「紅 ~歪空の姫~」、感想。

紅 ~歪空の姫~ (ダッシュエックス文庫)紅 ~歪空の姫~ (ダッシュエックス文庫)
(2014/12/19)
片山 憲太郎

商品詳細を見る





あらすじ
大晦日を乗り越え、新たな年を迎えた揉め事処理屋の紅真九郎。崩月家で夕乃たちと穏やかな正月を過ごしていたが、
そこで、冥理からお見合いの話を持ちかけられる。しかも、相手の少女は裏十三家の筆頭《歪空》の一人娘で…! ?


六年ぶりとなる紅の新巻。正直、初めて紅の新巻が出るという話を聞いた時は絶対に嘘だと思った。どうせ出ないだろうと思っていた。本屋で最後の一冊を手にし、実物を自分の目の前に置いて初めて「マジじゃねぇか!!」と実感した程だ。

六年ってそりゃもう長すぎてな……紅は六年前の僕に多大な影響を与えてくれた作品だし、やっぱり今読んでも面白いんですよ。紅の世界観も設定も大好きですし、文章も、キャラクターもとにかく全部好き。だからダッシュエックス文庫さんは紅の新巻を出してくれたというだけで充分な功績であると思います。

さて、レーベルも一新し(といっても同系列ですが)やっと出た今巻ですが。先ずね、見開きカラーページからやられたよね。ポニテ紫ちゃん可愛すぎじゃないですか?漫画版の最終巻も結構前だったので。山本さんの紫は久々に見たのですが……めっちゃかわええやないかい!

やっぱり山本さんの絵は最高ですよ……最高。控えめに言って“最高”。

さすがは三大ロリコンラノベ。伊達じゃない。ヒロインが七歳ってよくよく考えると相当“アウト”ですよ。

で、文章ね。久々に片山さんの文章読んだけどやっぱ読みやすい。変な癖や過大装飾がされておらず、分かりやすくハッキリとして読みやすいんですよ。基本平易だけど描写不足になることもない。お手本のようでまさに文章力のある文章って感じ。最近のラノベ文章はどうもしっくりこないのが多いですからね。読んだ時思わず「そうそうこれだよこれ!」って言っちゃいました。

真九郎くんもね、相変わらずかっこよくて安心したよ。いつの間にか真九郎くんの年追い越しちゃったけど、今でも真九郎くんは僕の中のヒーローだよ。真九郎くんの割り切った性格も、それなのに感情論で物事を優先するところとか好きなんだよなぁ。善良な人間ではあるけど、正義の味方って言えるほど完璧な存在じゃない。そこがいい。紫が絡むと妙に強くなる(覚醒する)ところも相変わらず。

「崩月流甲一種第二級戦鬼、紅真九郎」の名乗りも聞けて僕満足。

内容も今の季節にバッチリ合わせてきてくれた感じだね。伏線の張り方も読んでて安心感あるわ。ただ、今回の敵は今までと比べると魅力値低めかな。歪空ちゃんの思想は確かに歪んでるけど。作中でも触れられてる通り空虚なんだよね。理由が結構どうでもいいというか……まぁ、そのどうでもいい理由で簡単に人を殺められるから恐ろしくもあるんだけど。

何はともあれ。僕がこの作品に今後期待することは、続巻が一年以内で出てくれることですかね。




満足度:★★★★☆
久々の新巻だからといって甘い評価を下す気はない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター