FC2ブログ

「やがて君になる 佐伯沙弥香について」、感想。

71vwlqJoURL.jpg


あらすじ
理解でもなく、諦めでもなく、そこにあるのは自分への納得。
――私は、女の子に恋することしかできないんだって。
幼少時代から大人びていて、どこか達観した少女だった佐伯沙弥香。だが小学五年生の時に友達の女の子から自分へ向けられた感情に、彼女は答えを出せずにいた。
そして中学時代。仲の良かった先輩・千枝から恋心を打ち明けられた彼女は戸惑いながらも告白を受け入れ、次第に恋愛の深みにはまっていくが……。
ままならない想いに揺れ動く少女、佐伯沙弥香の恋を描くもうひとつのガールズストーリー。


どうも、紆余曲折あって編集者になったキョウトです。まぁ、編集者という立場になったところでこのブログの内容は何も変わりませんけどね。これまで通り自社レーベルの作品でもつまらない時はつまらないと書きます。

とまぁ私事はこれくらいにして、今は佐伯沙弥香についてです。入間の百合って時点で当然買うんですけど、更に今話題の「やが君」のノベライズですよ奥さん。やが君は一巻からずっと買っていたので、アニメ化は素直に嬉しかったですね。クオリティも申し分ないですし。

そんなやが君屈指のめんどくさい、というか闇が深そうな女・佐伯沙弥香の前日譚が今作。燈子先輩と出会うまでの、女の子に恋するようになるまでの物語。全体通して恋とは何なのか、恋をするってどういうものなんだろうと考える内容でした。

沙弥香にとっての“恋”とは、最初は「分からない痼りのようなもの」。先輩と出会い、自分自身を変えていくもの。つまり「好きな人の好きな人間に変わっていくこと」と考え方が推移していきます。この好きな人間の為に変われるっていうのは、先輩の言う沙弥香の優しさなのでしょう。本編での侑ちゃんとの対比にも取れます。侑ちゃんの優しさは「変わらないでいること」。沙弥香の優しさは「変わってしまえること」です。

しかし、そんな沙弥香の優しさを好きだと言ってくれた先輩との恋も終ってしまいます。その顛末は、なんとも呆気ないものというか、「思春期特有の勘違い」なんてありふれた理由で拒絶されてしまいます。振られる理由としては最悪ですよね。まだ単純に他の人が好きになったとか飽きたって言われた方がマシです。柚木先輩が自身の好意と恋心を、「間違いだった」「遊びだった」と思うのは勝手でしょう。でもそれを相手にも押し付けるのは横暴過ぎる。自分の感情を強要するな。沙弥香じゃなかったら完全に人間不信になりますよ。
「こういう私にしたのは、あなたのくせに」の一文が重い。

柚木先輩の考えを否定する訳じゃないけれど、やっぱり酷い人ですよ。小五時代の女の子が純真で、一足先に知った恋心とちゃんと向き合ってた分大人ですね。あの女の子が沙弥香の希望だ……本編にも出ないだろうか。負けヒロインを適当にくっつけとけみたいなものじゃないけどさ、本当に良い子やから……。

こうして、柚木先輩との恋を失敗という形で終えた沙弥香は、もう人を好きにならないと誓って高校に入学します。そして七海燈子に出会い__恋をします。一目惚れです。

恋を恐れ、恋に染まり、恋を拒絶された少女が、また再び恋をする。彼女はどうしようもなく、女の子に恋することしか出来ないのだ。

これは、佐伯沙弥香という人間の半生を描いた物語。そして、これから先彼女が歩む道の基盤。


満足度:★★★★☆
入間とやが君は\ベストマッチ!/だって確信してたよぼかぁ。本編で沙弥香の行く先を見るのが怖くて仕方ないけど、なるべく幸せになって欲しいね……。
スポンサーサイト



相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
プロフィール

キョウト

Author:キョウト
しがない編集者。感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは読み始めて11年の付き合い。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る