「しずるさんと偏屈な死者たち」、感想。

しずるさんと偏屈な死者たち (星海社文庫)しずるさんと偏屈な死者たち (星海社文庫)
(2013/07/11)
上遠野 浩平

商品詳細を見る





あらすじ
とってもミステリーで、ちょっぴり百合。これぞ上遠野ミステリー!
原因不明の難病で病室にこもりきりの“深窓の美少女”しずるさんは、好奇心旺盛な“わけありお嬢様”よーちゃんが持ち込む難事件を病床にいながらにして次々と解明していく。唐傘小僧(からかさこぞう)に宇宙人、幽霊犬に吊られた男……これは奇怪で不気味な、最初の事件簿。新装版にして完全版、星海社文庫版しずるさんシリーズ第1弾!


百合+ミステリー=極上の時間。ということで再文庫化された「しずるさんシリーズ」一作目を読ませていただきました。今回も某所での薦めです。ちなみに私。富士ミス版は読んだことないです。というかただでさえ昔の作品で、更にもう富士ミス自体が休刊したレーベルということもあり中々手に入らないと思います。そのせいで色々と読みたい作品が多い富士ミス作品を読めずにいるわけですよ。幽霊列車とこんぺい糖とかすごい読みたいんですけど。古本屋で見たことないですね。富士ミス作品どんどん再文庫化されてくれると嬉しいです。当時は玉石混淆どころかほぼ石ばかりの地雷レーベルなんて言われてましたけど……癖があって僕は好きですね。

大分話が逸れてしまいましたがそろそろ感想へと移ることにしましょう。
さて、奇しくも前回と同じく百合ミステリーものを読むことになったわけですが。流石上遠野先生。安定の面白さです。
ミステリーでありながら本質は哲学な作品でしたけど。
気になる百合部分はどうかといえば、まぁ僕的には薄く感じましたね。仄かな百合。というより、百合を匂わせているのかどうかも分からない程度でしょうか。まぁ、一巻を読んだ限りしずるさんとよーちゃんの絡みに萌えるってことはなかったですね。後口調が二人共似てるのでたまにどっちが言っているのか分からなくなることも。

ただ、トリックやしずるさんの殺人に対する考えなどは面白かったですね。続きを読んでみたいなって気がします。読んでいてなんだかワクワクする作品でした。




満足度:★★★☆☆

2巻→「しずるさんと底無し密室たち」、感想。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター