「東京レイヴンズ11 change:unchange」、感想。

81mIJLTAI+L.jpg


あらすじ
新年、東京。春虎を追い続ける夏目は、久しぶりにこの街に帰ってきた。呪術界を揺るがしたあの夜から一年半。かつての仲間たちの現状が気になりながらも、会えば迷惑をかけると己を律する夏目に、秋乃の素朴な言葉が突き刺さる。「夏目はいいの?友達に会えなくていいの?」一方、夜の東京の片隅で、陰陽庁の仕掛けた「餌」に大きな獲物が食いついた。始まる激しい呪術戦。出動した『十二神将』と対峙するのは―。変わりゆくもの、変わらないもの。呪術と陰謀渦巻く東京で、再び運命が動き出す!

最近あったアニメ版レイヴンズ一挙放送に触発され、再びレイヴンズを読み始めることにしました。いや~前回読んだ時からもう二年経ってるんですねぇ。それでも最新刊は14巻までしか出てないので、さっさと追いつこうと思います。追いついたところでまた冊数が溜まるまで放置するんでしょうけど。

さて、話は前巻の続き……というよりも。主に空白の一年半を補完する内容となっております。話の流れとしては10巻よりも今巻の方が一部の続き。二部の始まりって感じがしますね。春虎覚醒からの、長い夜の続き。それぞれの道を歩み始めたカラス達の、それぞれの軌跡。

大友先生陣営は更に戦力を増して陰陽庁とぶつかり。
冬児は天海と共に潜伏しながら鏡に師事し己を鍛え。
京子は監視の下星読みとしての才能を磨いていき。
鈴鹿は陰陽庁に潜り込み、長官の真意を探る。
そして天馬は、バラバラになった仲間たちに大事なメッセージを送る。

今巻で一番目立っていたのは、実は天馬くんなんじゃないかと思います。活躍自体は確かに地味なんですが。あのメンバーで最も“イレギュラー”で切り札的存在なんですよね、天馬くんって。一部の主人公が春虎。二部の主人公が夏目だとすれば、全編通しての裏主人公は天馬くんな気がします。戦力としては確かに心許ないんですが。その割にはここぞという時でいい働きしますし。それに今巻では天馬くんの成長も感じられましたしね。

それと今巻では、地味に新たなカップリングが出来上がってました。夏目×秋乃と鈴鹿×多軌子です。夏目×秋乃は前巻からできてたといえばそうなんですが。今巻ではより繫がりが強くなったというか。秋乃が夏目に対してヤキモキしたり、友情以上の独占欲があったりと。ただならぬ気配も……? 
まぁ、夏目さんには春虎くんがいるんですけどね! そう考えると報われない。
でも、鈴鹿×多軌子は色々と可能性を感じるというか。発展してくっついてもおかしくないなぁと。なんていうか意外な組み合わせですよね。百合ストの僕としては嬉しいですけど。多軌子と鈴鹿。共に“孤独”という意味では通じてますし。鈴鹿も多軌子も相馬の血族ですから関係は大ありなんですけど。多軌子が最も望んでいた“友人”というものに、鈴鹿が最初になるとは思ってなかったです。あんま人懐っこい性格でもないですし。どちらかといえば刺々しくてキツイ性格だし。そんな鈴鹿に純真すぎる多軌子が敵でありながらも好意を寄せているのもおかしな話です。

あざのさんは地味に百合要素出してきますよね。Dクラでも百合ップルいるって聞きますし。う~ん実に心憎い。萌える。これは良い百合です。

という訳で。一部主人公の春虎くんが一切出てこなく、二部主人公夏目の出番が少なかった今巻。次巻では夏目視点で物語が繰り広げられるのか!? そして春虎くんは出てくるのか!? そこんとこを期待しつつ読むとしましょう。


満足度:★★★★☆
スポンサーサイト
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター