「なれる!SE(10) ―闘う?社員旅行―」、感想。

1巻→「なれる!SE  ―2週間でわかる?SE入門―」、感想。
2巻→「なれる!SE(2) ―基礎から学ぶ?運用構築―」、感想。
3巻→「なれる!SE(3) ―失敗しない?提案活動―」、感想。
4巻→「なれる!SE(4) ― 誰でもできる?プロジェクト管理―」、感想。
5巻→「なれる!SE(5) ―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア―」、感想。
6巻→「なれる!SE(6) ―楽々実践?サイドビジネス―」、感想。
7巻→「なれる!SE(7) ―目からうろこの?客先常駐術―」、感想。
8巻→「なれる!SE(8) ―案件防衛?ハンドブック―」、感想。
9巻→「なれる!SE(9) ―ラクして儲かる?サービス開発―」、感想。

51kGpVc8TsL.jpg


あらすじ
福利厚生なんてものとは無縁に思われたスルガシステムでまさかの社員旅行!行き先は熱海。温泉、宴会など、楽しいイベントを夢想して勇み立つ工兵だったが、システム開発会社の社員旅行が平穏無事に終わるわけもなく!?そんな表題作のほか、悪魔の言葉“ASAP”に苦しめられる立華と工兵を描く「もう悩まない?システムサイジング」。さらに優秀すぎる一年目・次郎丸の日常を垣間見る「インタビュー?ウィズ・ニューリクルート」、工兵の妹で元気印の誉の活躍を描く「誉=コンティンジェンシー」を収録。萌えるSE残酷物語、短編集第2弾!

気付けばなれる!SEシリーズも10巻の大台です。ライトノベル10巻分ってそりゃあ短いシリーズなら軽く3週ぐらい終わってるレベルですよ。結構な人気シリーズといえます。とはいえ。この作品に限って言えば、10巻目にもかかわらず。あまり話が進んでる感じがしないというか、ほんとにこれ10巻もやったの? といった所感です。なんででしょうね。僕にとってこの作品。日常モノみたいなカテゴリーなんでしょうか……。

と、そんなことは置いといて。兎に角感想ですね。短編集二冊目となる今作。時系列はよく分からないんですが(ストーリーラインが曖昧+本編あんま季節感ないんで)。

一作目は温泉旅行話(時系列的にこれが一番最新っぽくね?)。二作目はいつものなれるSEの短編版。三作目は次郎丸さんに密着した情熱大陸? 的なドキュメント。四作目はいつ以来の登場かもう憶えていない、工兵くんの妹誉ちゃんメインの話、となっています。

どれも手堅くまとまった話なんですが。それ故に特に語ることがないんですよね~。

一作目の温泉回では室見さんはやっぱ未成年なのか? ってのを匂わせたりしましたが。それ以外に進展はないです。二作目は相変わらずな社長の無茶振りで始まり、そしてオチも社長の無茶振りで終わるという……まんま本編みたいな内容ですね。三作目は次郎丸さんの有能っぷりをまざまざと見せつけられるお話。一応立場的には工兵くんのライバルということですが。次郎丸さん有能すぎません? 意識高い系とかじゃなく意識高すぎますよ。ライバルとしては役不足な気もします。そしてラスト。誉ちゃんが工兵くんの仕事場に来る話。ここで明かされる新たな設定。妹ちゃんには失踪癖があるという。後々もこの設定使いそうですね(主に短編で)。妹ちゃんが将来的にSEになってスルガに入ったら笑う。


ってな感じで。短編らしくさっくり読める。いつもより内容が重くない(専門的じゃない)作品集でした。短編ではあまり専門的な話をしないってスタンスなのかな? というかSEの仕事の話もいつかはネタ切れになるんじゃないかと思ったり……。取り敢えず今巻の感想はこんなもんです。これから先。室見さんの謎にいつ踏み込んでいくのか。そこが気になるところですね。


満足度:★★★☆☆


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター