「天槍の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下)」、感想。

天槍の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下) (電撃文庫)天槍の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下) (電撃文庫)
(2004/11)
伊都 工平

商品詳細を見る





あらすじ
巨大生物群『剛粧』と戦う敦樹の前に、謎の敵『幽霊剛粧=ファンタズマ』が現れた。他の『剛粧』たちを自在に操るその能力は、かつての仇敵の姿を敦樹に思い出させる。そして突然の襲撃―。予想以上の『幽霊剛粧』の能力に敦樹は苦戦を強いられ、共に戦う仲間は重傷を負った。だが同時に敵の驚くべき正体もまた、明らかとなる。敦樹は『幽霊剛粧』を秘密裏に葬り去るべく、最後の対決を挑むが…。

退廃世界で描かれるSF戦記第二巻。今巻ではファンタズマ撃破に重点を置いた巻となっております。
一巻であまり好きではないといった文章(文体)も、なれると結構良い感じに思えますね。普通に読みやすかったです。それに、著者の筆力が高いのは確かですし。

今巻では一巻以上に戦闘がメインなこともあり、日常パートはあまり多くないです。しかし、一巻では日常パートの方が面白いというか。唯一の救いのような扱いでしたが。今巻では戦闘パートが圧倒的に面白いです。魅せ方がうまくなった、というよりも僕自身がこの世界での戦闘というものに慣れたからなのでしょう。

後半では敦樹が過去と決別するため、一気に対ファンタズマ戦が展開されていきます。ファンタズマの正体についての説明で、いきなりアイテイオンなんてものが出てきたのには唐突感を諫めませんでしたが。それを除けばかなり綺麗に纏っていたんじゃないかなと思います。パージしたパリカリアも改造して七号まで使えるようになった連装刀もカッコ良かったですし。対ファンタズマ戦は今迄の剛粧戦と違い白熱してましたね。やっぱ機械対機械は熱い。

そして最後に。僕はこの作品を百合を期待して読み始めた訳ですが。それは結果として空振りに終わりました。それでも充分に面白い作品だったことには変わりないんですが。ただ、一言言わせてもらえるならば。確かにこの作品には僕の求める百合はありませんでした。でも敦樹ちゃんと佐里ちゃんの間にある雰囲気は間違いなく夫婦のそれであり。そういう安心感は萌えの感情とは違いますが。百合として享受することも可能なのではと思います。以上、レビューでした。




満足度:★★★★☆
作者はまだまだ続き出す気満々っぽかったのに出ない……打ち切りか。無念なり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター