2014年ライトノベル 10選


個人的に今年読んで面白かったなぁと思ったライトノベルを10作品上げる企画です。注意して欲しいのはあくまで今年“読んだ”ライトノベルであり、今年“発売された”モノでないことです。とはいっても、特に意図した訳ではありませんが。割りと今年発売されたモノで構成されてるので、今年発売されたラノベベスト10といっても差し支えないですけど(あります)。

ここで載せる紹介はかなり軽いものとなっておりますので、もし興味を惹かれたなら本ブログの感想に跳んでみるのもいいかもしれませんね。

※便宜上ナンバリングは振りますが、数字と順位は関係ありません。あくまで今年特に良かったなぁと思った10作品を羅列しているだけです。


No.1:「人形遣い」
人形遣い (ガガガ文庫)人形遣い (ガガガ文庫)
(2013/07/18)
賽目 和七

商品詳細を見る


いやね、攻めるね。さすがガガガ文庫さん攻めるよね。完璧主義で傲岸不遜な人形遣いの主人公が、吸血鬼の女の子に拾われるお話。

手堅くまとまった王道百合ファンタジーだよ。もうね、最高。控えめに言って“最高”。

主人公が己の幸福を追求するというテーマもよく描かれてる。

ちゃんとキスシーンがあるのも“Good”。そのキスもお話に活かされてるし寸毫の瑕疵もない完璧なプロットだよ。敢えて気になったとこを上げるとすれば、雰囲気的に西洋ファンタジーっぽいけど舞台が日本ってとこかな。

早く2巻が読みたいよママァー!

「人形遣い」、感想。


No.2:「ナルキッソス」
ナルキッソス (MF文庫 J か 5-1)ナルキッソス (MF文庫 J か 5-1)
(2008/07/23)
片岡とも

商品詳細を見る


いやね、マジで皆に読んでもらいたいね。ライトノベルにもこういう作品があるんだなって。だってさ、あのMFがだぜ?クソラノベ生産工場と言われているMFが「死を待つ少女の、死ぬ前にどう生きるか」っていうテーマのラノベ出してんだぜ?想像出来ないだろ?淡く幻想的な絵ともあってるし、文体も思いの外よく馴染んでいた。

この作品には近年のライトノベルのようなドキドキ感はないが、人を惹きつける確かな魅力があった。

「ナルキッソス」、感想。


No.3:「少女には向かない職業」
少女には向かない職業 (創元推理文庫)少女には向かない職業 (創元推理文庫)
(2007/12)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


言わずと知れた桜庭一樹さんの小説。桜庭さんといえばラノベ読み界隈では「砂糖菓子」や「GOSICK」の方が有名だろうが。個人的にこの作品も是非読んでもらいたい作品だ。

僕が桜庭作品で気に入っている、リアルな女子中学生の心情と。どこまでも無力なその女子中学生が直面する不条理な現実と、不思議な少女との出会い。この作品には僕が桜庭作品で気に入っている要素が砂糖菓子と同じくらい含まれている。

「大人」、「閉塞感」、「現実」、「少女」、「殺人」。このワードだけで胸躍る。

そして何よりも!仄かにかほる百合の匂い!

いやね、桜庭さんの作品は百合スキーの間でも大変高評価なのですが。多分本人はそういうつもりで書いてはいないと思うんですよ。それでも匂いに敏感なユリスキーは感じ取ってしまうんですね、はい。

なんていうのかな、いじらしいというか。くどすぎないところが逆に素敵!って感じ。桜色の春をこえてのその後の二人を想像するような楽しさがそこにはあるんですよ。

「少女には向かない職業」、感想。


No.4:「鹿乃江さんの左手」
鹿乃江さんの左手 (ポプラ文庫 日本文学)鹿乃江さんの左手 (ポプラ文庫 日本文学)
(2013/10/04)
青谷真未

商品詳細を見る


学校で囁かれる「どんな願いごとも叶えてくれるという」魔女の噂。鹿乃江さんの左手に引きつられ、少女は世界を拡げていく。

百合でミステリーな今作ですが。ミステリーの部分がおどろおどろしくなく、爽やかで作品の雰囲気にあっていたのが“Good”

新人さんということですが言葉選びのセンスが上手いですし構成やらトリックも目を瞠るものが多かったです。

特に最後の短編は……筆舌に尽くしがたい程綺麗な話です。説明は不要だ。読め。以上。

「鹿乃江さんの左手」、感想。


No.5:「不動カリンは一切動ぜず」
不動カリンは一切動ぜず (ハヤカワ文庫JA)不動カリンは一切動ぜず (ハヤカワ文庫JA)
(2010/09/30)
森田季節

商品詳細を見る


SF+百合=最高。この方程式は未だ揺るがず。古くは「たったひとつの冴えたやりかた」から連なる系譜だな!

面倒くさがり屋で動かないかりんちゃんが、親友であり最愛の人であるとたんちゃんに大好きなこの気持を、大好きなまま大好き!って伝えるために頑張るお話。

百合的な意味でも大変グッドでしたがSF設定も噛み合ってかなりよかったなと。仏教的なエッセンスを色濃く織り交ぜた近未来SF。ここに“和製SF”の一つの完成形を視た。

「不動カリンは一切動ぜず」、感想。


No.6:「世界の終わり、素晴らしき日々より」
世界の終わり、素晴らしき日々より (3) (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (3) (電撃文庫)
(2013/06/07)
一二三スイ

商品詳細を見る


この作品。実は前回の20選でも紹介してたりします。でももう一回紹介しときます。それぐらい好きなんです!一二三さんの文章も大好きですし、この作品自体も好きなんだよ!

僕はね、この作品に一つの百合の形を見出してるんですよ。そこんとこを深く語りたいところですが。それは3巻の記事で充分に語りつくしてる気がしますので、もう兎に角感想見てきてください。

「世界の終わり、素晴らしき日々より 3」、感想。


No.7:「百合色学園寮」
百合色学園寮 恋人はルームメイト (二次元ドリーム文庫)百合色学園寮 恋人はルームメイト (二次元ドリーム文庫)
(2014/05/16)
あらおし悠

商品詳細を見る


女子校百合とかもう王道中の王道ですやんけ!ええぞ!直球ドストレート古式ゆかしい百合モノええぞ!すんげぇ甘いぞ!そしてえっちだぞ!ユリストならもうタイトルと表紙見ただけでレジへゴーだぜ!説明不要!!!

「百合色学園寮」、感想。


No.8:「さよなら流星ガール」
さよなら流星ガール (メディアワークス文庫)さよなら流星ガール (メディアワークス文庫)
(2014/05/24)
一二三スイ

商品詳細を見る


一二三さん2つ目のランクイン。いやね、只管に綺麗だね。これがラノベとか言ってしまうのが申し訳ないレベルだね。あと、一二三さんが商業での活動を休止するらしいね。僕はとても残念に思うよ……。

天文学+青春モノな切ない系の話だよ。皆買おうね!

「さよなら流星ガール」、感想。


No.9:「安達としまむら」
安達としまむら (3) (電撃文庫)安達としまむら (3) (電撃文庫)
(2014/08/09)
入間人間

商品詳細を見る


これを入れないなんてとんでもない!初心者に薦めたい百合ラノベランキング(僕の中で)第一位!!!!入間ー!観てるか入間ー!!!四巻出すんだよな!?なるべく早めに頼むぜーーー!!!!

今作は日常系百合モノ。きらら系コミックス大好きマンとか好きそう……って書こうとしたけど客層が合わんわな(笑)。あ、別に見下してる訳じゃないっすよ?(笑)。ごちうさ(笑)サイコー!ゆゆ式もサイコーってか?


いや、ふざけないで。ゆゆ式は普通に“最尊”だから。あんまバカにしてるとうじゅおこりゅよ?

「安達としまむら」、感想。


No.10:「虹色エイリアン」
虹色エイリアン (電撃文庫)虹色エイリアン (電撃文庫)
(2014/11/08)
入間 人間

商品詳細を見る


百合+SFって時点でもう僕が買わない要素ないじゃん。おう二回連続入間だよ。最近(といっても2,3年前?)入間の文章結構好きになってきてな。しかもこれ百合じゃん。いや、本人否定しても百合っぽいでしょこれ。入間キテるね。いいぞ。百合作家に鞍替えしたまえ。

「虹色エイリアン」、感想。


はい、という訳で今年読んだラノベ10選でした。後半になるほどレビューが適当だって?いつものことだ。

今年もあんまラノベ読まなかったなーと思ってたんですが。意外と10作品に絞るのが大変でして。最初は候補に30作品以上上がってました。それを断腸の想いで10作品まで絞った訳です。今年は豊作だったかな?

では皆さん。今年はこれにてお別れです。

来年も、面白いラノベが沢山出ますように。




スポンサーサイト

年末だし

年末なので。心機一転来年も執筆できるようにと二次落ちした作品をピクシブとなろうに上げときます。毎日更新予定。

このめちょ寒い季節に夏の話を上げるのもどうなんだという感じですが。この機会を逃すとずっとお蔵入りになる気がしたので上げちゃいます。

pixiv→明日の貴女に花束を 第一幕「α――6月24日」

なろう→明日の貴方に花束を

「紅 ~歪空の姫~」、感想。

紅 ~歪空の姫~ (ダッシュエックス文庫)紅 ~歪空の姫~ (ダッシュエックス文庫)
(2014/12/19)
片山 憲太郎

商品詳細を見る





あらすじ
大晦日を乗り越え、新たな年を迎えた揉め事処理屋の紅真九郎。崩月家で夕乃たちと穏やかな正月を過ごしていたが、
そこで、冥理からお見合いの話を持ちかけられる。しかも、相手の少女は裏十三家の筆頭《歪空》の一人娘で…! ?


六年ぶりとなる紅の新巻。正直、初めて紅の新巻が出るという話を聞いた時は絶対に嘘だと思った。どうせ出ないだろうと思っていた。本屋で最後の一冊を手にし、実物を自分の目の前に置いて初めて「マジじゃねぇか!!」と実感した程だ。

六年ってそりゃもう長すぎてな……紅は六年前の僕に多大な影響を与えてくれた作品だし、やっぱり今読んでも面白いんですよ。紅の世界観も設定も大好きですし、文章も、キャラクターもとにかく全部好き。だからダッシュエックス文庫さんは紅の新巻を出してくれたというだけで充分な功績であると思います。

さて、レーベルも一新し(といっても同系列ですが)やっと出た今巻ですが。先ずね、見開きカラーページからやられたよね。ポニテ紫ちゃん可愛すぎじゃないですか?漫画版の最終巻も結構前だったので。山本さんの紫は久々に見たのですが……めっちゃかわええやないかい!

やっぱり山本さんの絵は最高ですよ……最高。控えめに言って“最高”。

さすがは三大ロリコンラノベ。伊達じゃない。ヒロインが七歳ってよくよく考えると相当“アウト”ですよ。

で、文章ね。久々に片山さんの文章読んだけどやっぱ読みやすい。変な癖や過大装飾がされておらず、分かりやすくハッキリとして読みやすいんですよ。基本平易だけど描写不足になることもない。お手本のようでまさに文章力のある文章って感じ。最近のラノベ文章はどうもしっくりこないのが多いですからね。読んだ時思わず「そうそうこれだよこれ!」って言っちゃいました。

真九郎くんもね、相変わらずかっこよくて安心したよ。いつの間にか真九郎くんの年追い越しちゃったけど、今でも真九郎くんは僕の中のヒーローだよ。真九郎くんの割り切った性格も、それなのに感情論で物事を優先するところとか好きなんだよなぁ。善良な人間ではあるけど、正義の味方って言えるほど完璧な存在じゃない。そこがいい。紫が絡むと妙に強くなる(覚醒する)ところも相変わらず。

「崩月流甲一種第二級戦鬼、紅真九郎」の名乗りも聞けて僕満足。

内容も今の季節にバッチリ合わせてきてくれた感じだね。伏線の張り方も読んでて安心感あるわ。ただ、今回の敵は今までと比べると魅力値低めかな。歪空ちゃんの思想は確かに歪んでるけど。作中でも触れられてる通り空虚なんだよね。理由が結構どうでもいいというか……まぁ、そのどうでもいい理由で簡単に人を殺められるから恐ろしくもあるんだけど。

何はともあれ。僕がこの作品に今後期待することは、続巻が一年以内で出てくれることですかね。




満足度:★★★★☆
久々の新巻だからといって甘い評価を下す気はない。

「四人制姉妹百合物帳」、感想。

四人制姉妹百合物帳 (星海社文庫)四人制姉妹百合物帳 (星海社文庫)
(2014/12/11)
石川 博品、まごまご 他

商品詳細を見る





あらすじ
有名なお嬢様学校――閖村学園高校には“サロン”と呼ばれる友愛組織が存在する。そこに集う生徒たちは姉妹のように睦み合う。 御厨杜理子、佐用島紗智、時岡有希奈ら上級生をメンバーとし、「森」の図書館の一室でひっそりと活動している高踏的サロン「百合種(ユリシーズ)」への参加を切望する一年生・田北多恵は、サロン入会の条件である“秘密の試験”を受けることになるのだが――!?
石川博品が贈る“青春百合奇譚”


なんで僕はこんな本を買ってしまったのだろうか。時間と金の無駄だった。ふざけるなよ……Fuck you……!

そらさ。百合に惹かれて買ったんだよ。僕が百合に釣られない訳無いじゃん。例えそれが擬似餌だとしても余裕で食いつくよ?でもさ、ほんとになんていうかさ。「百合であること」の良さが何一つとして感じられなかったんだよね。

っていうかさ。これ完全に男子校のノリじゃん。僕女子校生にこういうの求めていないんだけど。女子校の実態とか色々聞くけどさ。それにしたって描き方があるでしょ。ま、僕にはこの空気感が合わなかったんだよね。

そもそも文章が気に食わねぇんだよな。なんか気取ってるし他人行事だしよぉ。感情移入もクソもねぇよ。てめぇらの日常に興味はねぇ。っていうかキャラに興味がねぇ。エピソードにも興味がねぇ。日常話書くのに向いてないよ、君。

もうさ、大体陰毛の話してるだけやん。別にそれはいいんだよ。大いに結構だよ。でも文章と内容が絶望的にあってないでしょ?これが持ち味とか言っちゃうの?ふざけないで。僕ホント切れてるからね。何にキレてるって言われたら分かっててこの本買って読んだ自分にだからね。

だってさ、作者石川博品だよ?ヴァンパイア・サマータイムで酷評した石川だよ?なんで買ってんだよって話だよ。なんで買っちゃったんだろうな……ヴァンサマはクソだったけど、それでも百合だし……で買っちゃったんだよ。実際読む前は中々良さ気じゃね?とか思ってたもん。テーマとか題材だけは良いんだよな。

もう許さねぇからな……

例え百合でも!もう石川作品は買わない!!!!

こんなの読む暇あったらとっとと六年ぶりに出た紅の新巻とチャイカ最終巻読みたかったわ!




満足度:★☆☆☆☆

僕が頂く罪の王冠。今ここに†不買の誓†

「虐殺器官」、感想。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る





あらすじ
9・11以降の、“テロとの戦い"は転機を迎えていた。
先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。
米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう……
彼の目的とはいったいなにか? 大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官"とは?
ゼロ年代最高のフィクション、ついに文庫化。


伊藤計劃氏の一作目。僕にとっては二冊目である。「ハーモニー」、「虐殺器官」と読むと。僕は氏の作品を二作しか読んでないが、それでも視えてくるものがある。氏が何を書きたいのか、何をテーマにしているか。作品にどんな傾向があるかとか。伊藤さんはテクノロジーの果てに終末に向かう世界を描くのが好きなのかな、なんて。でもそこには悲壮さとかはなくて。あくまでそこにある問題は個人とその延長線上のものでしかないんですよ。

あと、付録の対談でも語ってましたが。氏の物語の作り方は兎に角ディティールにこだわるんですよね。ゴチャゴチャとでっち上げた要素や用語を出しまくって、仮想の世界を構築していく。SFらしいやり方であり、徹底した装飾主義者です。

余談ですが、僕の作品の作り方は円城さんタイプですね。プロットとかアバウトにしか作らなくて、あまり装飾とか細部を細かく描写するというよりも。どんどん新しい構築を付け足していっちゃうタイプ。ま、どうでもいいことですが。

閑話休題。本編の感想。
僕はこの本を読む前、「虐殺器官」というタイトルを見て。人々を「虐殺」へと駆り立てる器官とは何なのか?とそこに興味を持ちました。氏の二作目「ハーモニー」の感想では「人を人たらしめる器官とは何なのか?」という疑問を抱きましたが。今回はそれにちょっとだけ近くて遠いものです。

人を虐殺へと駆り立てる器官。それは肝臓や腎臓や脳や肺と同じ、“言語”という器官。言語も人間に備わる器官の一つとして捉えるっていうのは中々面白い考え方でしたね。言語は人間が進化の流れにより獲得した器官。他の生物にはない器官であり、それ故に人に備わる「残虐性」を引き出すことも容易であると。

この作品で目を引くのは、やはりなんといっても各所に散りばめられた氏なりのSFガジェットでしょう。人工肉のインストールポッドやらナノレイヤーやら。独特の味がありますね。

そして、虐殺を引き起こす器官。虐殺の文法によりジョン・ポールが後進国に内乱をもたらす理由。母親の死についての選択。一人の女性を好きになること。それらの末。主人公が向き合うことになる、罪と罰。

自らが犯した罪に罰を与えられるのは、自分自身のみなのかもしれない。




満足度:★★★☆☆
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター