スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・メビウス-2 微笑むキミに会いたい」、感想。

1巻→「ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・メビウス-1 キミだけが望むすべてだから」、感想。

ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・メビウス-2    微笑むキミに会いたい (富士見ドラゴンブック)ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・メビウス-2 微笑むキミに会いたい (富士見ドラゴンブック)
(2013/08/20)
中村 やにお、F.E.A.R. 他

商品詳細を見る





あらすじ
UGN刻ヶ峰支部支部長、尾噛筐一郎の仕組んだループは終わり、刻ヶ峰学園に平穏が戻った…かに見えた。しかし再び世界は繰り返す。以前とは違う、また新たなループが、緋蜂紅達を巻き込んでいく。ループを引き起こす元凶、“林檎”の今回の持ち主は紅達のクラスメイトである伊武麻衣子。紅達は彼女から話を聞き、ループを止めようと奔走するのだが―GM中村やにおが送る、新感覚ダブルクロス・リプレイ第二巻。秘密の底にある真実に、キミは気付くか。

前回の更新からちょっと間が空いてしまいましたね。まぁ旅行行ったりフルブしたりで忙しかったんで……ってやばいな。結局新作の原稿全然出来上がってねぇや。もう秋だっていうのによぉ。時期的に夏の話だからせめて8月中にと思ったんだけど……秋か……。秋になった途端秋を舞台にした話を書きたくなってきたぞ(笑)。あ、そうそう。関係ないけど単位はちゃんと取れてました。留年とかそういう問題はないですね。今度は就活をどうするかってとこですけど。

ま、どうでもいい話はこれくらいにして感想に入りましょう。
今巻では前回同様“秘密”というものがキーになってきます。前巻ではセッションの始めに秘密が配られるって感じでしたが……今巻ではセッションの途中に配られる形式となっています。さらにさらに。今巻の注目ポイントはそこだけでじゃありません。なんと、プレイヤーの中に一人裏切り者がいるというのです(ここでこの本のタイトルを見てみましょう。はい、ダブルクロス(裏切り)です)。

この裏切り者。一人を除いて全員にそういう要素があったんですが。終盤になりその裏切り者の正体と意味が分かり、やっと解決したかと思わせて……ここで真の裏切り者が出てきます。いや、確かに怪しいキャラではありましたが怪しすぎて逆にないだろうと思っていたらまさかですよ。サブタイの「微笑むキミに会いたい」ってそういうことか!って気付かされます。いや~うまいことタイトル考えましたね。「微笑むキミ」って誰だろうと思いながら読んでましたが……まさかあの人だとは……。

ってな感じで予想外の方向に進んでいるダブルクロスメビウス。ループの終着点は、どこに到るのやら。




満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。