「ベン・トー 11 サバの味噌煮弁当【極み】290円」、感想。

ベン・トー 11 サバの味噌煮弁当【極み】290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー 11 サバの味噌煮弁当【極み】290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2013/11/22)
アサウラ

商品詳細を見る





あらすじ
半額弁当バトルに青春を賭ける佐藤洋は魔導士に拒絶され、涙する槍水を見て以来、HP同好会の部室へ向かう足が遠のいていた。そしてその夜を境に佐藤、槍水共に弁当の奪取率が急激に落ち込んでしまう。この状況を変えるために、白粉は一人魔導士へ戦いを挑むのだが…。そして悩める佐藤が狼として、男として槍水に告げた決意とは…?「最強」の称号と“極み”と名付けられた弁当を手にするため、今、狼たちが集結する!半額弁当をめぐる青春シリアスギャグ・アクション、史上最大の特盛りで贈るクライマックス!!

今、万感の思いを込めて。ここに言おう。いただきます、と。

実質の最終巻。驚きの分厚さでお送りするクライマックス!最強の名を関する狼“金城優”との決着。そして佐藤が抱いていた想いが、槍水先輩の願いが、溢れだす!

最初から最後までとことん熱かったな……ベン・トー。ほんとに大好きな作品だったよ。一応まだこれが最終巻という訳ではないのですが。次巻の12巻は後日談的なものっぽいので物語としては11巻がラストに相応しいかな、と思います。

ベン・トーという作品は……読めば読む程深みが増す。味わい深い作品ですね。まだ狼が“騎士”と呼ばれていた頃の話とか、初代最強である“アーサー”の話とか。もう語られる事はなさそうですがそれだけで1つ物語作れそうです。

やっぱり……ラストは金城先輩が敵じゃないと締まらないですもんね。うん。理想のラストバトルです。佐藤が今まで託されてきたものをぶつけ、全てに終止符を打つ。それは狼としての頂点という意味だけでなく、自分の恋にも。

何も持たない故に最強であった“金城優”と、何もかもを持ったまま最強へ立ち向かった“佐藤洋”

ベン・トーという作品はそんな正反対な二人の恋と、飢えを掛けた物語だったんじゃないかと思います。

全てを捨てて最強に至った孤高な天才は、どんなものをも取り込もうとする馬鹿に手を差し伸べられ、孤独をなくし最強を捨てる。孤高であるが故に最強だった金城優は、佐藤洋という敵すら仲間に引き入れる愚直な男によってとっくに孤高ではなくなっていたのだ。

色々あったけど、佐藤が報われてよかったかなという気はする。報われなかった人達もいるけど。それでもやっぱり、先ずは主人公が幸せにならなきゃな。

何だろう。色々書きたい事はあった筈なんだけど……後ろを見ずに一気に駆け抜けた感じに読み終わったから何を書きたいのか忘れちゃった。うん。後どうでもいいけどベン・トー読んでるとソイジョイとカロリーメイト食いたくなるよね。

あー……僕もこんな青春を送りたかった……。羨ましいぜ。眩しいぜお前ら……。




満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター