「おともだちロボ チョコ」、感想。

おともだちロボ チョコ (電撃文庫)おともだちロボ チョコ (電撃文庫)
(2015/04/10)
入間人間

商品詳細を見る



あらすじ
「ナガモリトモカ、あなたはチョコの『おともだち』に選ばれました。よろしく、ね?」

人型兵器で巨大生物から地球を守る。
そんな日々の中で、私、永森友香は一人の『少女』と出会った。
ロボット。少女は自身をそう自己紹介した。傍にいる、うさんくさい博士風の男によると、彼女は『チョコ』という名前らしい。
チョコは、私を『おともだち』に選んだという。
「トモカ、一つ尋ねます。友達とはなんですか?」
知らないのかよ。
……いや、待て。じゃあ私はその意味を知ってるのか?
ある意味、巨大ロボットよりも非現実的な存在で。人類の誰よりも綺麗な目をした機械。
これが私と、チョコの出会いだった。


最近の入間は割りと好きだよ。

ということで買わせて頂きましたおともだちロボ。勿論百合的な部分も期待して買った訳ですが。僕的に、百合作品として見てどうなのかと問われると……。うーん、まぁギリギリ百合かなぁ?と反応に困る感じ。広義の意味では百合に入るとは思うけど、狭義的には入らないかもな、と。でも入間はラブコメって言ってるんだよな。ラブコメでセカイ系ガール・ミーツ・ガールなロボものなんだよな。つまり意図的には間違いなく百合。そこには愛がある。

とまぁ表面的なことばかりで内容に触れないのもアレなので。全体の内容に触れた感想を書こうと思います。先ず良かった点。宇宙怪獣が侵攻してきて人類が追い詰められてロボットで対抗しながらじりじり時間稼いで~火星に脱出してぇ~残された人類は宇宙怪獣と戦うよ~とまぁ物語の導入というか主観を一切排した梗概はこんなもんです。割りとよくある感じというか王道ですね。なのでそこに関して特に褒める部分もないんですが。ただ敵の弱点が海水で、ロボの動力や兵器が海水によって動いてるって設定は当たり前すぎなくていいですね。ロボの名称が「カタツムリ」だったり「ナメクジ」だったりするのもなんか好き。ロボが人型である理由もちゃんと着けてくれたのは好印象。あとはまぁ、入間が意外と固めの文章書けて、ロボものも書けるっていうのが分かったのは収穫かな。

そして悪い点。正直この作品は良い点よりも悪い点に目がいってしまう。
一つ目。ロボ少女であるチョコと主人公との交流が浅く、ラストにそこまで感情移入出来ない。
二つ目。初っ端からCOSで主人公の僚機をほぼ全滅させたチョコを読者がどれくらい受け入れられるのか。
三つ目。色々と設定も投げっぱなしだし一巻で締めるような内容じゃない。仮に二巻があったとしてもあのラストから話がつながるとは考えにくい。
四つ目。入間の文章で大分誤魔化されているけど内容がとっ散らかりすぎている。何をしたかったんだ入間。
五つ目。やっぱり最後の展開は急すぎる。カァールディスで一挙殲滅作戦が開始されるってとこから一気に畳みにきたけど畳みきれてない。この間にあと2,3巻は入れるべき。

まとめ。入間としてはハズレかなぁという気がする。思えばラノベ三大地雷の「ロボ」、「女主人公」、「百合」という3つ全てを満たしており。入間じゃなければそもそも出すことも叶わなかったんじゃないかという話である。でもこの3つが全て入ってる=駄作になるとは僕は考えたくない。僕は全部好きだしそれを組み合わせて相性が悪いとも思えない。この作品だって、色々残念な感じになってはいるが。光る部分はあるし可能性を感じる作品だ。一言で言えば「惜しい」。


満足度:★★★☆☆
若干★2寄りの★3。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター