「棺姫のチャイカⅥ」、感想。

棺姫のチャイカVI (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカVI (富士見ファンタジア文庫)
(2013/01/19)
榊 一郎

商品詳細を見る




あらすじ
「―トール!トールッ!!」天翔る城砦での戦いの果てに、大空へと投げ出されたトール。チャイカの叫びも虚しく、彼の生命は散った―かに見えたが、窮地を救ったのはジレット隊のヴィヴィとズィータだった。ズィータは「あなたに『お願い』があります」と告げる―。そして捕らわれたチャイカは、銀の髪と紫の瞳を持つレイラと邂逅する。レイラは、「棺担ぐ姫君。貴女に『チャイカ』の真実を教えてあげる。貴女が本当に絶望できる―真実を」と言って、意味ありげに微笑むのだが…!?航天要塞“ソアラ”を巡る死闘、宿業のクライマックスへ。

上巻読んだ後すぐ読んだと思ったのに気付いたら5月の後半…あれ…おかしいな…。

ということで航天要塞編下巻。今巻ではちゃんとヴィヴィとズィータちゃんも活躍します。

ヴィヴィちゃんとズィータちゃんの活躍を語っていきたいところですが…そこを事細かく書いていくと長くなりそう…というかそこまで重要でもないのでとりあえず活躍しましたよという報告だけで割愛。

今巻の話で根幹となってるところ…というか一番メインで伝えたかったところはおそらく、「チャイカとは何か、何のために存在するのか」 「人を殺す事でしか生を感じられない少年を通じて、トールが目的をどこに定めるか悩む」の2つだと思うんですよ。

『遺体集め』という目的の下に作られたチャイカシリーズ。果たして誰が作ったのか、遺体を集める事の本当の意味とは…。そしてフェイラと『チャイカ』の関係とは…?今まで白チャイカ、赤チャイカ、青チャイカと出て来ましたが後何体いるのか…チャイカが何体か出るんだろうなーって事は赤が出た時点で何となく察しはついてましたがまさか作られた存在だったとは…。もしかしたらチャイカシリーズはフェイラの仲間…なのかな?フェイラも何か作られた存在のような気がしなくもない…。謎は深まるばかりである。

そしてトールの目的。勿論現在はチャイカの味方である事こそが目的ではあるんですが…そういうのとはまた違う。彼の生き方そのものについて。トールにとっての最優先すべきモノとは何か。サバターとしての自分以外の生き方もあるのでは?そんな考えが垣間見れました。

新たな試みとしてゲームチックな仕立てで上下巻に渡り大活劇を繰り広げ、隠された真実にも更に迫っていった航天要塞編。その裏ではアルベリック様が逝去なされてたり…。結構好きなキャラだったしメインキャラでもあると思ってたんでまさかこんなとこで死ぬとは…。死亡といえば貴重なエロ枠青のチャイカことレイラちゃんも逝ってしまわれましたね…濁流の波に流されて。

名を捨て、自分を否定し、運命に反逆した青は。地に堕ちし方舟の中で泡に消える_



満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター