「ちょっと今から仕事やめてくる」、感想。

61YGcJWZEOL.jpg


あらすじ
この優しい物語をすべての働く人たちに

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。
同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。
なぜ赤の他人をここまで気にかけてくれるのか? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった――
働く人ならみんな共感! スカっとできて最後は泣ける"すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー"



出版不況の昨今。ラノベで新人が全然売れないと言われてる中。今作は珍しくヒットしている方だと言われたので。勉強にと読ませて頂きました。

文章自体は平易で、特に魅力的な文章を書く人だなとは思わなかったんですが。過不足なく状況や心情が伝わってきて読みやすかったですね。ラノベの文章としては寧ろお手本的文章だったと思います。

内容に触れますと、新人さんにしてかなり小説というものについてのメソッドを勉強してきているなと思いました。最初に主人公の過酷な状況を記して読者に主人公がどういう人間かを分からせ、物語にシンクロさせやすくし。それによって起こる事態をヤマモトという不可思議な人物の登場により魅せる。それから「ヤマモト」という人物は何なのか?という疑問をもたせ、読者を牽引し。主人公の状況を浮き沈み繰り返させて読者に強く感情移入を齎す。そして転の部分でスカッとキメて気分がいいままエピローグまでもっていく。その手法はかなり熟れてるように思えました。

作者さんは自分が伝えたい「テーマ」っていうのをよく表現出来てたと思います。特に「俺の人生はなぁ、俺と、俺の周りの大切な人の為にあるんだよ!」という科白にはジーンと来ました。自分の人生は会社に捧げる為のものじゃない。自分の命も幸せも、他人に決められるものじゃない。そんな想いが伝わってくる作品でした。

いやぁ~、就活を間近に控え。周りと比べ自分が一歩も前進出来ていないからか。身につまされる内容でした。まさかこういう話で泣きそうになる時が来るとはね……。

ただ一つ。気になったとこを挙げるとすれば。五十嵐先輩にもガツンと何か言って欲しかったかなぁってところですかね。あの人普通にクズでしょ。皆の前で不正暴露しちまっても良かったのよ?

最後に。ライトノベルというジャンルから。剣と魔法が出てくるファンタジーでもなく。俺TUEEEEな転生モノやMMOモノでもなく。美少女だらけのハーレムでも、学園ラブコメでもなくて。こういった作品がちゃんとヒット出来ているという事実に少しだけ救われました。

ま、年齢層が幾らか高めに設定されたMW文庫からですけどね!


満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター