スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT」、感想。

81gw8vaLrXL.jpg


あらすじ
『天胄地府祭』―東京の霊相を一変させる大規模霊災テロの決行日まで、あと3日。夏目たちは神降ろしを阻止しようと、あらゆる手を尽くして奔走。その一手は『十二神将』の間にも波紋を広げていく。一方、暗躍する大友、牙を研いでいた鏡らも、決戦の舞台にあがる準備を進めていた。そして訪れる、上巳の日。星々が、呪術の粋を尽くして激突する中、黒き鴉の羽を纏った春虎もまた、決戦の地に舞い降りる。夏目を守る―彼女の式神として。その強き想いを胸に。時を超える陰×陽ファンタジー、いま交錯する願いが東京の夜を震わせ、時の輪を廻し始める―。

前巻で木暮さんがやられ、期日は迫り。いよいよをもって窮地に立たされた夏目陣営ですが。そこから冬児の実父である政治家直田の力を借り。メディアの力も利用し。局内で倉橋に疑念を抱いている十二神将が反旗を翻して、いざ叛逆の時……となったのですが。相手陣営も一筋縄ではいかず。罠に嵌められたり嵌めたりといった攻防。そして夏目陣営、大友陣営、春虎陣営の健闘虚しく神降ろしはなってしまう訳ですよ。

いや~今巻で一気にたたみにきましたね。春虎くん対宮地っていう注目戦も中々見応えありましたが。僕的にはやっぱ一部の十二神将が仲間になってくれたことが一番うれしかったかな。おーこれで強力な戦力が~って。でもその後の春虎くん対宮地とかみちゃうとね。仲間に加わったメンバーが戦闘向きな人間も少ないせいか。今更感が強いというか……。っていうか相馬の一族に東京掌握されたも当然だし、これからどうなっちゃうのって感じっすよ。

そうそう。今巻では二部での重要な謎がついに明かされましたね。なぜ夏目の復活は失敗したのか? その謎に向き合うにあたって浮かびあがるのは、一部の終盤で芽生えた謎。

夜光の生まれ変わりが実は夏目ではなく春虎だったなら、夏目はなんなのか? 

別に何の生まれ変わりでもないんじゃね? とくに因果とかないんじゃね? なんてことは全然なかったんっすよ。現世では夏目が主で春虎が式神でしたが。過去では春虎が主(夜光)で夏目が式神(コン)だったという訳です。故に蘇生は不完全なものとなってしまったのですが。そもそも。それなら、何故夏目とコン(というか飛車丸)が同時期に存在しているか。それはコンが転生して夏目になるのではなく、夏目が転生して飛車丸になるからという……。つまりは、夏目がこれからコンになるんですから、魂としては同質でも別人なんですよね。普通に気づけませんよ、これ。時を超える陰陽ファンタジーって銘打たれてますけど。過去から現在につながるのではなく、現在から過去につながるんっすね。

って訳で次巻は過去編です。現在がやばいことになってるけど、過去編です。夏目が過去に転生しコンになったってことは、時系列的にいえばコンが本来の姿なんっすよね。そら春虎くんへの好意半端ないわけっすわ。でもお前、キャラ変わってね?


満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

「乃木若葉は勇者である (上)」、感想。

71_lG-rYvNL.jpg


あらすじ
TVアニメ『結城友奈は勇者である』の世界から300年前―。西暦から神世紀へと至る、すべての始まり初代勇者の物語。

僕基本的にノベライズ作品って買わないんですが。漫画版を待ってられなかったんで買っちゃいました。何気にゆゆゆはBD、CD、コミック、フィギュア、ゲームと集めていて。最近の僕にしてははまってる方だなぁといった感じですし。これ以上話題に遅れるのはマズい。

で、本編の感想。正直、書いてる方が本業の小説家じゃないですし。文章に関して期待はしてなかったんですが。普通に読めるレベルでした。本作の魅力は十分伝わってきましたし、特に問題ないですね。

内容に関しましては、キャラ造形がよく掘り下げられてますし。初代勇者五人+巫女の顔合わせから絆の構築までの話でうまくまとまってました。それぞれのキャラの背景と戦う理由が描かれてたのはいいですね。若葉ちゃんの使命感やら贖罪の意識。そっから端を発する行動。戦う理由の変化。そこらへんの推移を見ていると、やっぱり主人公だなぁって思っちゃいます。まぁ僕が一番好きなのは千景ちゃんなんですけど(メンヘラ闇堕ちフラグ最凶勇者属性とか最高やん?)。友奈ちゃんにはぐんちゃんを救ってあげて欲しいっすね……。

それと気になったとこ。西暦時代の勇者はまだ勇者システムが完成してないから弱いって言いますけど。すごいつよない? そりゃゆゆゆ時代と較べて簡単に怪我もするし生命も落とす。でも能力的に劣ってると思えないんっすよね。敵がまだ弱いんじゃね? って見方も出来るけど。寧ろゆゆゆ時代より強いような……。というか、わすゆ時代では迎撃しか出来ないって言ってたのに普通に殲滅してますよね。

若葉ちゃんがバーテックス食ったことが後々に響きそうだし、友奈ちゃんの謎もあるし。やっぱのわゆも必読ですわ。


満足度:★★★★★
ゆゆゆだから評価が甘めだ……。

「私たち殺し屋です、本当です、嘘じゃありません、信じてください。」、感想。

51es7C5gnRL.jpg


あらすじ
殺し屋少女・ヴィクトリアとシャルロッテは今日も無人鉄道で世界を巡る。可愛い容姿に似合わない重い拳銃。二人は行く先々で殺しの仕事を請け負うが、なぜかここぞという所で敵に捕まるドジっ子ヴィクトリア。殺し屋を名乗って敵を脅すも、その可愛さじゃ信じてもらえず絶対絶命! でも、ピンチの時はシャルロッテが助けに来てくれると信じてる……! 残念カワイイ二人の危険なのにどこかゆる~い旅物語。

殺し屋少女二人旅。ついに発売しましたね! 同人誌やラジオでこの作品の情報は知っていて(同人版はまだ買ってないが)、楽しみにしていた作品なので。ちゃんと出せて僕としても喜ばしいです。

で、作品の内容に触れていきますと。今回の話は……同人のノリです。兎月くんが普段出してる同人誌のノリなんですよね、これ。まぁ僕としては。兎月くんの作品は同人誌商業合わせて好きなんですが……この作品はなんか違うような?

う~ん、なんというかなぁ。全体のノリも文章も軽すぎるというか。情景描写が足りないところも多く、状況と感情がついてこない部分も多かったですね。それに呼応して、物語自体もなんとも軽い。

僕は兎月くんの魅力は“重さ”にあると思ってるんですよ。そういった意味では残念でならないです。ニーナとかいらん子みたいなのを期待してたんですけどね……。
この作品は可愛さと萌えとラノベらしさが前面に出過ぎてる気がします。映像映えしそうな内容ですが、小説という媒体だと悪手かなと。僕みたいな万年二次落ち野郎がえらそーなこと言ってんじゃねー! とお怒りになるかもしれませんが。キャラクターに“魂”。つまりはリアルさを感じられないんですよ。濃くて魅力的なキャラっていうのは、いかに作者がそのキャラを把握し。説得力を持たせるためのストーリーを誂えるかってとこにあると思うんですが。今回はキャラの背景が薄いんですよね。

それを踏まえるに。これは本当に兎月くんが書きたかったものなのだろうか? 自分らしく書けているのだろうか? と思ってしまう訳です。

僕は極論。兎月くんが自分の好きな話を、好きなようにかけるならそれでいいんですよ。兎月くんが楽しんで小説を書かせて貰えれば僕は満足なんですね。でも、僕はこの作品を全肯定できない。これが兎月くんの出した一つの答えだとしても、その全てを受け入れることは出来ないんです。

でもこの作品。売り上げ的には前作(いらん子)より好調……なんでしたっけ? いらん子は売り上げ的に二巻は絶望的って言ってましたもんね。兎月くんの本がちゃんと出るだけでも、僕は感謝すべきなのでしょう。次巻での巻き返しに期待……したいけど。ここで僕が望むモノを出されたら、それはつまり世間一般では売れないもので。兎月くんの作家生命を危険に晒してしまう。

なので、僕に構わず。この作品の世界観を崩さず。好きなように書いてください……。


満足度:★★★☆☆

あ、そうそう! 僕今作はあんま素直に褒められないんですけど。それでもちゃんと評価してるとこあるんですよ! 

それは……ハル犬くんのイラストがありえんエッチ。

ありがとう……鉄人桃子……。
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。