スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハイドラの告白」、感想。

ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)
(2010/03)
柴村 仁

商品詳細を見る




あらすじ
美大生の春川は、気鋭のアーティスト・布施正道を追って、寂れた海辺の町を訪れた。しかし、そこにいたのは同じ美大に通う“噂の”由良だった。彼もまた布施正道に会いに来たというが…。『プシュケの涙』に続く、不器用な人たちの不恰好な恋の物語。

同作者の作品「プシュケの涙」の続編という事で読ませていただきました。プシュケの涙は最初電撃で出ており、僕が買ったのも電撃版だったのでてっきり続編であるこの作品と「セイジャの式日」も電撃文庫の作品だと思い込んでおり中々本屋で見つけられなくて苦労しました。アマゾンで普通の本屋に置いてないちょっと古い教本を買うついでに購入しようと思いページを開いた時に初めてメディアワークス文庫の作品である事に気づきましたね。結局めんどいのでアマゾンで買いましたが。

今巻でも前巻読んだ時に感じた紫村さん節全開です。プシュケは文章も特に気に入った作品なので紫村さんの文章を読めるだけでも十分価値が合ったと思います。もう物語の内容とか、どうでもいいくらい。それはさすがに冗談ですけど。

兎に角今回も素晴らしい文章でした。紫村さんは芸術関係の引き出しが多いですね。淡く幻想的な内容とも合っていて読んでいてとても綺麗に感じます。

っで、内容ですが。プシュケの時と同じように何気なく騙してきます。いやぁ~まさか最初の由良くんが兄の方だったとは。前巻でも兄の存在は出ていたので想像出来ない事もない範疇だったのかもしれませんが、前巻読んでから結構時間も経ち、内容を大分忘れていたのでバラされるまで思い出せませんでした。それと、今巻はそんなにプシュケとの繋がりは感じませんでしたね。これ単体でも十分話として独立しているような気もします。といってもやはりプシュケから読んでいた方が色々と思う事もあって面白いと思いますが。

そして後半部分。由良くんのいとこのAちゃんのお話。なんていうか、報われないなぁ。由良家の人間に惚れた女の子は基本的に報われないよなぁ、と。ただまぁ、不幸なのかと言われると。ハッキリとは分からないですね。幸福の定義は人それぞれ。それは彼女にしかわかりません。後、宛くん予想以上にブラコンだったのね。この二人の関係も何か面白い。

正直、前巻の内容があまりにも憶えてなさすぎて布施さんと由良くんの関連性が未だに分かってなかったり。

それと、由良(弟)にとっては彼方の事はやっぱり忘れられない事なんだなぁ、と思いましたね。



満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。