FC2ブログ

「ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争」、感想。

81s2bekqcqL.jpg


あらすじ
「ヒーローになるつもりですか?」「違う。僕はお姫様になりたい」闘うより、護られたい―臆病であることを誇る高校生・香屋歩と幼なじみの秋穂栞が迷い込んだのは、8月がループする街“架見崎”だった。ここを訪れた人々は任意の特殊能力を与えられ、乏しい物資を巡る戦争を繰り広げていた。だが、ふたりが希望した能力は戦闘の役に立たないもので…。生存戦略に反則はない。ルールブックの穴をつく、臆病者の戦いが始まる。

サクラダリセットコンビの新作。サクラダ自体はアニメも観てないし原作も未読なんだけど、タイトルと梗概に妙に惹かれてしまった。ウォーター&ビスケットってなんのこっちゃ? って感じだし。コンビニを巡る戦いって規模小さくね? と思ったり。あと梗概のループする閉塞的な街って設定とか。僕はお姫様になりたいっつー惹句とか。面白くなりそうな予感がビンビンする。

実際作中作の「ウォーター&ビスケット」がいい味出してるし、香屋のキャラもいい。自身の身の安全の為に「世界平和創造部」なんて回りくどく壮大なモノまで作ってしまう臆病っぷり。日常の中にあっても平穏を得られない少年は、非日常に於いてこそ最高のパフォーマンスを発揮できる。「世界平和創造部」、後々も登場しそう。

序盤は香屋の異常なまでの“臆病っぷり”に惹かれ、バトルロワイヤルが始まってからも香屋が選んだ“ルール外の能力”が気になって一気に読んじゃいました。アズチ戦終わるまでノンストップで楽しめましたね。アズチ戦の途中で能力を使うのかと思えばそんなこともなく、香屋が選んだのがマジで戦闘に一切関係なく。それどころか使えるタイミングもごく短いっていうのがツボですよね。運営者に質問できる能力なんて、この世界で“勝ち抜く”だけなら非効率ですもん。

やっぱり能力モノは万能だったり汎用性高かったり純粋に強くてチートだったりする能力よりも。一見「それ使えんの?」って感じだったり使い方が分からない能力のほうがワクワクしますよね。能力でなく使い手であるキャラ自体に価値と魅力が出る。
実際香屋の能力なんて戦闘中に使えないですし、まさに捨て身の選択。生存率を上げるだけなら自身の肉体を強化した方がまだマシだ。それでも香屋は「生きることにだけは、命を賭けてもいい」という信条のもとこの能力を選ぶ。

そしてアズチを退けた後。平穏な国、ミケ帝国、ウォーターことトーマの思惑が絡んだりして中々複雑な展開を見せます。
それでも香屋の目的としては
・この世界が何なのか調べる
・この世界で死んだ場合の真相
・トーマに勝つ

ってのが現状の目的ですかねぇ。これはあくまで香屋の物語なんで、今回スポットがあたってたキネマ倶楽部は吸収か崩壊しそうですけど。

最後。完全に男だと思ってたトーマが実は女の子ってのが明かされて、その事実がどう効いてくるのか。そしてトーマに刺された香屋は無事なのか。それすらも思惑通りなのか……。次巻に続く。


満足度:★★★★☆
久々に新しく追ってもいいと思えるシリーズ。2巻も買お。
スポンサーサイト



「百合色の日々」、感想。

81J6W5vOUtL.jpg


あらすじ
恋人になってくれる――
「友達の終わり方 前後編」など全8作品を収録した、著者初の「処女」&「百合」オンリー単行本。


レズセックス!(挨拶)

はい。という訳で実に1年半以上ぶりに悪魔の力を手にしました。レズセックス大好きおじさんことキョウトです。さて、今回ご紹介するのは天凪くん二冊目の百合短編集。今作は前作と違って100%百合です。ジッサイアンシン。

今回は内容も内容なんでね、多分今迄で一番真面目なレビューになるよ。胸がキュンキュンくるだけの作品ってよりも、ストーリー性の高い作品群になってるしね。あ、あとね、レビュー入る前に言っておきたいのやけど……天凪くんの絵、ありえんシコれるよね……。いや、僕百合にシコかシコじゃないかとか求めてないんだけどね……僕の恥部がこう……ドグラマグラしちゃうんよ……。

特にね、天凪くんのトーンの貼り方がね、アナログだからこそエロさを真に感じ取れるっていうの? このテカリ具合とか質感はデジタルとはまた違う趣だよね。画面越しの絵もいいけどね、やっぱ本媒体ありきのエロさなんっすわ。という、電子書籍に乗り遅れてる人間のぼやきです。では本編の感想。

今作では「おうちでシましょ♥」「混ざらない螺旋」「友達の終わり方 前編・後編」「快作少女」「瞳の中のシグナル」「少女の鳥籠」「嘘を束ねて祝福を」「ふれあう度に恋をして」「私と彼女はキスをする」の全10作が収録されてるよ。

バリエーションとしては過去の誰か(恋人の母親)に重ねてのえっちとか、レイプから始まる恋もあるとか、ナルシストの極地として、自分好みの女の子をそっくりに着飾ってセックスとか、そんな感じ。R18の百合モノだと道具に対する拒絶反応があるかどうか? っていうのでもプレイにバリエーションをもたせられるよね。内容としては全体的に暗い……っていうのもアレだけど、色々心裡でこね回す感じの作品が多かったかなって印象。

お気に入りの作品は「友達の終わり方」「快作少女」「私と彼女はキスをする」かな。


先ずは「友達の終わり方」。今作は夏緒ちゃんのゲスっぷりが好きです。
image3.jpeg

友達でもセックスできるよ(至言)

まるでエロ漫画みたいな科白だなぁ(しみじみ)。

からの
image4.jpeg

拙者エロ漫画特有の謎理論大好き侍でござる。

それで拒否られたら
image5.jpeg

お前じゃい!

言動だけみるとクズでしかないんだけど、夏緒ちゃんイケメンだから全て許されてる節あるよね。
image6.jpeg

image7.jpeg

そういうとこだぞ夏緒ォ!
あ^~夢女になる^~。顔が良い女はこれだからタチが悪いぜ……タチだけにな!\ドッ/

とまぁ、夏緒ちゃんがクズだけどめっちゃ好きなキャラですってことは伝わったと思うんだけど、この作品の肝はそこじゃない。一番注目するべきは相手のいのりちゃんの異常性。実は夏緒ちゃんよりひどい女なんですよこやつ。

夏緒ちゃんがね、こんなレイプまがいのことをしたのもね、いのりちゃんが相手にしてくれないからなんっすわ。いのりちゃんだって本当は夏緒ちゃん好きなんだけどね、それを「女同士でなんておかしい」っていう常識で押し込めて、好きでもない男と付き合って……。常識や普通に囚われるあまり、本質が見えてないんですよ。まぁそれだけならね、分からなくもない。実際世間体を気にするのはしょうがないことだしね。ただ、いのりちゃんが異常なのはそこじゃない。
image1.jpeg

自分は男と付き合っておいて、処女性を喪うことを覚悟してのことだと思ったら、非処女を穢れだというんですよ。それってちゃんちゃらおかしくないですか?

しかもことが終わったあとにおいても“友達”という関係を保とうとする。“普通”への拘泥っぷりが普通じゃない。たとえ破綻して、取り繕えなくても縋り付く。それもまた人間ってことですかね。人間の業を感じる作品でした……。

それはそれとして(デビルマン)
image8.jpeg

わかるマーン!

レイプやセックスからの恋が許されるのは女性同士ならでは。妊娠の心配も破瓜の心配もないからね。
処女性を保ったまま性的快楽を味わえるって、メリットしかなくないっすか? もっと皆軽率にレズセックスするべきですよ。
性教育に取り入れましょうよ。


次、快作少女。自分大好きナルシストガールが、自分好みの女の子を自分そっくりにしてセックスする話だよ。
image1_2018052120432181e.jpeg
行為中も相手の顔(自分好みの顔)を意識して見ようとしたり

image2.jpeg
ちょっとした髪の乱れが気に食わなかったり

image3_20180521204327086.jpeg
挙句の果てに鏡に映る自分に一番興奮したり。

そして結局は
image4_20180521204328445.jpeg
という結論に至るわけですよ。自分が一番好きだから、自分と親しい存在として女の子を好きになるっていうのは、背徳的かつ偏執的で良さみが深いっすよねぇ~。

