「佐藤さん」、感想。

51egIqCgQRL.jpg


あらすじ
除霊から始まった――「僕」と「彼女」の奇妙な関係

僕は、「佐藤さん」が怖い。ナイフを持っているわけではないし、不良でもない。ごく普通のクラスメイトの女の子を僕が怖がる理由は、彼女に憑いているアレのせい――。気弱な高校生の僕と、佐藤さんの不思議な関係は幽霊から始まった。青春時代のみずみずしさがあふれる第44回講談社児童文学新人賞入選作。


作家の知り合いからオススメされて読んだ今作。ストーリーラインや文体的に一見ライトノベルっぽいですが、全然別物ですね。昔のライトノベルならこういうのもありそうだなーと少しは思うけれどやっぱ違うんです。今のライトノベルと全然違うのは言うまでもなく。ライトノベルの歴史全体としてみてもこの作品はやっぱライトノベルというものではないのでしょう__。

とまぁ当然のことをいきなり語った訳ですが。区別的に児童文学なのですから論ずるまでもないわけですはい。いやー、しかしこれが児童文学とライトノベルの違いだよなーと。児童文学の方がよっぽ大人な感じがするよ。瑞々しい感性と確立した芯があるね。もしラノベ作家に同じストーリーラインで書かせても何一つとして心に残るものがない、陳腐で無為なものが出来上がるだろう。

これは幽霊というフックによって描かれるリアルな少年少女達の戦いの物語だ。高校生たちが戦う舞台は異世界なんてものじゃないし、モンスターでも異能力者でもない。ただそこにある現実こそが身に迫る問題なんだ。それぞれが抱えた心の傷に向かい合って、それを克服していく。この物語には作者が描きたいと思ったテーマが“作品”という形でちゃんと表せている。しかもこの作品が書かれたのは作者が中学三年生の頃だったというから驚きだ。

僕が中学3年生の頃なんて、まともな小説一本だって書けやしなかった。文章面でも、テーマでも、構成でもストーリーでも。兎に角。何一つとして僕は当時の彼女に勝てる部分はなかっただろう。というより、比べるのも烏滸がましいレベルだろう。長編一作どころか短編一作すら書き上げることが出来ていなかったのだから。今はどうかと言われると……どうなんだろう。僕自身は彼女より面白く質の高い小説を書けてる自信がある。全てに於いて勝てる自信はある。でもそれは、僕の自己評価によるものでしかないし、客観的に観ればやはり同じ土俵にもまだ立てていないのだろう。でもいつかは立ってみたいと思う。僕は彼女に勝ちたいんだ。自分の小説を使って。それがいつになるかはわからないけど。僕自身はもうとっくにプロとしてやっていける自信がある。だって、自分一人くらい自分を信じてやれなきゃ。そもそも小説を書くこと自体無意味じゃないか。


満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター