スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界の終わり、素晴らしき日々より」、感想。

世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る





あらすじ
敵対する近隣国『高国』との開戦直後、突如として人類のほとんどが消えた“終わってしまった世界”。その片隅で出会ったチィとコウ。2人の少女は古いトラックに乗って旅に出た。スケッチブックを手放さない人見知りのチィと、いつもポケットに拳銃を突っ込んでいる皮肉屋のコウ。2人がある日たどり着いた街、そこには、戦争と消失の混乱で散り散りになった『高国』の軍人が潜んでいた―。「あんたが生きた世界は素晴らしかった?」シンと静まり返った世界。希望と絶望をボロボロのピックアップトラックに載っけて進む少女たちの旅物語。チィとコウが行き着く先、それは―。

この本との出会いはある日僕が積み本もなくなりたまには新巻を買うか、と思い書店のラノベコーナーを適当に眺めている時だった。通りかかった電撃文庫の棚でこのタイトルを見かけた瞬間僕は運命を感じた。

「世界の終わり、素晴らしき日々より」

このタイトルを見た時僕の頭には「旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。」が浮かんだ。続編かな?とも思った。何はともあれ自分の好きな本の新シリーズかもしれないとなれば手にとるしかあるまい。そこで手に取り表紙を見てみると…。なんとイラストがなばなさん!?なばなさん!なばなさんじゃないか!僕が大好きな「くあっどぴゅあ」のなばなさんじゃないか!

これはもう…これはもう…購 入 確 定 

まぁ結果として続編でもなんでもなく作者も違かったんですがね。それでも十分に楽しめました。

こういうお話はセカイ系、終末系、なんて言ったりするのでしょうか。そういったお話の中でも雰囲気的には「旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。」に似てる感じはしますね。勿論細部は違いますが結果的に「どうしようもなくなったセカイでも生きていく」というテーマは変わらないと思います。

それを踏まえた上でこの作品の魅力を語っていきますと。まずこの方の詩的で洒落た表現の文章は中々に僕の好みでした。「いいな」と思う表現が多く自分自身も使ってみたい、参考にしたいと思うのも沢山ありました。

それにコウやチィ、片耳に穴が空いた男の葛藤などの心理的な部分での動きに夢中になって読んでしまいました。

なぜ急に人は消えてしまったのかについて細かい理由や説明はなく謎のままですがそれもまたいいのではないかと思います。そういう事を考えなくてもいい、そんな話だと思います。

荒廃した世界で描かれる女の子同士の友情。素朴な肌と肌の触れ合い。嫉妬。終末感漂う世界でただ一緒にいたいという純粋さ。終わってしまった世界だからこその非生産的恋愛。個人的には百合ラノベにカテゴライズしたいです。


広い世界の小さなお話。どんな世界でも、幸せを見つけられれば、人々は生きていく事ができる



満足度:★★★★★

2巻→「世界の終わり、素晴らしき日々より 2」、感想。
3巻→「世界の終わり、素晴らしき日々より 3」、感想。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。