「終末録音」、感想。

大きめ





「劇場版空の境界 未来福音」の特典小説、「終末録音」を読み終わったので一応感想を書こうかなと。

なんだよお前小説なんて読んでる暇なかったんじゃねーのかよ原稿書け、と思われるかもしれませんが違うんです。違くないけど違うんです。
確かに原稿の締め切りは近く、書かないとやばいですが。僕が小説を暫く読むわけにはいかないなと思っていたのは違う理由があるんです。それはですね、自分の作品を書いている時に他の本読んじゃうとそれに引きづられてちゃんとした作品を書けないからなんです。例えばラブコメ書いてたとして、途中でめっちゃ面白い伝記物読んじゃったらそっちに引きづられてなんかもうよく分からない、取り留めのない、纏まりのない作品になってしまうからなんです。それでも完成すればまだ良いですが、僕の場合はまぁ当然といえば当然ですがそれで物語が破綻して最後まで書ききれないからダメなんです。締め切りを守れない作家なんて不要なんです!だから読禁してたんです!

でもそれじゃあ読んじゃダメな事にかわりなくね?終わったの?と言われると、終わってないです。じゃあダメじゃないかと言われると……いや、大丈夫なんです!なんでだよ!と言われても今の僕の感覚的に読んでも感化されずに確りと最初作ったプロット通りに進められるという確信があるからです!

前回は数ヶ月書き続けた作品はよく分からない事になってボツになりましたが(ワープロ100P分以上ボンである。原稿用紙にしたら軽く200枚以上。文庫本だと400P以上分)、こ、今回こそはイケるはず!兎に角スランプは抜け出せたはず!

多分書ききれる……書ききれるよね?まぁがんばろう……。書き終わらないうちからほんとにこれ面白いのか?とか疑問に思っちゃダメだ。最後まで書けなくなる。

とまぁ、長ったるい前置きはこれぐらいにして今度こそ感想をば。そうですねぇ……一言で言えば……。

小説で出来る事をおもいっきり楽しんでやったなって作品でした。

え?それだけ?と言われても、それだけです。

大体ねぇ、感想を文字を、文を重ねればそれだけ物語をちゃんと理解していたとか、真剣に読んでいたとか、好きだとか、そういうのね。くだらないんっすよ。感想なんて何文字でもいいわ。長文書ける人が偉いんですか?所詮個人の感想ですよ?プロじゃあないんだし。第一、どんな長さであろうと読み手が感じた事は本物なのですから。何?気持ちを文字で表現する能力がないんじゃないかって?そんな事はないですよ。長い感想を書くような作品じゃなかったってだけです。っていうかそういう気分じゃなかったってだけっすよ。だからといってこの作品がつまらなかったとか、劣っているとか、そういうわけじゃないです。面白かったです。

なんだか若干愚痴っぽい感想になってしまったが。まぁ、感想なんてそんなもんよ。



満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター