FC2ブログ

「きっと彼女は神様なんかじゃない」、感想。

91EseCCr4dL.jpg


あらすじ
この世界を何も知らない「神様」との出逢いが、わたしの毎日を変えていく。

『人は水の中でも、空の向こうでも息苦しくて生きられない。大地を愛せ』
それが現在に至るまで受け継がれた部族の教え。だけどわたしは海を愛した。
集落の嫌われ者なわたしは生け贄となって、海の底に沈む神の岩へ向かう。そこで出会ったのは、長い眠りから覚めたばかりの自称神様だった。
「私はあなたと旅に出たい。ずっと遠くに行きたい。この世界で、生きていたい」
独りぼっちの少女と、無知な神様の少女の、ガール・ミーツ・ガール、ストーリー。


荒廃した世界での少女二人旅といえば、ラノベでは「世界の終わり、素晴らしき日々」。アニメ(漫画)では「少女終末旅行」なんかが思い浮かびますが。今回の入間の新作は、それらとはちょっと違う。

人々や動物がまだわずかでも存在している世界で、少女達が旅に出る__までの話である。

このお話。舞台設定や世界観が視えてくるまでは茫洋として分かりづらい話になってるんですけど。それでも芯のところで言ってしまえば、弾き者同士の心の触れ合いの物語なんすわ。

メイもヤシロも。二人共この世界に於いては異端の存在なんっすよね。現在よりもかなり進んだ未来に於いて、先祖返り的に人のカタチを取るメイ。そしてそもそも別の星から来たんじゃねーかっていうヤシロ。まさかヤシロ一族がこんなところで絡んでくるとはな。

この二人の目的は“海を観に行くこと”であり、そのために二人で強くなろう。というのがこの物語の道筋だ。でもそれまでに辿るテーマとしては「特別な存在じゃなくても、誰かの特別になることは出来る」ってことだと思う。

新人類(旧人類)から神さまとしてプログラミングされたメイも、宇宙人のヤシロからすれば特別でもなんでもない存在で。それでもヤシロはメイと居たいと願い、メイを自分の“特別”に据える。

メイと皐月の関係は、非凡と平凡の対比だ。
皐月からメイに向ける感情は嫉妬を含み。顔剥ぎという行為によりその姿への欲望を解消していたようにも思える。
一方メイから皐月に対する感情っていうのは、平凡であることへの憧憬。その他大勢でいられること。特別じゃないことへの嫉妬だ。それは皐月だけに向けられるものでなく。“その他大勢”に向けられるものも含まれる。

だからこそ、皐月がメイに崇拝や憧憬の気持ちを込めていたとしても。メイからすれば皐月は特別ではあっても代替が効いてしまうもの。優先順位において劣るものなのだ。だからこその、あの顛末といえる。

旧人類である皐月達は、数百年という時の中で変わり続け。言語という壁を新人類との間に作った。
一方新人類は昔のままの言葉を使い続け、文明レベルも一向に進歩させず。停滞の道を選んだ。

それは何故か? 進歩の先に荒廃があることを知っているからだ。だから文明レベルが行きすぎないようプログラミングされていたのだろう。

長い間を一緒に過ごしたのに、最終的に言葉すら通じなくなったメイと皐月。短い間でも互いに惹かれ合ったメイとヤシロ。

ヤシロにとって「特別な存在」じゃなくても特別になれたメイと。
皐月にとって「特別な存在」だったのに特別になれなかった二人。

これは両者の“特別”を対比した物語である。

メイはヤシロを選び、皐月という過去を踏み越え。二人で強くなっていく。旅を続け、いつか海を観るために。


満足度:★★★☆☆
入間の話は読んでるときはそこまで面白くないのに読み終わった後になんか感じ入るものがあるよな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて10年の付き合い。初めて読んだのは13年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター