FC2ブログ

「百合ラブスレイブ わたしだけの委員長」、感想。

71tqfx6vDtL.jpg


あらすじ
委員長の怜那(れいな)が百合に興味を持っていると知った真桜(まお)。秘密を守る代わりに、興味本位で百合Hを体験してみるとその快感は衝撃的! 以降も嫌がる素振りを見せる怜那に関係を迫り身体を重ねると、遊びだったはずなのに、真桜の方が気持ちよさを忘れられなくて!

ジュブナイルポルノの百合小説はもう食傷気味だしいいかな~なんて思いながら。何故か購入。エロに特化するあまりキャラ性やそこから生じるシチュエーションを蔑ろにしてる部分もあるから、あんまり期待は出来ないのだが……。正直言うと、拙者鈴音れなさんの絵大好きなんでござる……。買ったの自体結構前なので、動機はもう忘れたけど。多分そんなとこでしょ。イラストで選ぶ。たまにはそんな俗な選定もいいものです。

で、感想。今作もジュブナイルポルノの例に漏れず。性行為をメインに置き、そこをフックに展開される物語であった。無論、そんなこと態々語るまでもないのだが。今作ではレズセックスの動機が純粋な興味という。今迄で最も根源的であり、シンプルすぎて逆に見落としてたところから始まる。

通常性行為とはそこに辿り着くまでに理由や動機が必要だ。この手の小説にとってその理由は「好きだから」という真っ当なものが殆どだ。たとえどんなに歪んで不純な感情が混じっても、それは恋愛感情だ。でもこの作品では性行為そのものが動機であり目的だ。まさにレイプから始まる物語。レイプファンタジーだ(違います)。レズセックスから始まる恋もある。そんなバカげた言葉だって、ジュブナイルポルノなら正当化出来る。やるじゃねぇか……二次ドリッ!

性行為への好奇心から流れるように脅迫。そしてご主人様と奴隷という背徳的な関係の構築。えっちな漫画のテンプレ的導入。でもここで恋愛に発展するのは割りと少数かな? 契約じみた関係って意味では「あまがみエメンタール」を彷彿とさせる。

最初は性欲ばかりが先行して、個人に対する興味とか。好意みたいなのとはかけ離れたものだったけど。体を重ねるごとに彼女を意識し、もっと互いに知っていきたいと思い。それが恋愛感情に発展する。通常ならありえないどころか頓珍漢な道筋だが、真桜と怜那が少しづつ打ち解けていく過程を丁寧に綴っていたので納得出来た。いっそいじらしいくらい丁寧だったよ。

ジュブナイルポルノとして「主従関係えっち」を描きながら、もう一つのテーマとして「身体的接触は心裡を韜晦させる効果があるか?」というのも盛り込まれてたと思う。怜那の本質。周りに望まれて強がってみせても、本当は内気で「他人に嫌われるのが怖い普通の少女」という部分。

愛美とのいざこざも含めて、「他人に嫌われたくない」という普遍的な感情を訴求出来てたと思う。僕個人としてはこのテーマだけで小説一本書ける。

最初はイラスト目当てに購入したような作品だったけど、回顧してみるとそこそこ楽しめた。永遠に二人でレズセックスしててくれって感じだ。


満足度:★★★☆☆
読んでる時は★2つで充分だろ~~~って思ってたのに読み終わったら60点ぐらいあげたくなっちゃった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて10年の付き合い。初めて読んだのは13年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター