落ちました

特に明記はしていませんでしたが、実は先日発表されたOVL文庫の第二ターンに作品を応募してました。結果はタイトルの通り落選です。ですがショックとかそういうのは特にないですし、落胆もしていません。寧ろ喜びすら感じています。落ちて喜ぶとかお前精神状態おかしいよ……と思われるかもしれませんが、別に僕はおかしくないです。

僕の作品が一次落ちする事は元より予想出来ていたことですので。だって去年の夏頃から小説を書いてみようと思い立って、初めて完成した長編ですよ?一次通るほうがおかしいです。
まぁ、だから。僕が落胆してないっていうのは納得してもらえると思うんですが。それだけだとなぜ喜びすら感じる、という風になるかは分かりませんよね。自分の作品を誰かにきちんと評価してもらえたっていう事自体書き手にとっては嬉しい事なのですが……無論それだけという訳ではありません。

兎に角。評価シート見てもらった方がいいですね。規約には評価シートの公表等について特に禁止はないとのことなので載せさせて貰います。

評価シート


自分的には初の作品。しかも此方で扱ってる作品のような異世界ハーレムでも学園ラブコメでも厨二バトルものでもない。というか最近のラノベの流行からはとことん外れてるような作品を送ったにも関わらず中々良い評価だったので嬉しいのです。点数一桁台。それこそ3,4点とか覚悟してたんで。

どうやら今回のボーダーは16点だったらしく、後1点あれば通ってたみたいです。惜しいですね。ちなみに通ったのは434作品中60作品。大体1/7くらいですね。




さて、これからの予定ですが。評価シートの改善点を元に改稿(・主人公の性格の修正 ・設定を分かりやすく見せる描写、エピソードの追加)をしてここの第三か、富士見に出すか。それとも新作の方に取り掛かるか。

新作の候補としてはwebに上げてる「図書室の幽霊」の長編版(色々と書き加えたい話もあるし、撫子と朝顔の絡みをもっと書きたいから)か、完全新作の「初恋アストロメリア(キャラクターとタイトルだけ決まって後はほぼスカスカ)を書きたいですね。

しかし「図書室の幽霊」はある種短編だからあの適当なエンドでもなんとかなりましたが長編だと色々ボロが出まくりそうな話なんですよね……。百合要素はありますが結局のところ片思いで終わるので、ユリスキーの方々からはあまり評価も良くないようですし。というかイチャラブ要素なかったしな。長編版で追加したいのもイチャラブというよりも只の日常部分です。なんというか、撫子と朝顔は友人としてつるんでるのが自然に思えてしまうんですよね。恋仲とは、ちょっと違うような。でも互いに好きあってる。

図書室の幽霊の長編版書くのは難しいみたいな事書きましたが、執筆に苦労するのは「明日の貴女に花束を」も「初恋アストロメリア」も同じですね。なのでどれから手を付けるべきなのか……。

ま、とりあえず。僕のお手本とさせて頂いてる秋山瑞人先生と宮沢賢治先生に敬意を払いつつ頑張るとしましょう。




余談ですが「明日の貴女に花束を」はジャンル的にはセカイ系SFガールミーツガールとなっております。最初はただ百合が書きたかっただけなのに気付けばガチガチのSF部分がメインな話になってしまったと反省してました。が、その設定が思った以上に下読みさんにウケたみたいで驚きです。僕はそんなにSF小説を読む方という訳でもないので結構出鱈目な論理展開しちゃってますから。ただ、整合性とか伏線の貼り方とか、道具やワード一つ一つの効果についてはかなり気を使いました。大学に行く時間を使って理論を固め、構成を考え、ワード一つ一つをどこに置くかにも注力しましたね。設定ノートだけで結構膨大な量になってしまうほどに。

自分にはSFなんて向いてないんじゃないか?この設定は面白いのか?読み手に良さが伝わるのか?と不安で一杯でしたが、少なくともこの作品を読んでくれた方には伝わったようです。ただ、評価シートにも書いてある通り読む人全てに伝わるとは限らない。というか、殆どの人には伝わらないと思うのでそこは修正したいですね。
恐らくこの下読みの方は結構SF小説を読まれる方なのでしょう。だから耐性があってなんとか理解出来たのかな、と。



最後に。僕はこれからも百合を書き続けるよ!


※今のところは

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター