「みすてぃっく・あい」、感想。

みすてぃっく・あい(ガガガ文庫 い 3-1)みすてぃっく・あい(ガガガ文庫 い 3-1)
(2007/09/19)
一柳 凪

商品詳細を見る




あらすじ
冬休みの女子寮には、4人の美術部員しかいなかった。ぼけぼけおっとりの沖本部長に読書魔の天才・三輪先輩、あっぱらぱーの門倉せりか、そして優柔不断な私・久我崎蝶子。私たちはひたすらに戯れる――ピクニックをしたり、チェスをしたり、いっしょにお風呂に入ったり。けれど、蛇行をつづける他愛のないおしゃべりも、ぼんやりとした空想に耽る時間も終わるだろう。なぜなら私は迫られてしまったから――せりかと先輩に。三角関係。私は選ばなければいけない――愛の行方を。
第1回小学館ライトノベル大賞・期待賞受賞作。


百合とあっては手を出さずにはいられない。どうも、キョウトです。という訳で今回は(今回も?)時代遅れというかなんというか……結構古めな作品に手を出させていただきました。セカイ系ガールミールガールです。僕が書いてる作品と同じジャンルですね。でもってこの作品に出てきているものもエヴェレットの多世界解釈。若干被る部分はありますかね。まぁ、パクリだのなんだのと言われる程似たような話にはなってませんし、僕の作品読んでこの作品を想起される方はほぼいないだろうってくらい雰囲気は違いますけど。

っていうか僕が書いた奴の方が圧倒的に面白いですね

なんというか……この作品色々と惜しい。序盤から中盤にかけての何か匂わせるようなミステリアスな雰囲気の日常部分とか、先輩の魔術の講釈とかは読んでいて好ましかったんですが(最近魔術について勉強してるし)。終盤の、12月29日。せりかを迎えにいったところから色々とおかしくなってきましたね。そのシーンまでは面白かったというか、そこがピークな訳ですけど。その後に展開される理論がどうも滅茶苦茶で腑に落ちないんですよね。全体的に霧がかかったような雰囲気の話が、最後まで霧が晴れぬままモヤモヤとしたまま終わってしまう。これはいけない。

無理矢理難しい言葉を並べ立てて他世界への移転とかをこじつけられても納得出来ません。例えその部分を看過したとしても、ラストの締めが最悪です。結局主人公がどうなったのかも分からないし。ハッピーエンドかバッドエンドなのかすら分かりません。物語の締めとしては綺麗じゃないんですよね。作者が態とそういう風に、無限に続く文字列のように話を構成したのだとしても。読み手としては楽しくもなんともないです。

途中まで良かっただけに終盤からラストにかけての部分は狐につままれたような気分になってホントに残念だ。




満足度:★★☆☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター