「メルヘン・メドヘン」、感想。

512Jk0CUUzL.jpg


あらすじ
鍵村葉月は物語をこよなく愛する、妄想過多な正統派ぼっち少女。
家族との関係もうまくいかず、物語の世界に逃げ込む日々を送っていた。
ある日の放課後、ファストフード店で読書に励もうとした葉月は、全身をローブで覆った少女に出会う。
しかも、その少女は葉月以外の人には見えないようだった。
葉月は「魔法使い」に会えたと喜び、友達になってほしいと申し出るのだが、少女は驚き逃げてしまう。それを追い、たどり着いた図書館にはある学園への扉があった。
その扉の先にあったのは、世界中の童話の「原書」に選ばれた少女たちが「原書使い」(=メドヘン)になることを目指すクズノハ女子魔法学園。そして、葉月は『シンデレラ』に選ばれたと告げられるのだが――!
「原書」と共に自らの「物語」を紡いでいく、夢と魔法と青春のファンタジー、開幕!


「パイコキ」、「迷い猫」で有名な松智洋氏の新作。著者はつい最近亡くなったばかりなのだが、インターネッツゴーストとなって今なお作家業を続けているのだ。今の時代。PCさえあれば生きてなくても小説は書けるんです! ……というのは冗談で。作者が所属していた創作集団、「Story works」の方が代筆してるみたいです。僕自身松先生に思い入れがあるのか、と問われると。微妙なラインですね。だって僕。代表作2作とも読んでいませんもの。アニメは観ましたけどね。じゃあなぜこの作品を買ったかといえば。話題だからどうこう関係なく。例によって百合ブックスだからです。僕が本を買う理由なんて百合だからで事足りてしまうんですよ。

という訳で本書の感想。この物語。一言でいえば逃げぐせのある少女が、自分だけの物語を見つけるまでの物語であり。ヒロインの静ちゃんに告白するまでの物語です。振り返って考えると、主人公の成長に重きを置いた話だったのかなぁと。
最初は文章も物語も軽くて、いまいち世界に入っていけなかったんですけど。終盤は文句なしに熱いし感動できるものでした。
直ぐに物語の世界に逃避してしまう主人公が、静と出逢い。静と仲良くなるために一歩を踏み出し。最後は静に告白する為に自らを危険に晒す。
今迄物語を自分の逃避先としてしか観てなかった主人公が、「アンタが読んでる本に自分のことは書かれていない」という科白に気付かされ。自分自身が主役の、自分だけの物語を創造する。
バトルロイヤル魔法少女モノで、争いではなく相互理解による決着を図るというのは。松先生の人柄というか優しさが出ている気がします。


全体的に見れば、脳内お花畑みたいなお話でしたし。それこそ子供が読む童話のようにご都合主義的な解決法かもしれないんですけど。この物語はそれでいいんですよ。誰もが幸せになれるハッピーエンド。それはきっと、望めば手に入るものなんですから。


満足度:★★★☆☆
途中まで★2かな~なんて思ってたんですけど。読後感は良かったし少女の成長物語として筋が通ってたので★3つ。でも続きを買うかと問われると……微妙。続刊前提のラノベではつかみが最重要なので、一巻時点で★4いってないのはキツイ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター