぐんちゃんの想いはいつもすれ違ってばっかですよ……。まぁ、そのすれ違いが友奈ちゃんが本心を仲間に吐露しようと決意させるきっかけになったので。無駄じゃないんですけどね……。


こうして、勇者は二人だけとなった。
物語全体の鍵を握る“友奈”
未来へ繋ぐ希望を見据える“若葉”

最終決戦で襲い来るバーテックス進化体の群れに、友奈は神樹を守りきったところで息絶え。神樹へと吸収されその一部に。若葉は残りを殲滅し帰還。未来にバトンを託す役目を担う。

創世記勇者たちの尊い犠牲のもと。四国の結界はより強固になり、外の世界を捧げることで暫しの安寧を掴み取った。三百年近くの平穏を得るために支払われた犠牲はあまりにも大きかったが。

そして、掴み取った勇気のバトンは。三百年後の勇者へと引き継がれていく__。


と何故かほぼダイジェストのような感想(?)になってしまいました。これじゃあただの梗概だよ!

それは兎も角。下巻で結構物語の根幹にかかわる設定開示されたよなぁ。
・友奈という名前は高嶋友奈以降受け継がれてきた名前であること。
・幼い頃から神仏に触れていると勇者としての力が強まる(?)
・友奈ちゃんが最終話で意識を喪ってから復帰するまでの間。若葉ちゃんからのメッセージを受け取っていたということ。

ゆゆゆ二期やゆゆゆいでものわゆの話がかなり関わってくるらしいから、読んでない奴は必読だゾ!

あ、あとな。今巻の僕的見所は二つ。一つはぐんちゃんが友奈ちゃんを求めて病んでいくところ。とても辛かったけど興奮しました(小声)。ぐんちゃん最後まで報われんよな……。国や大社からは勇者として弔われることもなく。友奈ちゃんとも意思疎通出来ず、最後は拠り所としていた勇者の力にも見放される。
「ぐんちゃんが勇者じゃなくても、私はずっと側にいたいよ」っていう友奈ちゃんの気持ちが伝わってれば……。
悔しいよ……無念だよ僕は……。!!!! 許せねぇ……ッ! バーテックスぜってぇ許せねぇ!!
キェエエエエエエエエエエエエエエ!!!!! ウォオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!

はい。で、次ですね。二つ目は友奈ちゃんが弱音を吐いたところです。だって友奈ちゃんって常に超然とした存在で、勇者の中の勇者って感じで。弱みなんて見せてこなかったじゃないですか。その友奈ちゃんがですよ? 精霊の影響とはいえ「なんでこんな辛い思いしてまで戦わなくちゃいけないんだろう……」って自分が戦う理由を自問するんですよ?

そんなのお前……勇者だからに決まってるじゃねぇかぁあああ!!!

(ダラッシャァアアアアアアアアアア!!!)

お前! 高嶋さん家の友奈ちゃんは人間味あるぞ! 友奈ちゃんから家族や友達を失うのが怖いから戦ってる臆病者なんだ、なんて科白出ると思わんかったぞ! チクショウ! 最高!! 好き!!!!


という訳でのわゆの感想でした。今はわすゆ二章が全力で楽しみです。くわゆもめっちゃ楽しみにしてます。ゆゆゆいも絶対課金します。


満足度:★★★★★

「僕の小規模な奇跡」、感想。

51f6UG1_SDL.jpg


あらすじ
「あなたのこと全く好きではないけど、付き合ってもいいわ。その代わりに、わたしをちゃんと守ってね。理想として、あなたが死んでもいいから」彼女に告白し、そして奇妙な条件付きの返事をもらった瞬間から、僕は彼女の為に生きはじめた。この状況が僕に回ってきたことが、神様からの贈り物であるようにも思える。この結果が、いつの日か、遠い遠い全く別の物語に生まれ変わりますように。

読み終わったのは一週間以上前なんだけど。引っ越してきてきてからネット回線整ってなかったんで更新出来なかったんっすよねぇ。たとえネット環境整ってても、仕事のせいであんま記事更新してる余裕なさそうだったけど。

という訳で例によって(?)入間。結構前にこの作品の冒頭を読んで、なんだか妙に頭に残っていてな。入間の作品だったのは確かだけどなんだったかなーと思いながら適当に本屋で探してて今更見つけました。入間はさ、冒頭っつーか掴みの文章書かせるとうまいよな。たとえ物語全体の評価が凡作以下でも許せちゃうもん。

今作はなー、入間お得意の群像劇? のようでいて。基本的に変人兄妹二人だけの視点だから群像といえるかどうか……。冒頭の僕(二十年前)に興味を引かれて買ったんだけど、それ以降出番もなく。残念な気持ちになってしまった。後々にどんな風に影響していくんだろ~、なんて思ってたけど。それもあってもなくてもそんな変わらないようなレベルだし。なくてもあまり変わらないような……。
メインカプ二組の話も、何か根底にテーマやドラマがあるという感じでもなく。なんだか空疎な話だったなという印象。


満足度:★★☆☆☆
★2はさすがに低すぎかなぁと思うんだけど。★3を上げるのも躊躇われる出来。最初の話だけなら★4~5はあげれる。

「メルヘン・メドヘン」、感想。

512Jk0CUUzL.jpg


あらすじ
鍵村葉月は物語をこよなく愛する、妄想過多な正統派ぼっち少女。
家族との関係もうまくいかず、物語の世界に逃げ込む日々を送っていた。
ある日の放課後、ファストフード店で読書に励もうとした葉月は、全身をローブで覆った少女に出会う。
しかも、その少女は葉月以外の人には見えないようだった。
葉月は「魔法使い」に会えたと喜び、友達になってほしいと申し出るのだが、少女は驚き逃げてしまう。それを追い、たどり着いた図書館にはある学園への扉があった。
その扉の先にあったのは、世界中の童話の「原書」に選ばれた少女たちが「原書使い」(=メドヘン)になることを目指すクズノハ女子魔法学園。そして、葉月は『シンデレラ』に選ばれたと告げられるのだが――!
「原書」と共に自らの「物語」を紡いでいく、夢と魔法と青春のファンタジー、開幕!


「パイコキ」、「迷い猫」で有名な松智洋氏の新作。著者はつい最近亡くなったばかりなのだが、インターネッツゴーストとなって今なお作家業を続けているのだ。今の時代。PCさえあれば生きてなくても小説は書けるんです! ……というのは冗談で。作者が所属していた創作集団、「Story works」の方が代筆してるみたいです。僕自身松先生に思い入れがあるのか、と問われると。微妙なラインですね。だって僕。代表作2作とも読んでいませんもの。アニメは観ましたけどね。じゃあなぜこの作品を買ったかといえば。話題だからどうこう関係なく。例によって百合ブックスだからです。僕が本を買う理由なんて百合だからで事足りてしまうんですよ。

という訳で本書の感想。この物語。一言でいえば逃げぐせのある少女が、自分だけの物語を見つけるまでの物語であり。ヒロインの静ちゃんに告白するまでの物語です。振り返って考えると、主人公の成長に重きを置いた話だったのかなぁと。
最初は文章も物語も軽くて、いまいち世界に入っていけなかったんですけど。終盤は文句なしに熱いし感動できるものでした。
直ぐに物語の世界に逃避してしまう主人公が、静と出逢い。静と仲良くなるために一歩を踏み出し。最後は静に告白する為に自らを危険に晒す。
今迄物語を自分の逃避先としてしか観てなかった主人公が、「アンタが読んでる本に自分のことは書かれていない」という科白に気付かされ。自分自身が主役の、自分だけの物語を創造する。
バトルロイヤル魔法少女モノで、争いではなく相互理解による決着を図るというのは。松先生の人柄というか優しさが出ている気がします。


全体的に見れば、脳内お花畑みたいなお話でしたし。それこそ子供が読む童話のようにご都合主義的な解決法かもしれないんですけど。この物語はそれでいいんですよ。誰もが幸せになれるハッピーエンド。それはきっと、望めば手に入るものなんですから。


満足度:★★★☆☆
途中まで★2かな~なんて思ってたんですけど。読後感は良かったし少女の成長物語として筋が通ってたので★3つ。でも続きを買うかと問われると……微妙。続刊前提のラノベではつかみが最重要なので、一巻時点で★4いってないのはキツイ。


「少女妄想中。 」、感想。

61NXBN2qI5L.jpg


あらすじ
好きになったのが、“あなた”だっただけ。

「こういうのが初恋なんだなって、思いましたっ」
いつも背中を追いかけていた、あの人への『憧れ』。夢の中で一緒に過ごした、海辺でのあの子との『友情』。傷つけてしまったあの人への、伝えられない内緒の『想い』。私の好きな人は、私以外の人も好きなのだろうか。たくさんの人と物の中で、その女の子を好きになっただけ。もどかしい想いを描く、少女たちの可憐な物語。


安定の入間で百合な短編集(群像劇?)。表紙もその手の筋では有名な仲谷さんだし、ど安牌ですよ。これで外れたら桜の木の下に埋められてもいいくらいの。

っていうかいつから僕はこんな入間好きになったんだ。ここ数年の作品だったら結構買ってるぞ。ラノベ方面というよりメディワ方面だけど。入間の代表作であるみーまーは一巻でいいやとなり、電波女も結局まともに読んでないから。入間ニアを名乗る気はないけどね。

で、本編の内容について。今作は全体的に淡く透徹とした、幻想的なお話だったかなぁと。物語自体は多少ファンタジー色が織り交ざったものとはいえ、現実に即した舞台なんだけど。情景としては水に溶ける絵の具みたいな感じだったかな。

そういう意味では文章面でちょっと物足りなさは覚えたんだけど、話としては綺麗にまとまってたから良し。
一話目の決して届かない幻想を追いかける女の子の話は、物語の起点となる話なんだけど。主人公自身が囚われ追いかける背中と。自分を見てくれない主人公に片思いし続ける幼馴染の関係が切ない。互いが互いに違う方を向いているから、決して交わることのない。空と海のような関係、とはよくいったものだ。夜中三島(主人公)のお布団に忍び込む芹ちゃんとかね。せめて寝ている時ぐらいは彼女の背に追いつきたい、触れ合いたいっていう気持ちが感じ取れてね。悶ちゃったよ、おじさん。

そして二話。ここでちょっと話が分からなくなるというか。茫洋として前話とのつながりが分かりづらくなるんだけど。言ってしまえばこれも今作のテーマであり軸としてある恋(夢)のお話なんだよね。いってしまえば夢(恋)を追いかけ続けるっていうテーマの短編集(?)だから。芹が望んだ夢の世界。そこには確かなものは二人だけで、だからこそ彼女は自分を見てくれる。ずっと繰り返しの日々が続けばいい。それが芹の願いであり夢なんだけど。自分のことを見向きもしない。どこか遠いところを眺めている三島を芹は好きなんだよ。だからこそ最後は夢を終わらす。悲哀の滲む笑みで彼女を送り出すんだよな。

そうそう何気に今回の話(特に1,2話)にはゲストとして「虹色エイリアン」のカナエが出てきてるんだけど。ゲストキャラとしては思った以上に物語に関わってきてたよね。普通にこの物語のキャラ一覧に乗れるくらい。追いかける三島と待ち続けるカナエ。共に間を埋めようと走る二人には感じ入るものがあるのだろう。

そして今作で1番好評であるところの三話。ここで一気に時間飛ぶよね。決して届かない彼女という夢を諦めた芹と、その姪の恋物語。甘酸っぱいおねロリだった。陰がある年上の女性と女子高生って。まさに「性癖! 女! 女! 女!」って感じのパワーがあったね。夢の終わりから始まった恋。代償、諦観、欠損、獲得。切なくて人生そのものを考えさせるお話だった。


という訳でど安牌の百合短編集でした(4話はエピローグみたいなものなのでスキップ)。読んでる時はそうでもないんだけど。入間の話は読み終わった後に色々と考えるというか。テーマ性みたいなのにふっと気付くんだよね。テーマ性を強く主張しない作風というのも、親しみ深くて好きだよ。


満足度:★★★☆☆
★4つけてもいいんだけど、それだとなんか入間に甘い気がするから★3。



読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター