スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チルドレン」、感想。

61PzrguTzDL.jpg


あらすじ
「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。何気ない日常に起こった五つの物語が、一つになったとき、予想もしない奇跡が降り注ぐ。ちょっとファニーで、心温まる連作短編の傑作。

久々にラノベ以外の小説読みました(ラノベ自体も最近はあんま読んでないけど)。ということで、今回はミステリー小説では結構な有名所である伊坂幸太郎氏の作品。舞台が僕の地元仙台ということで、前々からちょっと気になってはいたんっすよね。

そもそも僕は、ミステリーモノ自体あまり好んで読まないのだが。この作品は別にミステリーだからと気構えなくても充分楽しめるものだった。

今作は『陣内』という男を軸に、そのキャラクターがどんな人間か? を魅せつつ。彼に関わった人間の事件や日常が描かれている。第一話の「バンク」では、陣内以外でも永瀬や鴨居といったメインキャラクターを登場させ。陣内の破天荒で我儘だが、物事をいい意味でも悪い意味でもぶち破ってしまう性質。そして永瀬の聡明さを鴨居というどこまでも普通の一般人視点で描いている。バンクのトリック自体には驚いたものだが、やはりそれすら陣内のついでで。三十万円銀行から盗んでしまうという予想外の行動に霞んでしまう。

そして第二話の「チルドレン」。今作の表題作である。この話は武藤という陣内の後輩視点で描かれるのだが、なんといきなり十二年後の話なのだ。しかも陣内が家裁になっていて、有能だというのだから驚かされる。この話では更に、陣内さんが親父について吹っ切れているという事実も出てくる。

続く「レトリーバー」は永瀬の彼女、優子視点である。ここで語られるのも、陣内という人間の豪胆さだ。そしてその次のエピソードである「チルドレンⅡ」で時期は再び現代(?)。チルドレンから一年後へと繋がる。僕的にはこの話が一番好きだ。この話に限っては陣内がどうこう関係なく、親の愛情の発露や。情けないとこを見せて失望させてしまった息子への、父親なりの意地の張り方。カッコつけ方とか。そういうのを感じた。まさに父親がカッコイイ話だ。

そしてラスト、「イン」。時はバンクから一年後まで遡り。ここでやっと陣内が父親のことについて吹っ切れたシーン。その詳細が語られる。なにげに最初から出ていた謎で、全体として「親」というものがテーマになってる気もするので。ミステリーという意味ならこの事実こそが物語を牽引してきた最大の謎である。まぁ、その謎解きの真実は。ややこしいものでもなんでもなく。陣内なりの暴力的な解決法なのだが。

はい、という訳でチルドレンの感想でした。一般小説ということでなんか感想も硬い感じになりましたね。陣内が出て来る話がまだまだ読んでいたいよ~。

伊坂くんの小説。他にも読んでみるか悩みますね。正直充分面白かったんですけど。一応ラノベブログなんで年内中に何かしらラノベ読まねばと……。


満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」、感想。

514GS2WBM8L.jpg


あらすじ
「雪崎絵理は戦う女の子だ。美少女戦士なのだ。」目的を失った日々を”不死身のチェーンソー男”との戦いに消費してゆくセーラー服の美少女絵理と高校生山本の切ない青春。

「NHKにようこそ!」で有名な滝本さんのデビュー作。NHKの方はアニメしか観てないけれど、主人公のルサンチマン的な思考に引き込まれるとこがあり、僕としては推したいアニメの一つに入ってるくらいなので。この作品も今更ながら読ませてもらった。

で、この作品。まさに僕が理想とする、お手本のようなゼロ年代ラノベであった。等身大の少年少女が未来とか将来とかいった漠然とした恐怖と戦う感じやら。そういった不安を抱えながら学生時代を必死に、藻掻くように生きてみたり。何もかも忘れてただ楽しもうとして、でもそれが出来なかったり。無駄な装飾を取っ払って、青臭いほど全力で自身を曝け出してくる感じ。ナイスだね!

この雰囲気が大好きなんだけど、それは誰かに説明出来るものじゃなくて。ホントにその時代を生きて、学生らしく人間関係やら家族やらで問題を抱えた人間にしか共感出来ないんじゃないかなと思う。多分。今の中高生が読んでも面白くない。分かりやすいかっこよさや派手さもないし。

でもやっぱり僕は、この作品が大好きなんだ。少女が戦うチェーンソー男は漠然とした不安を無理矢理形に落とし込めたもので。少女たちが戦ってきたのは現実で。主人公である山本も現実逃避のようにチェーンソー男と戦ってきたんだ。でも、いつかは青春時代が終わるように。チェーンソー男との命を掛けた戦いも、呆気なく終わってしまう。山本は不死身の化物、悪者を倒してスッキリしたかったんじゃない。なんかよく分からない化物と戦う非日常に身を委ねたくて、最後には好きな女の子を庇って死にたかったんだ。だから倒してしまっては意味がない。未来への不安から逃れ、ヒーロー願望を満たしてハッピーエンドを迎える。それには自分が死ぬ必要があった。でも彼は生きている。生きて、生ぬるい幸せを享受している。それは彼にとっては最高のエンディングとはいえないかもしれないけど、未来にあるのは不安だけじゃない。そう信じて、山本は幸せを掴みに行くのだ。

というのがこの物語の顛末。青春時代の一幕。テストや受験や自分ではどうにもならないような問題。そして終わってしまう時間。そういったものに抗った少年たちの軌跡なのである。


満足度:★★★★★
これは文句なしでしょ。この荒削りっぽさと生々しさ。最高に青春パンク。

「安達としまむら 7」、感想。

1巻→「安達としまむら」、感想。
2巻→「安達としまむら 2」、感想。
3巻→「安達としまむら 3」、感想。
4巻→「安達としまむら 4」、感想。
5巻→「安達としまむら 5」、感想。
6巻→「安達としまむら 6」、感想。

71LI64jxXhL.jpg


あらすじ
しまむらと付き合うってことは、うーん、まず、い、一緒に登校するとか…で、いいんだよね…。でも、何時に迎えに行けばいいのかな。自転車どうしよう…しまむらは歩きだし。…早く学校始まらないかな。安達と付き合うことになったけど…、何か今までと変わるのかなー。…安達は変わるんだろうか。でも、付き合うってどうすればいいんだろ。うーんよくわかんないな。大丈夫なのかね。お祭りでの告白から、彼女と彼女になった二人。夏休みも明けて新学期。これまでとちょっと違う高校生活が始まる。

いつまでたってもくっつきそうにないな~なんて思っていた二人が付き合うことになって。これでもうハッピーエンドじゃね? と思いながら迎えた第七巻。安達としまむら恋人編の始まりです。

正直。前巻で付き合うことになったっていっても。二人が……というかしまむらさんが恋人らしくしているの想像出来なかったんですよね。でも今巻を読む限り。しまむらさんも安達のこと恋人として結構好きなのかなーとか。ちゃんと恋人らしくしようとしてるなーってのが分かって安心しました。

入間のことだからどうせめっちゃ拗れるか変なふうになるだろーとか邪推してたんですけどね。思ったよりも純粋に初々しいカップルしてましたよ。まぁ安達さんは相変わらず面倒くさいというか。拗らせてる部分ありますけどね。恋人としての独占欲みたいなので。そもそも安達がしまむらさんに対し恋愛感情以前に抱いていたのって独占欲というか。特別な親友として思って欲しいみたいな気持ちじゃないですか。でもそんなこといったらしまむらに嫌われちゃうし……と抑えてたわけですが。晴れて恋人同士になり、自他共に特別な関係となったわけで。これでもう抑える必要がなくなったんですよね。「私としまむらは恋人なんだから、それくらいの我儘は許されるはず……」と。しまむらさんはしまむらさんでそんなあだっちーに困ったなぁ~なんて思いつつも満更でもない感じで。ちゃんと善処してたり。今はあだっちーの独占欲やら嫉妬心を程よくいなしてる感じですが。いつ暴走するか気が気じゃないですね。

安達さんの独占欲を可愛いと思ってしまうあたり。しまむらさんは今まで以上に安達に対して甘いですよね。他人に向けていた愛情や優しさを、あだっちー1人に注ぐが如く。あだっちーじゃないですけどなんだか保護者みたいですね。そのせいもあって、たるちゃんの存在は完璧に蔑ろとなってる訳ですが……。逆襲の樽見はあるのだろうか。

それとね。表紙。微妙に強張りつつもそわそわしてる安達さんの顔。実に今巻通してのあだっちーを表してて良い。不器用に握られた手の表情も、安達さんのしまむらに対する想いが表れてますね。

と、そんな感じで。順当に恋人という関係を始めていった今巻でした。次のゴールは唇同士のキスですかね。デコチューはもうクリアしてるので。


満足度:★★★★☆
今巻のしまむらさんぐらい甘い評価をあげましょー。
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。