「十歳の最強魔導師 1」、感想。

71MGGnvjCHL.jpg


あらすじ
十歳の少女にとんでもない才能があった! 笑顔も魔力も最強の少女たちが送るほのぼの学園ストーリー。

十歳の少女フェリスは、魔石鉱山で働く奴隷。
毎日の仕事は過酷で、身なりも貧しかったが、決して笑顔を絶やさなかった。
あるとき、魔石鉱山が正体不明の魔術師たちに破壊され、フェリスは一人だけ生き残る。
逃げ出した先で出会ったのは、アリシアという名の美しいお嬢様。
怪しい連中に誘拐されそうになっていたアリシアを、フェリスは無我夢中で救出する。
その御礼にアリシアの屋敷に招待されたフェリスは、そこで魔法の才能を見出されて__。
笑顔も魔力も最強の十歳の少女が贈る、ほのぼの魔法学園ストーリー。


百合置いてけ! なぁ! おねロリだ!! おねロリだろう!? なぁ、おねロリだろお前!!

といった感じで妖怪百合置いてけおじさんと化してる僕が、この本を見逃す訳ないンすよ。

今作。タイトルとかあらすじ見る限りロリが俺TUEEEEE! するテンプレラノベだと思うじゃないっすか? それが違うんっすよ。この本はね。フェリスちゃんが只管無双するって感じの話じゃないんっすよ。確かにフェリスちゃん最強だし倒せない敵なんていないけどさ。一巻の本題はあくまで『学園生活』だからさ。奴隷として酷い扱いをされてきた少女が、人並みの幸せを掴む物語だからさ。そこに本来強大な力なんて必要ないんっすよ。だからさ、きちんと“能力の制御”っていう観点で友情・努力・勝利(成功)が綴られてる訳。

話としては何か胸躍るようなものでもない、淡々としたものなんだけどさ。「少女が当たり前の幸せに気付き、そしてそれを守る為に頑張る」っていう芯は描けてたから良かったかな。テーマとしては「誰よりも優しいあなたのために」に近い。

それに今作の見どころとしては、アリシアさんがフェリスを滅茶苦茶可愛がって甘えさせてる部分なんすよ……。四六時中フェリスちゃんにべったりなアリシアさんかわいい。恋愛的なあれじゃなく、姉妹とかペットに接するような微笑ましさがあるよね。癒やし……。


という訳で。物語としては特に波乱がある訳でもなく、思った以上に淡々と話が進む一種の日常モノじみた話だったんですが。優しさに満ちた心温まる話だったです。でも二巻から黒幕が絡んできてバトルメインな流れになりそうだね。僕はもう一巻で満足しちゃったよ……(というか黒幕の存在に興味がそそられない)。


満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター