「いもーとらいふ (上) 」、感想。

71SwQmSC5EL.jpg


あらすじ
「わたしのじんせーは、にーさんでほとんどだもん」
シスコン&ブラコンの"一生"を描く兄妹ラブコメ

夏休みの終わり。妹が俺に泣きついてきたのは、あちらが六歳で、こちらが十歳のとき。
珍しく側に寄ってきた妹の手には日記帳の表紙があった。目が合うとおずおずそれを差し出してきて、「てつだって」と、か細い声でお願いしてくる。
俺と妹の関係が始まったのは、その瞬間だと思った。
泣き虫で、根性がなくて、ぼーっとしてて、友達もいない、心配で放っておけない存在。
――それが妹だった。
「わたしのじんせーは、にーさんでほとんどだもん」
幼少時代からの成長、そして大人になるなかで選択した人生――。離れられない二人の"一生"を描く、ちょっぴり苦い兄妹ラブコメ。


僕は思ったよりも入間を好きなのかもしれない。この本も、入間の文章が好きだから買った。入間だから読んだ。特に内容は面白そうではないのだけど。「入間なら何かしでかしてくれる筈」と思った訳だ。僕はいつから入間フォロワーになったんだ?

ということで感想。この作品。ブラコン&シスコンのラブコメと銘打たれているが、そんな単純な話ではない。というか、どう考えても語弊を招く説明だ。愛はあってもコメディかと言われると、他者からすれば喜劇でも。当人からしたら悲劇かもしれない。おかしい話であることは確かだが。

この小説は、妹と主人公の半生を描いた作品だ。特に激動もなく、淡々と綴られる今作は。まさに日記に近い。およそラノベらしからぬ作品だ。つまり、この作品には分かりやすい面白さはないといえる。しかし、だからこそどこか文学的で。テーマといえるものは確りと描かれていた。同じ電撃の妹モノラノベといえば俺妹があるが。これはその真逆のような内容だ。あれはまさにラブコメだが。こっちは純粋に「妹と兄」の関係を描き切っている。そう、あくまで「妹と兄」なのだ。それ以上でも以下でもない。発展しようがなく、揺るぎようのない唯一無二。

どんなものよりも妹を優先してしまう兄の、世間や一般常識に照らし合わせての葛藤。そして、自分が妹に望んでいたことに気付いた時の慟哭。

悪く言えば退屈な内容ではあったのだが。同時にここまで真摯に「兄妹」というものを描いた作品を僕は知らない。この兄妹の残りの人生も見届けたいと思う。

あ、あとな。バカが全裸で~のカイショー出てたな。入間お得意のスターシステムっすな。入間の作品全部読んでる訳じゃないからほかは把握出来てないけど。多分カイショー以外にも他作品のキャラに触れてたと思う。

そうそう。おい入間。お前年々あとがき面倒になってないか? 特に今作のあとがき今迄で一番ひどいんじゃね? ちょっとはあとがき作家の葵せきなさんを見習えよ!


満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター