「棺姫のチャイカVIII 」、感想。

棺姫のチャイカVIII (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカVIII (富士見ファンタジア文庫)
(2014/01/18)
榊 一郎

商品詳細を見る





あらすじ
禁断皇帝アルトゥール・ガズを討ち滅ぼした『八英雄』のひとり―シュテファン・ハルトゲン公王。彼が統べるハルトゲン公国で開催される武闘大会の賞品は、なんと『皇帝の遺体』そのものであるという。しかも公王の傍らには、双子のようにそっくりな二人の“黒き”チャイカが付き従っていた―。優勝して『遺体』を手に入れるために、大会への参加を企図するトールたちは、それぞれ同じ目的で集った紅チャイカとダウィード、そしてジレット隊のヴィヴィとニコライと、因業深き再会を果たす。三者三様の想いと、仄暗き策謀が渦巻く武闘大会の“戦場”で、命を賭した争闘の幕が切って落とされた!

絶賛アニメ放送中の棺姫のチャイカ。現在9巻まで出てますが、まぁ平常通りやっと8巻読みました。なんていうかね。僕の読書ペース的に2巻分出たらやっと読む、って感じになってるよね。なんだかんだで結構忙しい身ですからね。しょうがない。

さて、前巻で結構衝撃の事実が続々と明かされていき、物語が核心に迫っていったこのシリーズですが。
今巻では武闘大会編です。優勝賞品に「遺体」が据えられた武闘大会。明らかに罠である。が、しかし。それでもホイホイ釣られざるを得ないのがチャイカ一行。なんとしても遺体を手に入れるため、赤、無色、白が黒き双子のチャイカの下へと集う。

今巻ではトールの脆さや、兄弟子にあたる同じ村出身のサバターの登場。そして初めて体験する「戦争」というものへの戸惑いなど。トールの心情が揺れる場面が多かったですね。同じサバター同士での戦い。それも自分より格上の者との。
今までも窮地はいくつもありましたが、圧倒的技量といいますか。トールと同じスタンスである意味正道で叩き潰しにきた敵は今巻が初めてかと思います。今回は今迄とは逆に奸計を繰られた感じかな。
要約すると「サバター(トール達)すげぇ!」から「サバター(相手)すげぇ!」になったかな、といったところ。

最後。トール達より一枚上手なシンにヒロイン陣(フレドリカ除く)を捕らわれてしまい、遺体との交換を迫られてしまった訳ですが。トールはどうするのか。「主の目的を達成する事」を優先するのか、「主の命」を優先するのか。後編に続く__

それにしても。やっぱりフレドリカちゃんってチート枠っすよね。普通に考えてフレドリカちゃんが味方についてる時点でこの武闘大会負ける気がしないです。でもトールはやっぱり「特殊」なだけであって強くはないので。どこかしらで強化はあるのかな?今巻でその「特殊性」すら霞んでしまった訳ですし。現実的なモノだとフレドリカと契約とかかな?

あと、双子のチャイカの真相も気になりますね。まさか二人と見せかけて一人とか?二人で一人の仮面ライダー的な?(それは違う)。またはDark Blueの双子的な?(最早意味分からん)




満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター