スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ノクチルカ笑う」、感想。

ノクチルカ笑う (講談社文庫)ノクチルカ笑う (講談社文庫)
(2014/10/15)
柴村 仁

商品詳細を見る




あらすじ
死体って、光るのかな。文化祭の準備中、お化け屋敷の人形を見て眩いた女子の一言を、沖津は聞き逃さなかった。人をつっつくこと、陥れることが趣味のイケメン沖津は、人形を作った美術部男子が光る死体の秘密を知っていると勘づく。美術教師には卒業生の由良彼方が着任中。「由良シリーズ」待望の新作。

完全にプシュケの系譜を踏む話はセイジャの式日で終わりだと思ってたから書店でこの本を見かけた時は驚いた。というか「由良シリーズ」なんて呼称されていることを初めて知った。最初は電撃、次からはMWになり最終的には講談社……完全に一般向けへとシフトしましたね。僕的にはこういうラノベあってもいいと思うんですけど。やはり読者層と業界がそれを許さないのでしょう。

兎にも角にも。由良シリーズの新作となれば買わないわけがありません。柴村仁さんの文章は小説家の中でもかなり好きな方ですからね。

今回も繊細で美しくどこか妖艶。それでいて残酷さと悲哀さを覗かせる雰囲気が最高でした。期待した通りの作風で安心です。柴村さんの書く登場人物は全員妙にリアリティがあるのもいいですね。どこにでもいそうな感じが。いや、勿論メインで登場しているキャラは皆他とは違う特殊な過去やら事情やら抱えているんですけど。それでももしかしたらいるかもしれないと思えるんですよね。人間、内で何を考えているかなんて分かりませんし。気付かないだけで作中のような境遇の人間が居てもおかしくないんですよ。




満足度:★★★☆☆
スポンサーサイト

「なれる!SE(8) ―案件防衛?ハンドブック―」、感想。

1巻→「なれる!SE―2週間でわかる?SE入門」、感想。
2巻→「なれる!SE2―基礎から学ぶ?運用構築」、感想。
3巻→「なれる!SE3 失敗しない?提案活動」、感想。
4巻→「なれる!SE4 誰でもできる?プロジェクト管理」、感想。
5巻→「なれる!SE5―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア」、感想。
6巻→「なれる!SE6 楽々実践?サイドビジネス」、感想。
7巻→「なれる!SE 7 ―目からうろこの?客先常駐術―」、感想。

なれる!SE8 案件防衛?ハンドブック (電撃文庫)なれる!SE8 案件防衛?ハンドブック (電撃文庫)
(2013/08/07)
夏海 公司

商品詳細を見る





あらすじ
とある大企業のコンペで、工兵は競合するライバル社、アルマダ・イニシアティブの新人エンジニア、次郎丸縁と出会う。同じ新卒ということで親近感を覚える工兵だったが―、アルマダはスルガシステムを脅かす超攻撃的企業だった!次郎丸はその尖兵として新規案件のコンペはおろか、リドルトリルをはじめ既存の顧客すら奪い始め、その魔手はついに橋本のいる業平産業まで及ぶ。危機感を募らせた工兵は全力で迎え撃つ決意を固め、立華と一致団結するが。

前巻と打って変わって、今巻は割りと爽やかな内容だったかなと思います。ただ単に前巻がドロドロし過ぎていただけな気もしますが。

なんだろう。今巻は前巻が過酷な内容だったせいか。そのテコ入れかのようにあまりストレスは強くない作品でしたね。一種の休憩のようにも感じられる。勿論本編では今回も工兵君が難易度の高い仕事に放り込まれてる訳ですが。少年漫画のスポーツモノじみた爽やかさです。

初めて出来た同期でのライバルや、因縁のあった大企業と連携して勝利を掴みにいくところ。これだけで大分少年漫画っぽさ増してましたね。今巻のテーマはまさに「友情!努力!勝利!」。

いつもは挑戦者であるスルガシステム側が今回は防衛に回るって構図も面白かったです。守るのは攻めるより難し。全力を掛けて一箇所に一時的な攻撃で切り崩すより、常に全方向に全力を向け続けなければいけない防衛側が大変なのは言うまでもないですね。


今巻でも工兵くんの前には次郎丸縁さんという素敵な努力家正統派美少女が出てきましたが……。今巻ではあの室見さんがコスプレするんですよ?わかります?この意味が?

確かに新キャラの次郎丸さんは魅力的です……


でも僕は、室見立華ちゃん!




満足度:★★★☆☆

「東京地下廻路 ~魔法少女大戦~」、感想。

東京地下廻路(アンダーサーキット) ~魔法少女大戦~ (オーバーラップ文庫)東京地下廻路(アンダーサーキット) ~魔法少女大戦~ (オーバーラップ文庫)
(2014/09/24)
小林 雄次

商品詳細を見る





あらすじ

未知なる世界には、素晴らしい宝物が眠っている――。
そんな言葉を残して消えた祖父を探すため、人口300人の孤島、東京都御蔵島から渋谷へとやってきた御蔵美波。
都会で途方に暮れる美波を助けたのは、東京を守る魔法少女、小張凛だった。
「……こんなに広い東京の真ん中で、あたしたち魔法少女が巡り会うなんて! 」
経験は浅いながらも、美波もまた、御蔵島の加護を得てご当地を守る魔法少女だった。
凛の協力を得た美波は、50年前の地下鉄路線図を手掛かりに祖父を探しを始めるが、やがて二人は何かに導かれるように地下廻路へと迷い込んで行く。
東京を守りたい――その想いがひとつになったとき、少女たちの絆がかつてない魔法を発動する!
そして魔法少女は、かけがえのない宝物を手に入れる――。


百合レーダーにびびっときたので購入。ラノベに百合作品自体少ないんですから出た側から買っていかなきゃですね。ちなみに僕。ソシャゲの方はサービス開始当初少し触りましたが、速攻でやめてしまいました。アニメ版も1,2話しか観てないです。でも大丈夫!魔法少女大戦を知らなくても楽しめる内容だよ!


ってな訳で感想。この話、テンポはいいんですけどその分薄いというか。描写が足りないんですよね。日常描写もあんまないし、ところどころ百合っぽさは散りばめられてるものの。百合的イベントをメインに進めてる訳ではないのでやっぱ物足りなく感じます。主人公とヒロインのファスキスやら一緒にお風呂なんておいしいイベントがあるのに、それに対しての描写に力が入ってないのも納得いかないです。あっさりしすぎでしょ!

まぁ、テンポ自体はいいですし面白く一気に読めはしたんですけど。なんというか後々全然記憶に残らない作品だなー、と。綺麗にまとまってはいるんですけど詰め込みすぎっていうのかな?ダイジェスト版を見せられてる気分。戦闘描写もなんだかやる気あるのかないのかわからないしね。そして何よりもご都合主義的な部分が強いんですよ……。あまり伏線が伏線として機能していないといいますか、説得力を感じない。

途中シンフォギア的な盛り上がりと熱さを期待したんですが……やっぱりそうはなりませんでしたね。いや、でもこれアニメなら化けそうな話だと思いますよ?是非アニメ化して欲しいです。1クールかけて。


最後に。一応注意書き?として書きますけど。この作品。僕個人としては友情百合としては結構気に入ってる(展開自体は好きなので)んですが。結構男キャラが絡んでくるので百合スキーの人達には注意喚起しておきます。主人公が祖父を大好きなので(恋愛感情に近い)、ちょくちょくそういう心情を語るシーンもありますし。物語自体にも祖父が結構登場してます(しかもイケメンの姿で)。祖父との肉体的コミュニケーションも多いので耐えられない人もいるかもしれませんね(主人公はもとよりスキンシップが激しい)。




満足度:★★★☆☆
個人的に3.5~くらいはあげたい。もうちょっと紙幅というか巻数があれば確実に★4以上はいくと思う。まぁ、著者の文章力自体にも少し問題があるが。それでも、酷いという程でもないし充分許容範囲だ。なんか色々と惜しい。

「なれる!SE(7) ―目からうろこの?客先常駐術―」、感想。

1巻→「なれる!SE―2週間でわかる?SE入門」、感想。
2巻→「なれる!SE2―基礎から学ぶ?運用構築」、感想。
3巻→「なれる!SE3 失敗しない?提案活動」、感想。
4巻→「なれる!SE4 誰でもできる?プロジェクト管理」、感想。
5巻→「なれる!SE5―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア」、感想。
6巻→「なれる!SE6 楽々実践?サイドビジネス」、感想。

なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)
(2012/08/10)
夏海 公司

商品詳細を見る





あらすじ
毎度おなじみの社長の強権発動により取引先のオフィスに常駐勤務となった工兵と立華。常駐先は国内最大手のコンピュータ企業で、なんと藤崎の古巣だという。大企業なので、さぞかし豪華な業務環境に違いない…、と勇み立つ工兵。しかし、二人を待ち受けていたのはプロジェクトルームと呼ばれる、理不尽かつ不自由極まりない場所だった!いつもと勝手が違う環境で二人は苦境に立たされるが、そこで工兵が見出した一手とは!?萌えるSE残酷物語第7弾。

なんだか久方ぶりの感想更新となります。別に今迄本を読んでいなかったというわけではないですよ?ただ、文学作品を重点的に攻めていて……あんま感想書く気が起こらなかったので。え?いっつも大して更新してないじゃないかって?その通りですな。


という訳で萌えるSE残酷物語第七巻です。前巻から約一年程空いてますね。まぁ、そんなことはいつものことなんでどうてもいい。兎に角、今巻に限っては萌えるSE残酷物語じゃなくてただのSE残酷物語です。多分、今迄で一番ハードだったと思います。いやぁ~読んでる途中ストレスがマッハでしたね。目からうろこの客先常駐術?とんでもない。目から涙ですよ。


工兵君の仕事相手大抵酷いけど……今巻では特に酷かったですね。酷いというかゲスい。人を人とみなさない。労働単位として換算する。まさに金は命より重い。いつ大濠の野郎をぶん殴るのかなとワクワクしながら読んでましたが、そこは社会人。直情的な手段には出ずに奸計を繰って相手を食う。爽快感は薄れますがそれでこそ社畜派ラノベ。

しかし今巻でも室見さんは最高の上司だった……。藤崎さんも上司としては欲しいけどやっぱ室見さんだよなぁ……。エンジニアの鑑やでぇ……。

貝塚さんなんていう新しい女性キャラも出てきましたどぉ~~~~……


でも僕は、室見立華ちゃん!!!!!!!!




満足度:★★★★☆
星5でもいいと思えるレベル。

一次通過しました

タイトル通り。一昨日発表された第二回OVL文庫大賞第二ターンの一次を通過していました。小説を書こうと思い立ってから約一年と4ヶ月。やっと一次通過ですね。取り敢えず最初の一歩を踏み出せた感じです。多少は自信を持てました。

今回は前作の改稿作を一つ、新作を一つの計二つ応募させていただきました。通ったのは改稿した一作だけでしたが、もとより新作の方は一度没にしたもので。それでもまぁ、どうせ落ちても評価シートもらえるしと出した作品なので当然の結果かなぁと。

で、先ずは改稿作(通った方)の評価シートを観てもらって自分なりの所感を述べていこうと思います。

明日花評価シート2

先ずストーリーラインについて。これに関しては前回の方が評価高かったですね。改稿することによりストーリーの本筋が変わった訳ではありませんので、今回の下読みさん的にはマイナス点で気になる部分が大きかったのでしょう。ストーリラインについての仔細では序盤(第一章)の牽引力や存在意義、目的などが分からないといった理由で点数を低くされてるようですが。僕的には充分意味のあるシーンだし、寧ろそこがなければクライマックスに繋がらない部分なんだけど……。うーん、まぁ自分で書いてても複雑すぎるなと思っていたのではこれは全面的に僕に問題がありますね。


次に世界観・設定。前向性健忘症の設定に葵が朝顔の告白を断る理由としてしか機能してない、と書いてありますが。前向性健忘症でなければいけない理由ってのは他にもあるんですよね。他世界の構築と分岐の重要な鍵となるんですが……分かりづらかったかな。ミステリ部分という意味でも一章全体や構成が独特で複雑な理由として前向性健忘症が使われてますし……。

相手に読解力を求めすぎているのでしょうな僕は。
更には僕の作品が「紫色のクオリア」や「みすてぃっく・あい」に劣っていると言われる始末です。僕も紫色のクオリアより凄い作品を書けるだなんて思ってはいませんが、みすてぃっく・あいよりは確実に面白いだろうと思っていました。完全な驕りですね。


構成に関して。つまりはラノベ読者層のことちゃんと考えろやボケェ!ってことですね。親切過ぎるくらいが丁度いいと。僕の作品はどうやら相当に不親切らしい。分からなかったら分かるまで読むものじゃないのか……。


文章力。どうやら去年よりは上がっているらしい(後々載せる新作の方の評価シートでもわかるが)。僕としてはあまり実感がない。語彙力は上がったけどそれを使いこなせてるかどうかは別問題だし、実際自分が使いこなせているかには疑問がある。っていうか各段落頭の一字下げ。そういうのっていざ発売って段になって校正されるもんだとばかり思ってたけど応募段階でも見られるのね。今度から気をつけよ。


総評。個人的には応援するけどSF+百合とかラノベ向きじゃねぇってことを言いたいらしい。なんでや!百合最高やろ!SF最高やろ!確かに僕の話は全然ライトじゃないけどな!気をつけよう!うん!



とまぁこれが今回通った方の評価シート。長々と書いたけどまだもう一枚評価シートあるんですよ。折角なのでそちらも載せますよ。もう暫くお付き合いを。

幸せな世界の終わり方

という訳で落ちた方の評価シートですが。それでも15点と意外と高い。うん、まぁ僕の地力がどの程度か知れますね。
ぶっちゃけ前作(明日花)ありきの話なんで、そもそもこれ単品で出すこと自体おかしいんですが。

この作品に関しては……うーむ。どうするべきか。特にこれといってコメントがないですね。改稿点としては葵の方にスポットを当てすぎたといいますか。比重を割きすぎたかなぁ~と。前作のことは忘れて完全新作として作り直しましょうか。

っていうかこれの評価シートでもやんわりと百合はやめとけって言われてるよ!っていうか僕の作品の方向性に近いレーベルってどこだよ!知ってるならもう紹介してくれ!


二つの評価シート晒しも終わったところで今回の通過率。今回は323作品中の44作品なので通過率自体は前回応募した時よりも厳しかったみたいですね。僕より下に279作品もあると思うと不思議な感じです。ただ、二次からはより商業的に観て売れるかどうかを考慮して評価されるので。僕のような作品は確実に次で落ちると思います。無念なり。百合で受賞したいなら百合が許容されそうなところに出すか(ラノベより一般の方がマシな可能性もある)、百合という枷をつけても尚受賞させたくなる程高クオリティな作品書くしかないですね。

ちなみに僕が本当に通ってるか確かめたい場合OVL文庫のOVL文庫大賞のページ開けばすぐ分かると思います。「東 京人」名義で割りと最初の方に載ってるので。


総括。百合は修羅の道だけど、それでも僕は!百合が書きたいんだ!かわいい女の子になりきって!かわいい女の子とイチャイチャ出来る!!!それが百合小説のいいところ!!!僕の夢!!!!僕は美少女になって美少女とイチャイチャしたいの!ラノベ読者はそう思わないかい!?

ってことでこれからも百合モノばっか書いてると思います。今は上記2作品の改稿よりも新作を書き上げたいところですね。

「棺姫のチャイカⅩ」、感想。

棺姫のチャイカ (10) (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカ (10) (富士見ファンタジア文庫)
(2014/09/20)
榊 一郎

商品詳細を見る





あらすじ
全ての『遺体』が集まり、黒チャイカの儀式によって現世に復活を果たした“禁断皇帝”アルトゥール・ガズ。しかしそれは同時にチャイカの生きる目的だった父親の『遺体』を集める行為は、ガズ皇帝によって使い捨ての道具として仕組まれたものであるという真実を知ることになる。与えられた使命すらも無くし、生きる目的を失ったチャイカに、トールは声をかける。「我が主。初めて会った時の事を覚えているか?」かつて自分が言われた言葉を今度はチャイカに向けて―。再び。見つける。今から。もう一度。

チャイカシリーズもいよいよ十代に突入。しかし次巻で最終巻である。という訳で秋からはオリジナル展開を見せるアニメチャイカ二期も始まる棺姫のチャイカ10巻です。

今巻は激動の前巻と最終巻とを繋ぐ小休止回って感じでしたね。基本的に話が進行する事や驚きの急展開とかはなく真実を開示する回でした。今迄ぼんやりとしか分かっていなかった敵の正体がハッキリとし、次巻どんな展開を見せるのか。どう収束させるのか楽しみですね。

そんでもって、今巻では存在意義をなくしたチャイカ達に。生きる目的なんて、そこまで拘泥するようなものじゃないと。新しく見つけて、取り替えられるものだと諭し慰める回でもありましたね。チャイカちゃんが立ち直ってくれて良かったです。

後、竜騎士になったお兄さまが無双するのかと思ってたらそんなことはなかったぜ!ガズ皇帝相手に苦戦するなら分かるけど普通のモブ敵(といっても一応リミッター解除チャイカシリーズだから弱くはないが)に苦戦を強いられてたのは「あれ?」って感じでした。まぁ、それでも充分戦闘が面白いし元々俺TUEEEモノじゃないしいいんですけどね。

いやぁ~それにしても流石は榊さんというべきか。筆力も構成も安定してて面白いですね。別に今巻は盛り上がるような内容でもなかったのにスラスラ読めました。




満足度:★★★☆☆
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。