「バカとテストと召喚獣10.5」、感想。

バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)
(2012/09/29)
井上堅二

商品詳細を見る




あらすじ
進路希望調査に記入する内容を迷う明久・雄二・ムッツリーニの三人に学園長が提案したのは、召喚者の未来をシミュレートする新たな実験――「間に合ってます」「なんだいその反応!?」(正しい教師とのやりとり)。
とはいえ興味をそそられたFクラス面々は早速試してみるのだが……。『僕と未来と召喚獣』ほか、明久と雄二を襲った衝撃の人格入れ替わり事件の顛末『僕と雄二と危ない黒魔術』を含む全4本でお贈りする青春エクスプロージョンショートストーリー第5弾!


バカテスショートストーリー第五弾となる今作。なんだかんだでバカテスももう15冊。5年半の付き合いとなります。5年半って改めて考えると結構長い付き合いですね。当初1巻を手にとった僕は今の僕の事なんてこれっぽっちも想像していなかったんだろうな~。

短篇集という事で1話ごとにちょっとした感想を書いていこうと思います。

「僕と兄さんと謎の抱き枕」
バカテス界一の常識人。久保くんの弟こと久保良光くんが主役のお話。
何気に話の上でしか出ていなかったムッツリーニの妹ちゃんも登場します。
Fクラスの異常さを一般人視点で眺めてみたり吉井くんのちょっといいとこを見れたりと短編ならではの独特の視点で話を見る事ができます。普段とは一風変わった語り手で進められる話というのはそれだけで新鮮に感じます。
久保(弟)…君もきっと立派な文月学園生徒になれるさ^^(ニッコリマジキチスマイル


「僕と雄二と危ない黒魔術」
お話としては定番の入れ替わりモノ。雄二と明久だけの入れ替わりなら兎も角その他のメンバーまで大いに巻き込んで被害は雪だるま式に拡大していく…。というか翔子さんついに本格的黒魔術にまで手を出し始めたんですか…。ホントに恐ろしい。個人的に入れ替わりといえば木下姉妹を入れて欲しかったですね…まぁそれはクリコミの方で既にやってるんですけどね。それにしても玉井さんがまた出てくるとは思いもしませんでした。というかこの巻で半ばレギュラー陣の仲間入りしている気がします。最初出てきたときはちょい役ですぐ退場するのかとばかり…というか玉井さん凄く可愛いよ!表紙の玉井さんとか凄く可愛くて…

僕、思わずオカズにしちゃおうかと思ったもん!!


「僕と未来と召喚獣」
毎回恒例(?)ババァ長の発明シリーズ。ショートストーリーのネタに困った?う~んそんな時!ババァ長がいれば大丈夫!というくらいの利便性を誇るババァ長。毎回アクシデントをプレゼント♡今回に限ってはババァちょ_失礼。学園長先生は特に問題起こさなそうだな…と途中まで思ったがいや、やっぱ整備不良起こってんじゃねーか!
本人たちにも負い目はあるものの…良いオトナがパン一で廊下疾走はヤバいと思う(絵面的な意味で)

大人になっても明久達の関係は変わらないんだなーとちょっとほっこりするお話。うん無理矢理良い感じにまとめたね。


「私とウサギと仄かな初恋」
明久と姫路さんの小学生時代のお話。バカテス短篇集では毎回最後に各キャラの過去編を意図的に入れてる節がありますね。明久の全盛期と言われていた小学生時代…性格は今とそれ程変わらないんだなー(多少穢れたが)。この話を読むと姫路さんが正ヒロインな感じがプンプンしてきやがりますね。主人公との過去話とかもうフラグじゃないっすか。あぁ…それにしても姫路さんは小学生時代から可愛らしい…

僕が後10歳若ければファックお付き合いを申し込んでいたというのに…。あ、次元が違うから無理でしたかそうですか。
明久ァ!オメェはとっとと付き合う女の子キメちゃいなYO!と思ったが付き合った後もお話が続くとなると暫くそのイチャイチャを見ないといけないという事になるのでやっぱそれは一番最後でいいですね


短篇集という事で気軽に読めますし(本編もそうですが)空いた時間にぱぱっと読めちゃいますね。まさに娯楽小説。


満足度:★★★★☆

スポンサーサイト
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター