「アイドライジング!」、感想。

さて、季節は移ろい夏も終わりを告げようとしています。まだまだ残暑が続く昨今。皆さんどうお過ごしですか?そうですね僕はですね、勉強しないとヤバいのに全然してないですね…。まぁそんな前置きはどうでもいいんっすよ


アイドライジング! (電撃文庫)アイドライジング! (電撃文庫)
(2011/02/10)
広沢 サカキ

商品詳細を見る


読んでるラノベが常に時代に追いついていないと言われる僕にしては珍しく割と最近の作品となります。未だに1990年代のラノベ読んだりしますし最近のラノベに関してはホントに疎いもので…とりあえず時代に関係なく気になった作品を読んでいくというスタイルで。

あらすじ
科学技術が発展した近未来の日本。そこでは、アイドライジングと呼ばれるものが人気を博していた。それは、各企業の科学技術の枠を集めて作られたバトルドレスに身を包み、アイドルたちが戦うステージで、人々から熱い支持を得る一大エンターテイメントである。そんなアイドライジングに飛び込んだ少女、アイザワ・モモ。彼女はとある理由から、アイドライジングに勝利することで出る賞金を求めていた。若手女性プロデューサーのオウダ・サイと共に、恵まれた体躯とひたむきさを武器に、アイドライジングでの戦いに挑む。

といった感じの話。アイドル+格闘技+百合という異彩の組み合わせながらなぜか王道を地で行っているシンデレラストーリー。本筋としてはやっぱり王道アイドルモノとして綺麗に収まっていると思います。ディティールは色々と違いますが。

まず主人公に抱いた第一印象がトップをねらえ2!のノノなんですよね。見た目といい性格といい。そんなモモちゃんが『カオル』のために72万円を一ヶ月で用意しなければならない…そこで飛び込んだのが『アイドライジング』というもの。白き舞台の上で少女たちの饗宴が始まる…。アイドライジングの戦闘なんですが電子音とかバトルスーツとかアクセルスマッシュとか何となく仮面ライダーを彷彿とさせるものを感じました。仮面ライダー好きの僕としてはココらへんも大変GOODです。そして…オリンちゃんかっこ良すぎる

いやね、全キャラ魅力的なんですけど個人的に特にオリンちゃんはカッコ良かったな、と。最初出てきた時「うわ噛ませくせぇこいつぁ仮面ライダーで最初にやられる幹部ですわ」とか思ってたけど予想以上にかっこ良かった。なんとも憎めないキャラ。最後の割り込みとか最高に燃えた。これ萌えラノベじゃなくて燃えラノベでしたわ。

総評としては大満足でした。作品としても素晴らしいのですがそれ以上に読み終わった後夢とか希望とかそういう前向きな心を取り戻させてもらいました。

「出来ないと思って諦めたら出来るものも出来ないよ。出来ないと思って何もしなかったら、何も始めなかったら出来る筈なんてない。まだ始まってすらいないんだから」そんな声が聞こえた気がします。広沢先生ありがとうございます。


満足度:★★★★★

2巻→「アイドライジング!〈2〉」、感想。
3巻→「アイドライジング!〈3〉」、感想。
4巻→「アイドライジング!〈4〉」、感想。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター