「B.A.D.チョコレートデイズ(4)」、感想。

B.A.D. チョコレートデイズ(4)B.A.D. チョコレートデイズ(4)
(2015/01/25)
綾里 けいし

商品詳細を見る



あらすじ
本編のその後も収録した『B.A.D.』シリーズ最後の短編集!

「人間は、さ。わけわかんねぇ方向から、なんでっていうことで、
無理やり救われちまうことがある」蟲の怪異に怯える私に名も知らぬ金髪の人はそう言った。
そして古書店で働く霊能探偵を紹介してくれたのだが――
『B.A.D. AFTER STORY』。狐との決戦後、白雪は未だ小田桐と再会できずにいた。
一族の掟と自らの恋心に悩む彼女の前に婚約者を名乗る男が現れ……
『恋しき人を思うということ』他3編を収録したチョコレートデイズ・セレクション第4弾!


B.A.D.シリーズ最後の短篇集。アフターストーリー目当てに購入させていただきました。ラノベでは貴重な伝奇モノとして、中々に長く続いた人気シリーズもついにホントのホントに終わりですね。寂しいですが最後までこの作品を好きでいられてよかったです。短編は一巻以前の話が三本、五巻辺りの話が一本、そしてその後の話が一本となっております。

一巻以前の話だと七海さんが予想以上に計算高く狡猾な幼女なんだなとか、B.A.D.らしく微妙に後味の悪さが残る話を読めてよかったかなってとこと。五巻辺りの話は正直五巻自体の内容を忘れ気味なんでアレなんですけど。小田桐くんの白雪さんとの結婚への障害は、予想以上に険しいんだなってことを知れて面白かった(?)です。

で、本命のアフターストーリー。小田桐君が異界から戻ってきて、周りで五年の時が過ぎ。繭さんとも別れて新しい生活を営み始めた小田桐くんと、その周りの人々を無関係な人間から観たお話。なんかもう、後日談ってこういうのでいいんだよなって頷いちゃうような話でした。その後のキャラたちがどうしてるのか。それさえ知れれば読者としては満足なんです。雨香を異界まで取り戻しに行く話でもやるのかな?と思ったけど、彼女が幸せに生きているならば。場所は問わないということでしょう。

ということで。綾里さん五年間お疲れ様でした!

最近また少しずつラノベ消化するモチベが出てきたんでこの調子で読んでいきたいですね。現行追いかけてるシリーズ24シリーズありますし、読みたいラノベ200冊以上ありますから……(でも気になる新作があったら買う)


満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター