スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蹴りたい背中」、感想。

41ZPW07B7YL.jpg


あらすじ
高校に入ったばかりの「にな川」と「ハツ」はクラスの余り者同士。やがてハツはあるアイドルに夢中のにな川の存在が気になってゆく。いびつな友情? 臆病な恋? 不器用さゆえに孤独な二人の関係を描く文芸賞受賞第一作。

確か僕が中学生ぐらいの時にテレビで紹介されてて。その時からなんとなく気になっていた作品をやっとのこと読了。知ったのは十二年前なのに読むまでに随分時間が空いてしまった。今更読もうとなったきっかけとしては。やはり「火花」の芥川賞受賞が話題になったからですかね。それで僕が読もうと思っていたこの本も芥川賞受賞作品だったなぁと思い出したわけです。

で、本編の感想。今作はなんというか、女子高生のありふれた人間関係と歪んだ感情の話だと思う。作者が当時十代だったこともあってか。高校生だった頃の空気とか雰囲気を鮮明に思い出させる程に描写がリアルだった。僕がどちらかといえばハツ側の人間だったから心情移入出来る部分も多かったと思う。自分とその周りの人間を客観的に、どこか冷めた目線で観て。自分だけは特別な存在になったような気がしていて。でも実際そんなことはなくて。本当は自分が誰よりも幼くて、弾かれた存在だってことを知ってるのに。それを認めたくない。それがハツのスタンスなんじゃないかなぁと。そしてそれをにな川に見透かされて、気を使われたりして。自分の同類だと思っていたにな川が、自分よりも格上に視えたりして。それが悔しくて、でもやっぱりそれを認められなくて。それが暴力的な感情に繋がってるんじゃないかなぁと。恋ではなく、友情でもなく。嗜虐を含む歪んだ感情。好きでも嫌いでもないのに妙に気になってしまう……そんな感じかな。

全体通して見ると、特に盛り上がりのある話でもなく。どこにでもいる普通の女子高生の日常……というか人間関係を描いただけなんですけど。さっぱりと読めて悪くないかなと。意外と退屈しなかったし。

あとはまぁ、僕が百合ストだからなのか。ハツのにな川に対する感情は清廉なモノでも正当なモノでもない。ホントに曖昧で白黒つかないままに消えてしまう感情に思えるんですが。ハツの絹代に対しての感情の方はどちらかというと恋愛感情に近いんじゃないかな、と。勿論、近いというだけで断定はしません。分類的に友情ですから。ただ、百合的に美味しくいただけてしまうというわけです。友情百合……いいですよね。大好きですよ、僕は。ハツと絹代の話もこの物語を構成する大事な骨子だと思うんです。そこだけ取り出して読んでも充分面白い。中学時代の友人が新しいグループ作って離れていくのって寂しいですよね……。自分も新しい人間関係を構築しなきゃいけないのかなとか思ったりして。


満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。