FC2ブログ

「ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争」、感想。

81s2bekqcqL.jpg


あらすじ
「ヒーローになるつもりですか?」「違う。僕はお姫様になりたい」闘うより、護られたい―臆病であることを誇る高校生・香屋歩と幼なじみの秋穂栞が迷い込んだのは、8月がループする街“架見崎”だった。ここを訪れた人々は任意の特殊能力を与えられ、乏しい物資を巡る戦争を繰り広げていた。だが、ふたりが希望した能力は戦闘の役に立たないもので…。生存戦略に反則はない。ルールブックの穴をつく、臆病者の戦いが始まる。

サクラダリセットコンビの新作。サクラダ自体はアニメも観てないし原作も未読なんだけど、タイトルと梗概に妙に惹かれてしまった。ウォーター&ビスケットってなんのこっちゃ? って感じだし。コンビニを巡る戦いって規模小さくね? と思ったり。あと梗概のループする閉塞的な街って設定とか。僕はお姫様になりたいっつー惹句とか。面白くなりそうな予感がビンビンする。

実際作中作の「ウォーター&ビスケット」がいい味出してるし、香屋のキャラもいい。自身の身の安全の為に「世界平和創造部」なんて回りくどく壮大なモノまで作ってしまう臆病っぷり。日常の中にあっても平穏を得られない少年は、非日常に於いてこそ最高のパフォーマンスを発揮できる。「世界平和創造部」、後々も登場しそう。

序盤は香屋の異常なまでの“臆病っぷり”に惹かれ、バトルロワイヤルが始まってからも香屋が選んだ“ルール外の能力”が気になって一気に読んじゃいました。アズチ戦終わるまでノンストップで楽しめましたね。アズチ戦の途中で能力を使うのかと思えばそんなこともなく、香屋が選んだのがマジで戦闘に一切関係なく。それどころか使えるタイミングもごく短いっていうのがツボですよね。運営者に質問できる能力なんて、この世界で“勝ち抜く”だけなら非効率ですもん。

やっぱり能力モノは万能だったり汎用性高かったり純粋に強くてチートだったりする能力よりも。一見「それ使えんの?」って感じだったり使い方が分からない能力のほうがワクワクしますよね。能力でなく使い手であるキャラ自体に価値と魅力が出る。
実際香屋の能力なんて戦闘中に使えないですし、まさに捨て身の選択。生存率を上げるだけなら自身の肉体を強化した方がまだマシだ。それでも香屋は「生きることにだけは、命を賭けてもいい」という信条のもとこの能力を選ぶ。

そしてアズチを退けた後。平穏な国、ミケ帝国、ウォーターことトーマの思惑が絡んだりして中々複雑な展開を見せます。
それでも香屋の目的としては
・この世界が何なのか調べる
・この世界で死んだ場合の真相
・トーマに勝つ

ってのが現状の目的ですかねぇ。これはあくまで香屋の物語なんで、今回スポットがあたってたキネマ倶楽部は吸収か崩壊しそうですけど。

最後。完全に男だと思ってたトーマが実は女の子ってのが明かされて、その事実がどう効いてくるのか。そしてトーマに刺された香屋は無事なのか。それすらも思惑通りなのか……。次巻に続く。


満足度:★★★★☆
久々に新しく追ってもいいと思えるシリーズ。2巻も買お。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて10年の付き合い。初めて読んだのは13年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター