スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パーフェクトフレンド」、感想。

61Nn6l26DVL.jpg


あらすじ
野﨑まどが放つ異色ミステリ、まさかの小学校編登場!

すごーい! きみはぱーふぇくとなフレンズなんだね! 

なになに。あらすじは……え? まどくんの異彩ミステリ小学校編……? いや、拙者この作品しか読んでないんで。そのあらすじ意味ないでしょ。

という訳で百合ストから執拗にオススメされつつも、一番最初に読んだ野崎氏の作品。「死なない生徒殺人事件」がちょっと序盤読んだ時点で主人公が気に食わなかったので読まなくなり。以後まどさんの作品にも手を出してなかったんですけど。一応これ百合作品って噂じゃないですか。幾度となく薦められるとね、百合作品である以上読まなきゃなってなるんっすよ。

そんな本作は、ぱーふぇくとなフレンズが出て来る話ではなく。数学が得意なフレンズが出て来る話です。天才数学少女さなかちゃんが、“友達”とは何なのかを証明する物語だよ!

この作品ね。たしかにね。理桜ちゃんとさなかちゃんは良い百合(友情)だと思うんっすけどね。やっぱ根底にあるテーマは上記でも触れてる通り「友達とはなんぞや?」ってとこなんっすよ。なんとなく、自然に出来上がる“友達”という存在ですけど。実際その友達の定義は? どのような行動が友達といえるのか? 友達の作り方とは? というのを数学的に証明しようと挑戦したのが今作ですね。で、実際式により友達定数なるものも出来てしまうのですけど。この物語の本質はそこからであり、面白い部分もそれ以後なんっすよ。

天才数学少女さなかちゃんが、友達というものを完全に理解した。だからこれ以上学ぶものはないと理桜ちゃんを切り捨てようとするじゃないですか。でもね。心ってのは簡単に割り切れないし、友達ってのは一度なればそれで終わりっていうものじゃないんですよ。答えが出れば終わる問題じゃない。寧ろ答えを得てからが問題なんです。友達に会えないのは、寂しい。友達がいなくなるのは、耐えられない。

そんな当然の心の機微を、さなかちゃんに分からせるお話だった訳です。前半では友達を数学的見地で証明できるかを魅せ。後半では論理で片付けられない。計算し尽くせないものを示す。それがこの物語の構成です。特に終盤。ネタバレになるんっすけど。さなかちゃんが本当の意味での友達という意味を理解したところで、理桜ちゃんが死んでしまうという展開。此方の度肝を抜く流れですし、さなかちゃんに決定的なバグを与えてしまう契機でした。

今迄論理でのみ動いてきたさなかちゃんが、感情で動く。ただ理桜ちゃんを生き返らせたい一心で魔法なんて非科学的なものを信じる。それこそが実地を伴った試験の結果ともいえます。式はちゃんと生きているんです。血が通った式は非論理的な現象を起こし、人はそれを奇跡と呼ぶ。

魔法ですら物理的に可能なことだと考えられるさなかちゃんでも、たったひとつの事象は“奇跡”としか定義しようがない。人を生き返らせるよりも尊く、人生を豊かにするもの。

それは__友達との出逢い。

なんとなく、「不動カリンは一切動ぜず」を思い浮かべました。好きな人の為に、少女が非科学的なものに縋って必死に頑張るっていう共通点あるからですかね。


満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。