「機巧少女は傷つかない11 Facing "Doll's Master"」、感想。

機巧少女は傷つかない11 Facing 機巧少女は傷つかない11 Facing "Doll's Master" (MF文庫J)
(2013/05/23)
海冬レイジ

商品詳細を見る




あらすじ
機巧魔術―それは魔術回路を内蔵する自動人形と、人形使いにより用いられる魔術。結社の大幹部“金薔薇”の魔女アストリッドによる学院襲撃を退けた雷真達。だが、その代償はあまりにも大きく、夜々の金剛力の魔術回路が消失、重篤の危機に陥った。夜々を修復できるのは、作り手たる花柳斎硝子だけ。しかし、肝心の硝子は行方不明。一方、度重なる不祥事で学院の権威は失墜。各国から夜会のやり直しの声が上がり始め、遂に英国が機巧師団を学院に差し向ける!迫る命の刻限、猶予はわずか一昼夜。雷真は一縷の望みをかけ帝都を目指すが―。シンフォニック学園バトルアクション。

珍しく新巻が出てからすぐ読みました。あまり時間を置かずに出たばかりのラノベを読むというのは久しぶりだ。どんだけ時代に乗り遅れてるんだよ僕は。大抵は新巻出てから数ヶ月…ひどい時は半年から1年くらい空けちゃうんですが機巧少女は現在読んでるラノベの中でも珍しく兎に角続きが気になってるラノベ。読み終わった瞬間すぐ続き読みたいなーと思うラノベでありましてね…。

前回の戦いで学園はボロボロ。ライシン派閥のメンバー達も甚大な被害を受けここは一旦休息が必要かな?なんて思った矢先に夜々が限界を迎えブロークンハート。そんな夜々を治すため硝子を探し右往左往、東奔西走、紆余曲折大忙し。息を休める暇もない。それで忙しいのはライシンだけかといえばそんな事もなくボロボロ状態の学園は内乱が起こってさらにボロボロになるわ機巧師団に侵攻されるわで復旧すらしている暇は全くなし。勿論ロキやシャル、フレイといったライシン派閥のメンバーもその戦いに巻き込まれそれぞれ尽力し、あるものは斃れ、あるものは壊れ…と兎に角散々な状態。

そしてついに今巻でケルビムといろり、ガルム犬の一頭が壊されてしまいます。前回はシグムント。今回はケルビムとガルム犬。そして夜々も危ない状況。次々と主人公陣の機巧人形が壊されていってる…。ロボアニメでいうところの新機体への乗り換え。物語も佳境に入ったという事でしょうか(ロボモノでの新機体への乗り換え時期は作品によってバラバラですが)。とりわけケルビムとの別れのシーンは辛かったですね。半壊状態で戦いぬいて最後は単純な思考能力しかない故になんとか主人を守ることが出来全壊。あくまで最初は道具としかみてなかったロキが最後にケルビムを“相棒”と言ったところと無骨であまり心、というか意思を感じさせなかったケルビムが己の意思をもってロキに感謝するところ。『I'm glad to meet you』あなたに会えて嬉しい_と、それがケルビムの最初と最後の言葉。主人と道具ではなく、互いに協力しあった相棒としての言葉。

そんな別れが印象的な巻でしたが何も別れだけ、というわけでもありません。暫く姿をみせなかったイオネラちゃんが再登場したり(何か鍵を握っているとみえる)、ライシンのお師匠様。雲雀が会いに来たり。雲雀さんは中々いいキャラしてますね。後滅茶苦茶強い。なんだこいつ。またひとり化物が増えてしまった。

ちょっとした休息巻かと思ったらそんな事もなくページを捲る手が止まりませんでした。しかもこれで上下巻の上。硝子さんの真意も気になるしまだまだ盛り上がりそうな様子で一層下巻が期待できそうです。

あとがきで表紙に触れていましたが硝子さんの隣には誰が座るのか。夜々、または雪月花の乙女達であって欲しいと願うばかりです。



満足度:★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター