「虐殺器官」、感想。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る





あらすじ
9・11以降の、“テロとの戦い"は転機を迎えていた。
先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。
米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう……
彼の目的とはいったいなにか? 大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官"とは?
ゼロ年代最高のフィクション、ついに文庫化。


伊藤計劃氏の一作目。僕にとっては二冊目である。「ハーモニー」、「虐殺器官」と読むと。僕は氏の作品を二作しか読んでないが、それでも視えてくるものがある。氏が何を書きたいのか、何をテーマにしているか。作品にどんな傾向があるかとか。伊藤さんはテクノロジーの果てに終末に向かう世界を描くのが好きなのかな、なんて。でもそこには悲壮さとかはなくて。あくまでそこにある問題は個人とその延長線上のものでしかないんですよ。

あと、付録の対談でも語ってましたが。氏の物語の作り方は兎に角ディティールにこだわるんですよね。ゴチャゴチャとでっち上げた要素や用語を出しまくって、仮想の世界を構築していく。SFらしいやり方であり、徹底した装飾主義者です。

余談ですが、僕の作品の作り方は円城さんタイプですね。プロットとかアバウトにしか作らなくて、あまり装飾とか細部を細かく描写するというよりも。どんどん新しい構築を付け足していっちゃうタイプ。ま、どうでもいいことですが。

閑話休題。本編の感想。
僕はこの本を読む前、「虐殺器官」というタイトルを見て。人々を「虐殺」へと駆り立てる器官とは何なのか?とそこに興味を持ちました。氏の二作目「ハーモニー」の感想では「人を人たらしめる器官とは何なのか?」という疑問を抱きましたが。今回はそれにちょっとだけ近くて遠いものです。

人を虐殺へと駆り立てる器官。それは肝臓や腎臓や脳や肺と同じ、“言語”という器官。言語も人間に備わる器官の一つとして捉えるっていうのは中々面白い考え方でしたね。言語は人間が進化の流れにより獲得した器官。他の生物にはない器官であり、それ故に人に備わる「残虐性」を引き出すことも容易であると。

この作品で目を引くのは、やはりなんといっても各所に散りばめられた氏なりのSFガジェットでしょう。人工肉のインストールポッドやらナノレイヤーやら。独特の味がありますね。

そして、虐殺を引き起こす器官。虐殺の文法によりジョン・ポールが後進国に内乱をもたらす理由。母親の死についての選択。一人の女性を好きになること。それらの末。主人公が向き合うことになる、罪と罰。

自らが犯した罪に罰を与えられるのは、自分自身のみなのかもしれない。




満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター