「なれる!SE(12) ― アーリー?リタイアメント―」、感想。

1巻→「なれる!SE  ―2週間でわかる?SE入門―」、感想。
2巻→「なれる!SE(2) ―基礎から学ぶ?運用構築―」、感想。
3巻→「なれる!SE(3) ―失敗しない?提案活動―」、感想。
4巻→「なれる!SE(4) ―誰でもできる?プロジェクト管理―」、感想。
5巻→「なれる!SE(5) ―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア―」、感想。
6巻→「なれる!SE(6) ―楽々実践?サイドビジネス―」、感想。
7巻→「なれる!SE(7) ―目からうろこの?客先常駐術―」、感想。
8巻→「なれる!SE(8) ―案件防衛?ハンドブック―」、感想。
9巻→「なれる!SE(9) ―ラクして儲かる?サービス開発―」、感想。
10巻→「なれる!SE(10) ―闘う?社員旅行―」、感想。
11巻→「なれる!SE(11) ―絶対?管理職宣言―」、感想。

71NpQxmLYoL.jpg


あらすじ
室見立華退職!? 風雲急を告げる、萌えるSE残酷物語、第12弾!

「ミカサ自動車のインターネットゲートウェイ構築が取れたぞ」
年度末の超繁忙期、社長が受注してきたのはなんと国内最大の自動車メーカー案件。
悲鳴をあげながら対応を開始する工兵だが、頼みの立華はなぜかうわの空……からの無断欠勤……からの退職話!?
どうやら隠された事情があるようで、工兵は立華の復活を目指して行動を開始する。
しかし一方、ミカサ案件も待ったなし。立華不在で苦境に立たされる。
はたしてミカサ案件の行方は? そして立華は本当に会社を辞めてしまうのか?


なれるシリーズ第一シーズンの終わりを告げる今巻。工兵くん社会人生活一年目と、室見さんに関するごたごたが〆られる巻になります。

今巻では今迄みたいに仕事上のトラブルでピンチになり、室見さんと工兵達が奮闘する……というプロットではなく。主に室見さんの過去に焦点を当て、室見さんを奪還するまでの話となります。

今巻で一番意表をつかれたところは、やっぱり室見さんが本当に年下だったってとこですかね。室見さんの出生も含めショッキングな話でしたが。この手のキャラって見た目ロリでも設定上は年上ってのが普通じゃないですか。まさか実際に18歳だったとはな……まぁ、10巻時点で未成年っぽいってのは言ってたけど。でもあれっすよね。18歳にしても見た目幼い方ですけどね。

やっぱ1シーズンの集大成ということで。今迄室見さんとやってきた仕事を回顧したり、室見さんとの一年がどれだけ濃いものだったかを認識したり……。欠けてわかる室見さんの重大さ。そこからの室見さんが戻ってこないなら起業してこっちで雇うと啖呵を切るシーン。まさかホントに起業する段取りまでつけるなんてね……。工兵くんの行動力すごすぎ。

このシーンのあと藤崎さんが「なんで僕も誘ってくれなかったの」って怒るシーンも好きです。妻子持ちなのに、会社を辞めてでも室見さんや工兵くんについていくっていい人すぎるでしょ。やっぱり藤崎さんにとっても室見さんは大切なメンバーなんっすね。福大さん、梢さん、工兵くん、藤崎さん。そして、室見さんの絆を感じる巻でした。

でも、決着自体は割りとあっさりしたもんなんですよね。今回の問題って室見さんの家庭内の問題というか。気持ちの問題なので。エンジニアとして工兵くん達と仕事していたい室見さんと。室見さんに普通の学生らしい生活をさせてあげたい陣兄。室見家の罪と責任による葛藤。それがこの物語の全てです。でも、室見さんの本心はずっとエンジニアとして生きていくことに定まっていたので。説得するまでもなかったんですよね。

さて、こうして激動の一年目を終えた工兵くん。工兵くんは相変わらずカモメさん一筋で、室見さんは掛け替えのない仕事仲間としてしか見てないようですが。室見さんの方は恋心を抱いてそうですね。もしも藤崎さんが独身だったら失恋した室見さんとくっつくエンドも見えるんですけどね(藤崎さん、室見さんが大好きだったお父さんに雰囲気似てそうだし)。色々と予想がつかない二年目。物語はどう転がっていくのか。そして、このシリーズ自体の終わりはどう着くのか。楽しみです。


満足度:★★★★☆


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター