「ひとつ海のパラスアテナ」、感想。

index.jpg



あらすじ
それは、いつ終わるとも分からない。ボクの、『生きるための戦い』――。

すべての『陸』は、水底(みなぞこ)に沈んだ。透き通る蒼い海と、紺碧の空。世界の全てを二つの青が覆う時代、『アフター』。
セイラー服を着て『海の男』として生きるボクは、両親の形見・愛船パラス号で大海を渡り荷物を届ける『メッセンジャー』として暮らしていた。そんなボクに、この大海原は気兼ねなくとびきりの『不運』を与えてくる。
――『白い嵐』。
無情にも襲いかかる自然の猛威。それは、海に浮かぶ全てを破壊した。
愛船パラス号を失い、ボクが流れ着いたのは孤立無援の浮島。食糧も、水も、衣服も、何も無い。あるのは、ただただ広がる『青』。ここに、助けは来るのか、それとも――
それは、いつ終わるとも分からない。ボクの『生きるための戦い』。


なぜかAmazonの紹介ページが使えなくなってたので今回は普通に画像貼りました。んでもって久しぶりの更新。

いやね、ここ最近小説に対する興味自体が失せていたというか。なんだか億劫になってて読んでなかったんだけどね。百合スメルを感じては読まずにはいられないよね。海洋ロマンっていうのにも興味あるし。

まぁ、率直に感想を言わせてもらうとね……100点。100点だよこれ。

電撃終わってなかった……これを大賞にもってきた電撃を観直したね。あぁ、まだラノベでも僕が読むべき作品があるんだな、って少し絶望の淵から立ち直れた気がするよ。百合的に美味しいのは勿論のこと。世界観もよく作られてるしサバイバル知識や操船についての知識も凄いわ。作者がよく調べて書いたんだなってことが伺える。話の作りも王道だしね。無力ながらも好きな人のために少年少女ががんばるって話僕大好きだからね。僕的にこういうのが一番ラノベっぽい。例え百合じゃなかったとしても評価してたと思う。

そしてサブキャラの魅力も半端ないっすわ。キーちゃんと過ごした序盤のサバイバル生活とその顛末が一番泣ける。キーちゃんっていうワードが出てくるだけで泣ける。ドリル男も良いキャラしてたなぁ。やっぱドリルはロマンだよな。

あと個人的にだけどね。色々思い悩んで立ち止まってる人にこそこの作品は読んで欲しい。この作品を読めばうじうじ悩んでてもしょうがないって思えるし、自分自身が前進出来るような気になるよ。僕もこの小説読んでさ。僕もまた小説を書いてもいいのかなって少しだけ思ったんだ。色々と将来のこと。自分に残された時間が少ないこと。小説家という職業の実情や現実性の低さとかさ。色んなことを目のあたりにしてさ。小説なんて書いていても無駄じゃないか。もっと他にやるべきことがあるだろって。また昔みたいに諦めてたけどね。それでも僕は小説を書くことにおいての楽しい部分も知ってるんだ。もう気楽に小説は書けなくなってしまったけど、それでも誰かに書いてもいいんだよと言って欲しかったのかもしれない。小説が書けなくなって、それならそれで他の趣味として楽しめる創作趣味をしようと絵も描き始めてみたけどさ。やっぱりそれも小説を書くことの代替でしかないし、逃げ道でしかないんだ。本当に好きで描いているとはいえないんだ。絵を描くことにすら責任感と焦燥感を背負ってしまう。それでは小説を書いてる時と同じだ……。結局僕は何をやりたかったのかも分からなくなってしまったんだ……。

本当に小説家になれる人間の才能っていうのは、そういう不安と向き合った上でも小説を“楽しく”書き続けられることなのかもしれない。そういう意味では僕には小説家としての才能は0だ。才能なんてものは当たってみないと分からないものなのに0だと断定している時点で才能がないことの証左ともいえる。

だからもしも僕がまた小説というものと真摯に向き合えることがあったとしたら。それはきっと自分の進路が確定したあとなのかなって。つまりは僕みたいな人間は就職した後でないと気持よく執筆も出来ないんじゃないかと思う。まぁ、就職しても依然謎の焦燥感や義務感に駆られてるかもしれないけどね……。

と無駄に自分語りが長くなってしまったけど取り敢えず良い小説だよ。皆買おう!


満足度:★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター