「犬の心臓」、感想。

41yDsSKGzbL.jpg


あらすじ
吹雪の夜、病院の匂いを身にまとった優雅な紳士と出くわした野良犬は、満ち足りた生活を送ることになるが…。奇怪な想像力が炸裂するアンチユートピア小説、復刊。

僕個人としてはロシア文学はどちらかというと苦手なのだけど。SF小説自体は割りと好きだし、犬の心臓も有名な作品の一つだと考えているので読まない訳にもいかないよなぁということで読ませて頂きました。

人の脳下垂体を犬に移植するとかいうおもっきしグロテスクなあらすじに惹かれて……というのもアレですが。兎に角キャッチーなあらすじであることには変わりないです。その犬がその後どうなるのかなーと思いつつ読み始めた訳です。

で、前半はニヒルだけどどっか憎めないシャリクの視点で物語が進んでいきます。人間以外を視点に据えた物語というのは、日本でも昔からありましたね(宮沢賢治とか夏目漱石とか)。普通なら犬がこんなにまともな思考が出来るのか?という固定概念を抱きますが。読み進めていけばそんなもの直ぐに氷解していきます。物語は面白ければ良いわけですから。

シャリクの視点で進められる前半部分は素直に面白いですね。シャリクのキャラがいいというか、親しみ易くて癖になります。しかし後半になると雰囲気は一変します。和やかだった空気が一気にオドロオドロしいモノになります。

脳下垂体と睾丸を移植する手術の描写自体グロテスクなんですけど、その後のシャリクが人間に近付いていくところも不気味です。若返りの為の実験で、犬を人間にしてしまう。後半のシャリクがシャリコフになり、人権を主張し教授に反抗するようになっていく所は革命の暗喩なのかなと思ったり。僕としては食わせて貰ってるんだから大人しく言うこと聞いておけよと思ったり。素直で可愛げがあった分シャリクの方がいいですね。後半は正直陰鬱としていて苦手です。こっちがメインの筈なんですけどね。シャリコフの性格が気に入らないせいかあまり楽しめなかったのかな、と。

にしてもシャリコフという人物にどの程度シャリクの部分が残ってるんでしょうね。人格的には脳下垂体の主がメインだとは思うんですけど。途中までは確かにシャリクの部分が強かった気がするので。いつの間にかシャリクの部分が塗りつぶされてしまったんでしょうか。

最後の方はシャリコフからシャリクへと推移していってますが、あれはシャリクの脳下垂体を移植しなおしたってことでいいんですかね。僕はそういう認識で居るんですけど。

最後に二つ程。個人的に気になったことなんですが。「セヴィリアからグラナダへ」っていうのがよく分からないんですよね。調べても何のことか出てこないし。あと、人物の名称が所々変わるので混乱しちゃいますね。ロシア人の名前は唯でさえ馴染みがないんですから。


満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター