スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「終物語 下」、感想。

終物語 (下) (講談社BOX)終物語 (下) (講談社BOX)
(2014/04/02)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る





あらすじ

“それがきみの――青春の終わりだ。”大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と、最終決戦の号砲だった――すべての<物語>はいまここに収束する……!


阿良々木暦という存在と、彼の青春の物語。ついに決着!

ということで化物語シリーズファイナルシーズン最終巻です。いや~、あとがきで言われて気付きましたが。このシリーズ初出から10年も経ってるんですね。10年前って言ったら僕なんてまだ小学生だしヘタすると小説よりも漫画の方が読んでたかもしれません。

今巻の冒頭は、時系列的には上巻の続き。阿良々木くんが三昧に卸され……ではなく輪切りされた直後からです。もうね、初っ端から地獄ですよ。最終巻だけあってトバしてますね。まぁ、トバされて上に昇らず落ちた結果の地獄なんですが。
さてさて。そんな地獄から始まる最終巻。ハチクジィ!と地獄を回り、過去を回顧し、ガハラさんとデートし__そしていよいよ扇ちゃんとの対決です。

扇ちゃん。彼女をなんとかしなければ、彼の青春は終えられない。なぜなら彼女こそが、彼にとっての青春の象徴だから。いやぁ~しかし。扇ちゃんをいざ倒すとなってからの話の運びは面白いですね。スムーズで引き寄せられる情報の見せ方しますよ。やっと明かされた扇ちゃんの正体も、扇ちゃんの倒し方も、決着の付け方も面白い。

正体不明であった敵の正体が、実は自分自身。自分の影。自分が生み出した存在だったと。ありきたりな話の筈なのに、なぜか予想する事が出来ませんでした(扇ちゃんのミスリードのせいもあるけど)。だからこそ、面白い。使い古された手法も、見せ方次第ですね。

扇ちゃんの決着。つまりは阿良々木くんの青春の結末もまた面白いものでした。予想外であはあるけど、しっくりくる。ある意味では彼らしくないけど、この一年での彼の成長があったからこその行動なのかな、と。自分を捨てて他人を助けてきた阿良々木君が、最後は身を挺して、自分を拾って自分を助ける。間違いだらけの青春だったかもしれないけれど。それを正すことが、必ずも最良とは限らない。近視的なモノの見方しか出来ない故に得られたハッピーエンドだと思います。後最後の忍野の登場にも心躍りました。ここで初期からある忍野の科白「人は勝手に助かるだけ」に繋がるわけですね。台詞の通り。阿良々木君は、誰に助けられるでもなく、自分勝手に自分を助けた訳ですから。


これでめっちゃ綺麗に終わったわけですけど。なんだかんだでまだ一冊残ってるんですよね。後一冊。一体何を書くのか。楽しみです。

前回ははよ終われとは言ってのに、いざ本当の終わりが見えてくると寂しいもんです。この巻が面白かっただけに。いや、ほんと。よく綺麗に締めたなと思いますよ。色々とこじつけがましい所も多いですけど。西尾は話の運び方が上手いんで、多少の引っ掛かりもスルー出来てしまうんです。




満足度:★★★★☆

スポンサーサイト

「世界の終わり、素晴らしき日々より 3」、感想。

1巻→「世界の終わり、素晴らしき日々より」、感想。
2巻→「世界の終わり、素晴らしき日々より 2」、感想。

世界の終わり、素晴らしき日々より (3) (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (3) (電撃文庫)
(2013/06/07)
一二三スイ

商品詳細を見る





あらすじ
突如、人類のほとんどが消えた“終わってしまった世界”。そんな世界を古いトラックに乗って旅するチィとコウ。敵対する近隣国『高国』の皇子で、コウの幼馴染みだった“彼”の足跡を追い、未だ争いが続く北海道を目指す2人。しかし、北上すればするほど戦火は激しさを増していくのだった…。「一緒にいきたい」。そう誓った2人の目に映るものは―壊れかけの家族、兵士からのプロポーズ、バリケード、遺書、再会、一発の銃声…。別れのときはすぐ目の前に近づいていた。そしていくつもの季節が巡り、素晴らしきこの世界は―。

二人が巡る、終わりの世界。ここに完結。

最初はタイトルと表紙に惹かれ、読んだ後は文章と世界観に魅せられたこの物語。三巻と少なく感じるんですが、それでも十分上手くまとまっておりました。なんだか、すごく長い間を一緒に旅していたような、重厚な感慨深さがあります。残りのページ数が少なくなっていき、物語の終わりが見え始めた頃から。なんだかこみ上げるものがあって泣きそうになってしまいました。

この物語。特に起伏が激しいタイプでもドキドキするような話でもないし。読んでる途中は退屈に思う事もあるけど。読み終わってしまうと兎に角悲しくてしょうがないんですよね。なんなんでしょうこの気持は。日常系アニメの最終回を迎えた時のような気持ちです。今迄そこにあって、自分を支えてきてくれた当然のもの。それが突然なくなって。なくなってから、大切さに気付く。探したくてももう探せない。戻ってこない時間。
やはりこの作品は、そういう意味で最高の日常作品でした。日常の大切さを教えてくれる良い作品です。

細部に目を当てますと。王子が死んでしまうところなんかは、ちょっとあっさり気味に感じて「あぁ、尺が足りなかったのかな」なんて思ったんですが。後から出てきた手紙の所で哀しみが押し寄せてきましたね。コウが王子に抱いていた想いと、王子がコウに抱いていた想い。互いの想いが、やっと交差して結ばれたんだな、って。

十年後のコウ達の話も凄い好きでした。成長したチィとコウ。それでも、二人の関係は変わらない。

最後に。総評として。僕はこの作品を、若干の百合的雰囲気を感じながら読み進めてきました。二巻でその雲行きは怪しくなり、三巻ではそもそもコウの初恋の相手を探す話だし、チィは異性と結婚しようとするしコウは気になる異性はいるしで……全然百合じゃないんじゃないかと。

でもさ、それでも二人の関係が美しく尊い事に変わりはないんだよ。例え百合じゃなかったとしても。そんなの些細な事じゃないか。初恋の人で、大切な人。二人は恋人なんかよりも、もっと特別な関係なのだと思う。

二人で十年後再開した時、一緒に旅に出る程に。

この作品には某作品よりこの言葉を送る。「全てを捨てて旅に出ないか?」

彼女たちならば、笑顔でこの言葉に「もちろん」と頷いてくれるだろう。

以上。世界の終わり、素晴らしき日々より




満足度:★★★★★
読後感が素晴らしい。暫くは余韻に浸ってしまう。何気に満足度平均が一番高いシリーズではないだろうか?点数だけで言ったらイリヤと同等かそれ以上だぞ……。

「アイドライジング!〈2〉」、感想。

1巻→「アイドライジング!」、感想。

アイドライジング!〈2〉 (電撃文庫)アイドライジング!〈2〉 (電撃文庫)
(2011/06/10)
広沢 サカキ

商品詳細を見る





あらすじ
アイドルデビューをきっかけに、海上都市ニライカナイの高校・鳴谷鴬へと転入したアイザワ・モモは、なんとハセガワ・オリンと同じクラスに!積極的に声をかけたり、シャワールームで裸の付き合い(?)をしたりして、なんとか仲良くなろうとするモモと、それをことごとく突っぱねていくオリン。そんな噛み合わない二人だったのだが―。

買うぜ百合ラノ。読むぜ百合ラノ。圧倒的マイナージャンルで売上も芳しくない百合ラノベ。買って支えなければ。

という事で王道百合シンデレラストーリーアイドライジング!二巻です。当時一巻読んだ時はただ只管に「おもしれぇ!最高や!」としか思わなかったんですけど今(小説書くようになってから)読むと文章面での粗というか気になるところが見つかってきますね。
個人的に一人称が好きだから三人称自体合わないってところもあるんですが。それを抜きにしても。

まぁ、文章の事は取り敢えず置いときましょう。及第点ではありますし(何様だ)。

今巻の友情!努力!勝利!の図式を見ていると少年ジャンプ的な部分も感じるんですが。個人的には「あ、これ女児アニメや」と思いました。アイカツやらプリキュアやらの雰囲気に近い。でもヘタすると百合っぽさは最近の女児アニメの方が濃いかもね(侮れない)。アイドライジングは百合は百合でも友情百合!そして友情百合といったら女児アニメ!つまりアイドライジングは女児アニメ!!

前巻同様主人公モモちゃんの直向きさに癒されるし応援したくなります。ツンツンなオリンちゃんと打ち解けていく過程も完璧。オリンちゃん超絶可愛い。悶える。なんかもう王道っぷりとかこっちのツボを抑え過ぎてて感想が全て「素晴らしい!」の一言に集約されちゃうね。頑張るモモちゃんのボロボロな笑顔はどんな花より輝いてるよ!(書いててかなり恥ずかしい)

アイドライジング!是非アニメで観たい作品ですね。百合ラノベでアニメ化した作品って今迄なかったと思いますし、これを嚆矢に百合ラノベブームがくれば……ッ!僕にもチャンスがある筈!ただ、作者が5巻を出せてないところをみるにやっぱ売上の方が……。このままだと打ち切りになっちゃう!皆、買おう!いや、買ってくださいお願いします!なんでもはしませんけど!

兎に角。今巻も我が子を見守る父親のような気持ちで読めました。百合ラノベブーム来ないかなぁ……。




満足度:★★★★☆

3巻→「アイドライジング!〈3〉」、感想。

「終物語 上」、感想。

終物語 (上) (講談社BOX)終物語 (上) (講談社BOX)
(2013/10/22)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る





あらすじ
真っ暗な眼の転校生・忍野扇。彼女が微笑みながら解き明かす、阿良々木暦の“始点”とは…?高校一年生のあの日、少年は絶望を味わった―これぞ現代の怪異!怪異!怪異!青春の、終わりを告げる影がさす。

中巻を読んでしまった以上。いつまでもこれを放置しているのも気持ち悪いよなぁ……という事で読みました。下巻も出ている事ですし。

今巻は阿良々木君の性格に起因する話。阿良々木君のルーツを辿る話。忘却してしまった懐古を、回顧する話。

この巻で特に扇ちゃんの不気味さというか、気持ち悪さが際立ってきましたね。明確な悪意とか敵意とはまた違う。得体のしれない不快感。靄のように掴めない彼女の正体は果たして……。

ここにきて新ヒロインというか、結構インパクトのあるキャラが登場したのには不意を突かれました。ハウマッチさん……。まさかの幼馴染キャラですよ。これ以降出番はなさそうですけど。ただ気になるのは、ハウマッチさん以外にも阿良々木君には幼馴染が存在しているって所ですね。今後それについて触れるエピソードがあるのか。

また、今巻では今迄と少し趣が違うといいますか。ミステリー風な話になってましたね。趣を変えて味を出す。まさに趣味で書かれた小説。でも個人的に。西尾さんはあまりミステリーは向いてないんじゃないかな、と思ったり。「おうぎフョーミュラ」は面白かったけど。
会話劇とか話の見せ方、進め方は評価できるけど。決してミステリーのトリック自体は大したものではない。

最後の手紙の内容とか気になるけど、明かされるんだろうか?まさか答えを明示しないまま……リドルストーリーで終わるなんてないよね?

兎にも角にも。忘れすぎな阿良々木君のせいで作られた。過去を見直し、終わりを進める物語。彼の物語の終着点は、何処へ至るのやら。




満足度:★★★☆☆

「どろぼうの名人」、感想。

どろぼうの名人 (ガガガ文庫 な 4-1)どろぼうの名人 (ガガガ文庫 な 4-1)
(2008/10/18)
中里 十

商品詳細を見る





あらすじ
私の名前は初雪。もうすぐ15歳になる。

「古本屋の川井さん、覚えてる? 昔、連れていったでしょう。あの人の、妹になって」。美しい古書店店主・川井愛は私を欲しがり、姉は彼女に私を差し出した。川井愛との不思議な生活。飽きられないように、愛し続けられるように。私は、姉の命を守るために、姉にいわれたとおりにつとめを果たさなければならない。つとめだから? むしろ義務でなければ……私は、自分から、彼女を好きになるのだろうか―――


前々から気になっていた作品だったのをやっと読めました。評判通り中々良い百合。少女の語り口調で紡がれる物語は童話のようで、どこかふわふわと可愛らしく、現実味がない。しかし、そんな語り口調が物語全体の雰囲気と合っていて心地よい。作中で度々登場するグリム童話のラプンツェルやどろぼうの名人、かえるの王様といったお話達もこの物語の雰囲気作りに一役買っている。あまり起伏のあるお話でも驚くような展開があるわけでもないが。ゆったりと、心を落ち着かせながら楽しむ事が出来た。

一言でいうなら雰囲気ラノベといったところだろうか。
本作では愛さんと結ばれたが。個人的には文ちゃんが好み。何とも可愛らしい少女じゃないか。その有り様は、どこまでもいじらしい。

この作品で一番面白いとこは何かと言われたら。僕は淀みなく「作者自身」だと言い切れる。中里さん。中々に変人面白い人だと思いますね。あとがきや紅茶事件もそうですけど。気になる人は作者について調べてみるのもいいかもしれません。

あとはそうですね。佳作なのに金帯なのが印象的でした(どうでもいい情報)。




満足度:★★★☆☆

「ベン・トー 12 デザートバイキングプライスレス」、感想。

ベン・トー 12 デザートバイキングプライスレス (ベン・トーシリーズ) (スーパーダッシュ文庫)ベン・トー 12 デザートバイキングプライスレス (ベン・トーシリーズ) (スーパーダッシュ文庫)
(2014/02/25)
アサウラ

商品詳細を見る





あらすじ

半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋が、狼となってから出会った仲間たちと想いをぶつけ合う甘~いエピローグ集!気持ちを受け止めてもらったはずの槍水との未来は?そしていつも隣にいる著莪との関係はどうなる?さらにいつも周りでアクセル全開で暴走状態だった沢桔姉と噛み合う時は来るのか?そして白梅は?その他にも茉莉花とのタイホ寸前の××や、烏頭VSあせびちゃんのオカルトバトル、茶髪の想い…など、胸焼け必至のデザートバイキング!一緒に戦い、喰い続けてくれた皆様に感謝を込めて、庶民派シリアスギャグ・アクション、これにて完食!!


甘い……甘いぞ!甘すぎる!胸焼けするほど甘々な、まさにイチャイチャのデザートバイキングや~!!

はい。という訳でベン・トー最終巻です。最終巻というか後日談というか、短篇集みたいなもんなんですけどね。なんていうかエロゲヒロインの各個別ルートを見せられているような内容でした。もうね、僕には辛い。僕みたいな人間には凄く辛いね。その甘さに、途中何度も読むのを中止したさ。まぁ読んだけどさ。

一応これで最終巻という事ですが……なんか、感慨深さみたいなのはやっぱないね。前巻でそれがピークだったってのもあるけど。そもそもベン・トーという作品自体にそこまで思い入れがなかった……?いや、そんな筈は……。

多分。ここ最近僕が読んでるシリーズがどんどん終わっていくのでお別れ慣れといいますか。終わりに特別心が揺さぶられないようになってしまったんですかね。

短篇集なんで本来なら一話ずつ感想載せていくべきなんですが……そういうテンションじゃないっていうのとそもそも数が多すぎて面倒なので今回はなしです。個人的に好きなエピソードはやっぱり「祝福されし名も無き狼たち」、ですかね。茶髪と顎鬚と坊主の三人組の間に漂う空気が好きだから……。他はまぁ……僕個人といては「あぁ、もう……」という感じだったんで。

という訳で。「もう食べきれない満腹だよ~」という時にトドメだと言わんばかりに出された山盛りデザートのような巻でした。

今度という今度こそ。六年間。お疲れ様でした!

そして。ごちそうさまでした。


<完食>




満腹度:★★☆☆☆
満腹って意味ではこれ以上無いほどですが……ぶっちゃけ蛇足です。満腹というか、圧迫って感じ。ただ、ラストの槍水先輩の話だけはラストに相応しいものだった。

「未姦成少女篇」、感想。

セックス!

あらすじ
パパとセックス!同級生とセックス!兄とセックス!はぁ~~~~セックス!

どうも。精液滴る良い男。キョウトです。今日はちょっと友人の付き添いでアキバに行った時見つけたこの本をレビューしたいと思います。いや~ね。ムスコがどうしても欲しいっていうんでね。買ってあげたんですよはい。そのせいで僕の夕飯はカロリーメイト(メープル味)だけになりました。

今回もテンション高くレビューしていきたいとこですが。現在抜いた後なので正直もうやる気ないッス。原稿もやんなきゃあかんし。サラっと済ませるっすよ。

「つくってオナろ!」
これを読めば貴方も簡単に娘オナホを作れるゾ☆

やっぱりぃ~僕としてはぁ~嫁を娶るっていうことはぁ~娘とセックスするための行為だと思うんッスよ~~~~~。

絶対娘とセックスしような


「あひるの娘(全2話)」

え……?え?ちょっと鬱なんッスけど……。マジ自分そういうの苦手なんで勘弁して欲しいッス……。

マジ自分も三都ちゃんとセックスしたいッス……。したいッス……したい……スゥウウウ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!

はぁ~~~~~っ(溜め)!エロい!!!逸材!キミ、逸材!!ハァ~~~レッ!


「ちびよめたま」
いや~キツイっす(苦笑)

自分ガチペドとかじゃないんで~~~~いや~~~~キツイッスワぁ~~~~~~!


でもでもぉ~~~。快楽を貪るだけのセックスじゃなくてぇええ~~~~~子孫繁栄のためのセックスッスからぁあ~~~~しょうがないッスよねぇええ~~~~????

延々と紡がれていく人々の営み……あぁ、これが人生か。

Yes Fuck you!



「出会いにごちゅうい!?」

ん~~~~???ん~~~~???あるある。よくあるよね~~~。援交してたらおやじとぶつかるとか。マヂ爆笑だし。アリエンティー~~~~!!!

早く僕も娘作らなきゃっ(使命感)


「普通の父娘恋愛」

やっぱり女子中学生の膨らみかけ微乳を……最高やな!


「エプロンにごちゅうい!?」

いいゾ^~~~~~!つんとしたおっぱいたまらないんじゃ^~~~~~!!!

ちょっと僕ハガレン観たいんで適当に終わらせるヨ☆


「おかしの家」

あたまおかしい(小声)

ちんこがもっていかれる^~~~!


「むすめいき」

若さ若さってなんだ!???性におおらかなことさ!!!

よし!パパとセックスしような!!!

僕も娘となし崩し的にセックスしたいんだよ!!!!

はっはっは、気の利いたまんこだぜ!


「おかーさんに黄泉がえりっ!」

いやさ。もうさ。僕もこのテンション疲れたわけ。分かる?御託とかいいのよ。セーラー服着た娘とセックスしたいじゃん?もはやセーラー服とセックスしたいじゃん?お、僕セーラー服もってるわぁ~~~~!!!よっしゃぁ~~~~セーラー服と性交できりゅぅうう~~~!!


ってそうじゃねぇ!

叶わぬ夢は捨てることだな……。

まとめ。多分僕は小中学生とセックスするためにこの世に生を受けたのだと思う。だというのに、僕は未だに童貞です。これはもう娘を作って自分好みの女子小学生をカスタマイズするしかありませんね。そうなるとまず嫁さんを……。

嫁さんって……16歳以上ですよね?

……

…………

いや~キツイっすわ(諦観)




満足度:★★★☆☆
実用性:★★★☆☆
絵の巧さ:★★★☆☆
ストーリー:★★★☆☆

「ベン・トー 11 サバの味噌煮弁当【極み】290円」、感想。

ベン・トー 11 サバの味噌煮弁当【極み】290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー 11 サバの味噌煮弁当【極み】290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2013/11/22)
アサウラ

商品詳細を見る





あらすじ
半額弁当バトルに青春を賭ける佐藤洋は魔導士に拒絶され、涙する槍水を見て以来、HP同好会の部室へ向かう足が遠のいていた。そしてその夜を境に佐藤、槍水共に弁当の奪取率が急激に落ち込んでしまう。この状況を変えるために、白粉は一人魔導士へ戦いを挑むのだが…。そして悩める佐藤が狼として、男として槍水に告げた決意とは…?「最強」の称号と“極み”と名付けられた弁当を手にするため、今、狼たちが集結する!半額弁当をめぐる青春シリアスギャグ・アクション、史上最大の特盛りで贈るクライマックス!!

今、万感の思いを込めて。ここに言おう。いただきます、と。

実質の最終巻。驚きの分厚さでお送りするクライマックス!最強の名を関する狼“金城優”との決着。そして佐藤が抱いていた想いが、槍水先輩の願いが、溢れだす!

最初から最後までとことん熱かったな……ベン・トー。ほんとに大好きな作品だったよ。一応まだこれが最終巻という訳ではないのですが。次巻の12巻は後日談的なものっぽいので物語としては11巻がラストに相応しいかな、と思います。

ベン・トーという作品は……読めば読む程深みが増す。味わい深い作品ですね。まだ狼が“騎士”と呼ばれていた頃の話とか、初代最強である“アーサー”の話とか。もう語られる事はなさそうですがそれだけで1つ物語作れそうです。

やっぱり……ラストは金城先輩が敵じゃないと締まらないですもんね。うん。理想のラストバトルです。佐藤が今まで託されてきたものをぶつけ、全てに終止符を打つ。それは狼としての頂点という意味だけでなく、自分の恋にも。

何も持たない故に最強であった“金城優”と、何もかもを持ったまま最強へ立ち向かった“佐藤洋”

ベン・トーという作品はそんな正反対な二人の恋と、飢えを掛けた物語だったんじゃないかと思います。

全てを捨てて最強に至った孤高な天才は、どんなものをも取り込もうとする馬鹿に手を差し伸べられ、孤独をなくし最強を捨てる。孤高であるが故に最強だった金城優は、佐藤洋という敵すら仲間に引き入れる愚直な男によってとっくに孤高ではなくなっていたのだ。

色々あったけど、佐藤が報われてよかったかなという気はする。報われなかった人達もいるけど。それでもやっぱり、先ずは主人公が幸せにならなきゃな。

何だろう。色々書きたい事はあった筈なんだけど……後ろを見ずに一気に駆け抜けた感じに読み終わったから何を書きたいのか忘れちゃった。うん。後どうでもいいけどベン・トー読んでるとソイジョイとカロリーメイト食いたくなるよね。

あー……僕もこんな青春を送りたかった……。羨ましいぜ。眩しいぜお前ら……。




満足度:★★★★☆
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。