話は変わるんっすけど、百合厨の中には自分嫌いの極地として百合好きになったっていう存在も珍しくないらしいっすね。自分に自信がないから、今のままの自分では受け入れてもらえないから……。故に正反対の存在に自分を変換し、百合へと至る。

ま、確かに。一理あるかなとは思いますね。でもたとえ自分嫌いじゃなくても……普通は美少女になって美少女とレズセックスしたくない!? 誰だって生まれ変わったら美少女になりたいっしょ! JK!


最後。「私と彼女はキスをする」。
この作品に限ってはね、
image10.jpeg
このシーンだけすき。

大人は汚い。大人になることに対する漠然とした不安。そういうのって、最高にゼロ年代ジュブナイルっぽくないですか……? 大人になるまでの限られた時間。好きと言ったら終わってしまう関係だから、肉体関係だけの快楽に溺れる。それは一種の逃避であり救いだ。逃げ出せない現実から目を背ける為の、小さな松明。その炎の揺らめきは、いずれは消える。しかし、それでも縋らざるを得ないものなのだ……。

「少女の鳥籠」ではどんなに強い絆でも大人や世間体によってあっさりと引き裂かれてしまう、終わりが来てしまうことを示し、
「嘘を束ねて祝福を」では恋心に気付いたときには既に全て終わっているという無情さ。
これらも合わせ、この「百合色の日々」という作品は青春の光と影を切り取った作品なのではと思う。青春は明るいだけじゃない。それを忘れてしまった人たちに、改めて警鐘を鳴らし、継承していく物語だ。

ここに、百合エロ漫画の文学のカタチを見た。


満足度:★★★★★
実用性:★★★★☆
絵の巧さ:★★★★☆
ストーリー:★★★★★

「エスケヱプ・スピヰド」、感想。

71tHbO3w8LL.jpg


あらすじ
昭和一〇一年夏、廃墟の町“尽天”。暴走した戦闘兵器に襲われた叶葉は、棺で眠る不思議な少年に出会う。命令無しに動けないという少年に、叶葉は自分を助けるよう頼む。それは、少女と少年が“主従の契約”を結んだ瞬間だった。少年は、軍最強の兵器“鬼虫”の“蜂”九曜と名乗った。兵器ゆえに人としての感情が欠落している九曜だが、叶葉はそんな彼を一人の人間として扱い交流していく。徐々に心を通わせていく二人。しかし平穏な日々は、同じ鬼虫である“蜻蛉”竜胆の飛来によって打ち砕かれ―!?閉じられた町を舞台に、最強の兵器たちが繰り広げるノンストップ・アクション。

作者が瑞っ子という噂を聞き、発売当初から気になってはいたんですが、なんだかんだと後回しにしていたのをやっと読了。物語としてはバトルがウリのアクションモノ……というよりは、叶葉との交流も確り描いてましたし、戦いが終わったあと、戦闘兵器の存在意義とは? とか、機械が人間としての感情に感化されていくところなど、“機械”と“人間”の差異、又は各々の存在意義をテーマにした作品だったと思います。

そういったテーマ性からは、なんとなく「誰よりもやさしいあなたのために」を思い浮かべましたね(こっちは機械じゃないけど)。

この作者さん。文章力も充分高いですし(秋山先生っぽかったかと言われるとジャンルも違うので判別し辛いが)、構成も上手い。バトル描写自体も迫力たっぷりに書けてますしね。大賞に相応しい完成度だったといえるでしょう。

しかし、それ故に。続巻が気になる感じではないんですよね。物語として一巻で綺麗に纏まってるので。あと、キャラとか世界観とか、雰囲気があっていいんですけど、僕にはそこまで刺さらなかったという。

昭和風架空戦記とかが好きな人なら堪らない作品なんじゃないかと思います。


満足度:★★★☆☆
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
プロフィール

キョウト

Author:キョウト
しがない編集者。感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは読み始めて11年の付き合い。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る