「ニーナとうさぎと魔法の戦車〈6〉」、感想。

1巻→「ニーナとうさぎと魔法の戦車」、感想。
2巻→「ニーナとうさぎと魔法の戦車〈2〉」、感想。
3巻→「ニーナとうさぎと魔法の戦車〈3〉」、感想。
4巻→「ニーナとうさぎと魔法の戦車〈4〉」、感想。
5巻→「ニーナとうさぎと魔法の戦車〈5〉」、感想。

51nbRjtF-NL.jpg


あらすじ
ニーナの憧れの歌手・リディアがアンフレックでコンサートをすることに。幼い頃に野良戦車によって全てを奪われた彼女の、平和を訴える歌声は世界中から賞賛されていた。そんなリディアのコンサートへの出演依頼が、ラビッツの元に舞い込んできた!手の届かない憧れの存在に会えると聞き、喜びを隠しきれないニーナだったが『白い歌姫』とも呼ばれる世紀の歌い手は、実はとんだわがまま娘で…。ステージに立つことになったラビッツは、とんでもない衣装を着せられたり、慣れない歌に苦労したりと大騒ぎ!しかし、コンサートの影では、ある陰謀が進行していて…。

3巻以降。そこまでハードな話もなく。緩やかにきていたのですが。ここにきて結構ハードというか。遣る瀬無いお話をぶっこんできましたね。遣る瀬無さ、やり切れなさ、切なさという意味では二巻が白眉なのですが。今巻も中々にクルものはあります。プロローグの時点で若干の不穏さは感じるものの、前半までは和やかな雰囲気で。「あ~、今巻も平和な内容なのか~」なんて思ったらやっぱりシリアスな方向に転がるんですよねぇ。今巻は人がバンバン死にますよ。構図というかテーマ的には二巻に通ずるものがありますね。
「相手にも相手の正義があり、それが認められないなら相手が誰であれ対峙しなければならない」。

ただ、二巻に比べるとやっぱり劣るんですよね。テオドーレちゃんの魅力値がダンチなので。それに、その対峙を通してどう登場人物が成長したかってのも大事ですから。二巻ではニーナが精神的にかなり成長してますし、己が戦う覚悟を決める契機になりました。でも今巻ではメインキャラの心情に大きな変化はなく、リディアの変化も大きなものとは思えないんです。そういう意味ではスプライカの思想に同意出来るかどうかを置いても、そこまで心に残らないんですよね。

というか、そもそも二巻は主人公であるニーナとその初めての友達であるテオドーレちゃんの対峙でしたが。今巻ではぱっと出の新キャラ(失礼だけど真実)とその家族(のような存在)じゃないですか。どっちがより読者が心情移入出来るかっつったら断然前者ですよね。つまりはキャラの掘り下げ不足。そのせいで割りとどうでもいい感じに思えちゃったんじゃないかなぁ。

という訳で。いよいよ残り二巻です。次巻からラストに向けて物語が大きく動きそうですね。今迄色々活動してきましたが、大元の話はあまり進んでない気がしたので。やっと動くのかな、と。まぁ、野良戦車よりもシヴァレル連邦をどうにかした方がいいと思いますけどね。


満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

「六百六十円の事情」、感想。

51Iue5P1d+L.jpg


あらすじ
男と女。彼氏と彼女。親と子供。先生と生徒。爺ちゃんと婆ちゃん。世の中には、いろんな人たちがいる。そこには、「ダメ人間」と「しっかり人間」なんてのも。それぞれ“事情”を持つ彼らが描く恋愛&人生模様は、ありふれているけど、でも当人たちにとっては大切な出来事ばかりだ。そんな彼らがある日、ひとつの“糸”で結ばれる。とある掲示板に書き込まれた「カツ丼作れますか?」という一言をきっかけに。日常系青春群像ストーリー。

特に買う予定はなかったんだけどな。本屋行ったら欲しい本がなくて、何も買わずに帰るのもあれだな~と思いつつ立ち読みしてたんですよ。そこでこの本が目についた訳。入間の本はまぁ嫌いんじゃないんで。買ってもいいかなと。最初はこの本とぼっちーズどっち買うかで迷ったんすけどね。「カツ丼作れますか?」の一文に惹かれてこっちを買った訳です。

という訳で本編の感想。いやね、さすがだね。入間は群像劇書かせるとうまいわ。僕は群像劇書こうと思っても書けない人間だから尚更凄く感じる。最初の物語から連鎖するように人々の関係性が繋がっていって、最後にちゃんと収束する。そこが群像劇の面白さですよねぇ。

個人的にはギアッチャさんの話と河崎さんの話が好き。主人公になれないまま大人になってしまった女性が。大人ってなんだよーと叫びながら。思春期みたいに突っ走る。大人になりきれてないリアルな若人って感じでいいっすね~。

二章の男子高校生の話は、話のまとまりというか流れが綺麗っていうのもあるけど。男子高校生特有の童貞メンタルがよく書けてたなぁと。

うん。まぁそんな感じでよく書けてたよ。え? 今回めっちゃ感想適当じゃねって? そういう気分の日もある。またはこの作品自体にあまり感想がないのか。まぁいいじゃねーか。習慣として書いてるだけだし。


満足度:★★★☆☆

GA前期二次落ちしました。

タイトル通りです。自分的にリハビリもまだ済んでない復帰戦だったんで。二次落ちも仕方なしかなと。ま、言い訳ですけど。
え? なに? てめぇが二次落ちしたことはもう知ってる? っていうか報告が遅い?

うるせー!! 二次の発表があったの自体は8月末だけどなぁ、評価シートが届いたのは今日なんだよ!!! 評価シートもなしにただ「二次落ちしちゃった~、てへっ☆」って報告したとこで何の面白みもないんじゃ!

あ、でもGAの評価シートは公表しちゃダメらしいんで。そのまんま載せることはせず。大分ぼかして評価シートについて言及していきます。

ただね。あんまりGAさんの下読みさんを悪く言いたくないんだけど……(キツいスケジュールの中態々素人の作品読んでくれた訳だし)。評価シートがめっちゃあっさりしすぎてて、書くことがほとんどねぇ。

点数は
設定:3
文章力:4
構成力:2
ストーリー:3
キャラクター:4

計:16/20点

って感じで総合ランクはAでした。一応二次の評価シートのランクでは一番高く。二次通過まであと一歩といったところらしいです。

文章力は、まぁいくらずっと書いてなかったといっても。頼みの綱みたいなとこあるんで評価は安定してますね。
あとはキャラクターが評価されてたのはありがたい。前はキャラが平凡とか立ってないとか言われてたけど。今回は自分でもよく書けてたかなと思うし。
そして問題の構成力。うん……これはいつまで経っても治らんね。僕の致命的な弱点だ。ここを改善しなければいつまで経っても僕は前に進めない気がするよ。

総評。雰囲気もいいし情緒のある文章は好感持てるし、キャラもええやん。でもな構成が只管下手くそ。噛み合ってない。別々の物語を無理矢理組み合わせた感じ? もっと筋道立てて確り物語作れよ(笑)。

って感じのことが書いてましたとさ。

以上!閉廷!

「機巧少女は傷つかない15 Facing"Machine doll I"」、感想。

715V36YfRnL.jpg


あらすじ
リヴァイアサン撃破により、ブリュー姉妹は救われた。一命をとりとめた雷真はロキとの決戦に臨むが、神性機巧を巡る策謀もまた夜会同様に最終局面を迎えつつあった。満を持して遂に動き出した日本軍。いざなぎ当主・土門綺羅は英国王エドマンドと結び、学院を強襲、機巧都市を瘴気の海に沈めんとす! 度重なる戦闘で満身創痍の学
院にこの奇襲をしのぐ手立てはない。仲間たちと引き離され、獄中で生死の境を彷徨う雷真に、唯一残されていた手段とは……?


当初はエドマンド王子がラスボスになるとは思わなかったぜ……(そしてこんなに長引くとも)。

という訳でマシンドール15巻。いよいよ次巻で最終巻というとこまで来ましたよ!ぶっちゃけ前巻読んだの一年くらい前なのでところどころ忘れてるとこあります(作者もそれに配慮して頭に前回までのあらすじみたいの書いてくれてるし)。

えー、そうですね。今巻も割りといろんなことが起こりすぎててごちゃごちゃしてるんですけど。取り敢えず印象に残ってるところ。

先ずはなんといってもロキ対ライシンの夜会準決勝でしょ。ライシンにとっての1番のライバルはやっぱロキだったんだなって。個人的にもかなり好きなキャラなんですよね、ロキ(ライシンより断然)。普通に戦えばロキが勝っていた戦いですが……ロキの「ソフィアから貰った力で花の乙女を壊したくない」という躊躇いが勝負の明暗を分けました。そしてロキのデレっぷりがぱないんっすよ。ライシンに対してのデレっぷりもそうですけど。フレイに対してもめっちゃ素直になってましたし……姉弟の絆に思わず目頭が熱くなる……。シャルさんが若干腐ってることとかどうでもよくなるくらい。だからこそ……フレイを殺した黒王子は許せねぇ。エドマンド王子憎めないキャラだと思ってし、意外と好きだったけどさ。もう許せねぇわ。あいつだけは殺す。やっちゃってくださいよライシンさん!……と言いたいけど。ここはロキが決着をつけた方が燃えるな。一度大事な人を喪ったロキから、最愛の人を奪うなんて……これが復讐せずにいれようか。ライシンが決着をつけるべき相手には、天にぃがいるもんな!(といっても今では復讐相手って感じでもないけど)。

赤羽一門を壊滅させたのが天全じゃないと分かった以上。ライシンと天にぃが戦う理由は本当に夜会の決勝だからという理由以外にない訳で。そうなるともう殺し合いじゃないんだよな。天にぃ好きだしライシンとは仲直りして欲しいものだ……それと雲雀さんも。

っていうか、今巻はカップリングが確固たるものになった巻じゃないかなと思う。ライシンが夜々と添い遂げることが確定してるからか。最終巻に向けてハーレムという形よりあちこちでカップリングが出来る流れになってるよね。シャルは前巻で百合ハーレム築いてるし。アンリはキンバリー先生のとこに戻るみたいだし。ロキはフレイと姉弟以上の絆で……やっと結ばれたのにな。

日輪は1番残念なポジションかもしれない。正妻ポジションは夜々に取られちゃったし、今はもう“仲間”としてしかライシンの側にいれない……。それでも、一度裏切り。ライシンの真の仇である土門一派でありながらも仲間として信じてもらえるのがやはり特別なことなのだろう。

次巻。ライシンの復讐、因縁、帝国の夜明け、神性機巧、魔王の誕生、夜々の命__全てに答えが出る。

それでは、機巧少女最終巻。お楽しみに!


満足度:★★★☆☆
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター