「少女は色づく百合に恋をする」、感想。

81BNqc_aSdL.jpg


あらすじ
3ヶ月だけ田舎の女子校に通うことになったヒロインが転校初日に目撃したのは女子生徒同士で愛し合う姿だった。
都会の少女と田舎の少女たちが織りなす、甘く刺激な学園百合Hの最高峰。

父親の仕事の都合で都会から3ヶ月だけ田舎の女子校に転校してきたヒロイン、晶。「私、友達なんかいらないから」と人を寄せ付けない晶だったが、転校初日に同級生同士の
百合エッチを目撃したことにより、知らなかった甘美な百合世界を経験していく…。「ナデシコヒヨリ(全7話)」他、「お姫様の口づけで少女は目を覚ます(前後編)」
を収録した珠玉の百合作品全9作収録。


レズセックス!(大声)

どうも~好きなことはレズセックス。レズセックス大好きおじさんキョウトです。

そんでね。今日はね、正統派百合エロブックスである此方をね。レビューして行こうと思うんですけどね。なんていうんですかね……あまりにもこう普通というか……。ほんま平均的百合ブックスにレズセックスをぶちこんだような作品なんですよね。勿論最高値や高まりみたいなのはあるんですけど。こう、はっちゃけたレビューはできそうにないです。だから今回はあまり期待せず読んで下さい。

さて、という訳で今回はおふざけなしの真面目なレビューをしていこうと思うんですけど。今作は「ナデシコヒヨリ」七話、「お姫様のキスで少女は目を覚ます」二話の構成になっております。オヒキスに関しては語ることが死ぬほどないので(ヒロインがふくよかでえっちだった)、割愛。

では先ずメインキャラの紹介から。
IMG_8131.jpg

主人公の笹目ヤヤちゃんです。甘えん坊なのでおっぱいを吸うのが好きです。こんな顔↓もしちゃう可愛い子です。

かわいい

ちなみにオマンコソムリエです。


そしてヒロインの関谷なるちゃん。
IMG_5176.jpg

雛野って言ってますけど多分誤植ですね。そして隣にいるのはヤマノススメから出張してきた山の妖精ここなちゃん。タイトルがカタカナなので実質同作品です。今作では基本的になんかもう登場キャラ全員体の関係持ってますが。ヤヤちゃんとなるちゃんが恋人同士ということになります。ヤヤなるですね。ちなみにこの子らもオマンコソムリエです。


次に紹介するのは多美お姉ちゃん枠の部長。
IMG_1266.jpg

小原鞠莉さんです。ラッシャイ! からの出張となります。こちらもタイトルカタカナなので実質ナデシコヒヨリですね。作中に出てるヒロインはコヤツに皆手篭めにされてます。カキタレです。そしてオマンコソムリエとしての力量はヒロインズの中でも白眉。オマンコスメルとフレーバーに強い拘りをもってるようです。

IMG_3016.jpg
ぷしゃぁっ


ラスト。不人気ヒロイン眼鏡枠のマチさんです(全マチさん好きに喧嘩を売る発言)
IMG_7505.jpg

作中では比較的常識人。特徴らしい特徴はないですね。ちなみに彼女もオマンコに一家言あります。オマンコソムリエです。


畢竟。どんな話かと問われば。↓の画像ですべて説明出来ます。
IMG_0348.jpg

茶道部というレズセックス部で乱交する内容です。因みに女の子同士のセックスは浮気にならないそうです(?)。田舎娘はエッチなことしか考えられないのか……。まぁ、概ねハナヤマタのレズ。レズヤマタですね。

それでは最後に。この一言でこのレビューを締めさせていただこうと思います。

ヤヤなるレズセックスサイコ~~~~~!!!!!(ブイブイ)




満足度:★★★☆☆
実用性:★★★☆☆
絵の巧さ:★★★★☆
ストーリー:★★★★☆
スポンサーサイト

「いもーとらいふ (下) 」、感想。

上巻→「いもーとらいふ (上) 」、感想。

71grN_OmRgL.jpg


あらすじ
依存し合う二人の"一生"を描くちょっぴり苦い兄妹ラブコメ、完結編。

小説家になるという夢を叶えた妹。その事実は俺の存在意義を揺らがせた。
弱い妹が好き。そして、妹に頼られる自分が大事。そんな独りよがりな想いに気付いたところで人生は引き返せない。
だから俺は、妹と二人で一緒に暮らし続けることに決めた。俺には妹しかいない。これまでも、これからも。親から見捨てられても、世間から白い目で見られても。なるほど、気持ちの悪い兄妹だ。
だけど血肉を分けた妹に人生を捧げて寄り添い抱き合って我が道を行く。
俺の人生はこれで満足だ。


シスコンにーさんとブラコン妹のいもーとらいふ、完結。二巻という短い巻数ながら、二人の人生を最後まで描ききっておりました。

ただ、前巻でもあまり波乱のある話でもなかったですが。今巻はそれ以上……というか拍子抜けするほど淡々と話が進みます。下巻を読んだあとだと上巻って結構起伏ある話だったんだなと思えます。彼女に病的なシスコンがバレたり、妹が小説家デビューしたり、それで自身が妹に望むものに気付いちゃったり……。

下巻ではそれらについて悩み、答えを出していく話なのかと思ったら。前巻で出した答えのまま。ただ妹が好きで、妹の側に一生居ようと決意する話です。

妹が小説家になろうと思い、実際なるまでの話(妹視点)があったり。猿子との人生相談(?)があったりはしましたが。基本妹とイチャイチャしてるだけです。すごく仲睦まじいですが。恋愛感情とか、性愛なんかとは無縁なんですよね。最後まで妹として愛しているという姿勢にほっとしました。ここで性愛を向けられると、一気に生々しい感じになっちゃいますし。テーマからも外れてしまいますから。

でも、途中の一幕で妹はちょっと違うのかな? なんて思っちゃいました。彼女さんがいるか兄に探りを入れ、彼女の存在を間違いだと認めさせ、自分を優先させたこと。それに対して「かった」と優越感を覚えたとこ。そのあたりから妹をちょっと怖いなと思いました。妹も兄も狂ってますが。妹ちゃんの方がナチュラルに狂ってる。兄はまだ世間や常識が頭を過りますが。妹ちゃんにはそれすらないんですよね。妹と兄が愛し合い、一緒にいることが当然だと思っている。入間ヒロインの狂気を感じました。

あ、そうそう。今巻でも入間お得意のスターシステムが使われてましたが(猿子とか)。この話時系列的に虹色エイリアンやバカが~より結構あとなんっすかね。にーさんが猿子と話してる時点で宇宙人騒動は終わってる訳ですし。入間世界は基本全部繋がってると思ってますが。もしも当初の構想通り長々と続いていたら、その内エリオやしまむらさんやみーくんや閃かない探偵なんかも出てきたかも。

なにはともあれ。二人は幸せに暮らしましたとさ。ちゃんちゃん。


満足度:★★★☆☆
退屈さでいえば★2でもおかしくないけど……猿子出てきたの嬉しかったからな~~~★3っつ!
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター