スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ナルキッソス」、感想。

ナルキッソス (MF文庫 J か 5-1)ナルキッソス (MF文庫 J か 5-1)
(2008/07/23)
片岡とも

商品詳細を見る





あらすじ
「…ただ、生命の尽きる場所」。ある冬の日に阿東優が入院した「7F」は、そういう場所だった。そのことを彼に告げたのは、長い黒髪を持つ同じ入院患者の美少女。名前はセツミ、血液型O…手首の白い腕輪に書かれていたのは、ただそれだけ。他にわかることといえば、いつも不嫌機そうな顔をしているということと、優より年上なのに、まるで子供のような外見だということぐらい。最期の時を迎えるのは、自宅か7Fか。いずれの選択肢をも拒み、ふたりは優の父親の車を奪って走り出す。行き先も、未来さえも持たないままに―。人気ゲームクリエイター片岡ともが綴る感動のストーリー、待望の小説化。

なんとも、ラノベらしくない作品だった。ライトノベルで扱うテーマとしてはあまりにも重すぎる「生」と「死」。全然ライトじゃない。しかし、文体自体はものすごくライトで読みやすかった。勢いがあるというか、すっと心の中に入っていく文章だった。無駄な装飾をせず、ただ伝えたい事を的確に相手に伝えようという意志を感じさせた。

特に大きな盛り上がりもなく、淡々とゴールに向かっていく話なのだが。なぜか退屈はしなかった。読み始めたら止まらなくて、結局一気に読みきってしまった程だ。自分は割りと飽き性なので小説等も何回か休憩を挟んで読む事が多いのだが。この作品にはそんなものは必要なかった。この作品が放つ独特の雰囲気に、あてられていたのだろう。

この作品を読んで。もしも自分の親友と呼べる程の仲の人間が入院し、死を待つしかないと言われた時。自分は最期までお見舞いにいってやれるだろうかと考えた。きっと僕は、出来ないだろう。最初の頃は行ったとしても、一ヶ月もすれば通う事もなくなる。たまに思い出しはするけれど、態々お見舞いに行こうとまではならないと思う。それは別に僕が冷たい人間だから、という訳ではないと思う。
僕はそれなりにお人好しで、善人で、でもあくまで普通の人間だ。自分の日常を崩してまで誰かのために何かをしようとは思えない程度の。

この作品は、どこまでも切なくて、でも不思議と綺麗な話だった。近年のライトノベルのようなドキドキ感はないが、それでもこの作品には人の心を惹きつける魂〈チカラ〉がある。




満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

「少女には向かない職業」

少女には向かない職業 (創元推理文庫)少女には向かない職業 (創元推理文庫)
(2007/12)
桜庭 一樹

商品詳細を見る





あらすじ
あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した…あたしはもうだめ。ぜんぜんだめ。少女の魂は殺人に向かない。誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだけだったから―。これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。『赤朽葉家の伝説』の俊英が、過酷な運命に翻弄される少女の姿を鮮烈に描いて話題を呼んだ傑作。

桜庭一樹さんの小説は「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」しか読んだ事なかったのだが。それが大変僕に感銘を与える作品となり、僕の心に深く刻み込まれた故か。ブックオフでたまたまこの本を見かけた時。自然と手が伸びていた。この作品からは砂糖菓子と同じ匂いを感じたのだ。「少女」「殺人」「閉塞感」「現実」「大人」。砂糖菓子と同じく、夢や希望とは正反対の、どこまでもどろどろとして飲み込まれてしまいそうな暗いテーマを感じさせる作品だった。

桜庭さんに女子中学生を書かせたら右に出るものは居ないなと思いました(変な意味ではなく)。その年代特有の無力さや繊細さをよく出せています。この作品は、おそらく中学二年生の女の子が主人公でなければ成り立たなかった話だったと思います。大人に対する恐怖心。子供が出来る事の少なさ。守られたいという欲求。

誰もが経験して、そして知らず知らずのうちに忘れてしまった感情を思い起こさせます。

これはどこにでもいる可哀想な少女と、ただ意中の少女の“特別”になりたかった少女の不器用な人殺しの記録。


少女達の悲痛な慟哭は、決して大人に届かない。
少女達が抱えた狐<隠し事>はあまりにも大きく、昏いものだった。

それは特別でない少女を特別にしてしまう程の、手の届く非日常。





満足度:★★★★☆

「ヴァンパイア・サマータイム」、感想。

ヴァンパイア・サマータイム (ファミ通文庫)ヴァンパイア・サマータイム (ファミ通文庫)
(2013/07/29)
石川博品

商品詳細を見る





あらすじ
このまま、君と、灰に。

人間と吸血鬼が、昼と夜を分け合う世界。山森頼雅は両親が営むコンビニを手伝う高校生。
夕方を迎えると毎日、自分と同じ蓮大附属に通う少女が紅茶を買っていく。
それを冷蔵庫の奥から確認するのが彼の日課になっていた。
そんなある日、その少女、冴原綾萌と出会い、吸血鬼も自分たちと同じ、いわゆる普通の高校生なのだと知っていく。
普通に出会い、普通に惹かれ合う二人だが、夜の中で寄せ合う想いが彼らを悩ませていく……。
夏の夜を焦がすラブストーリー。


とりあえず、何から書けばいいのやら……。現在読書強化期間中ということで片っ端から読みたい本を消化していってるのだが。今回の本は一言でいえばハズレだ。

まず、文体が僕には合わなかった。なんとも物語の世界に入って行きづらい。というかお話と合ってないようにも感じられてあべこべな感じだ。昼の世界と夜の世界に隔てりがあるように、僕もこの本の世界と自分との間に大きな壁を感じた。

それでも文体の問題というのは、大抵物語に夢中になればどうでもよくなるものだ。実際違和感を覚える箇所はあっても文章が絶望的にヘタというわけではなかった(というかそれならプロになれない……例外もいるが)。

だが物語の方に問題があるというのだから詮方無い。まともに読めたのは序盤(100Pいかないくらい)までで、後は只管に退屈だった。兎に角後半苦痛で仕方なかった。それでも買った本は最後まで読むというのが僕の信条だったので最後まで読んだ。物語は終わりにこそ価値があり、話を作る上でそこが一番難しく肝心なところだからだ。それにここまで酷評はしたものの、題材とか雰囲気には惹かれるものがあったのでこの物語の終わりをどう着けるのかというのには興味があったのだ。

結果として、なんともいえない。モヤモヤとして何の面白みも感動もない終わり方になってしまったのだが。

なんだろうな。なんでこんなにモヤモヤするんだろう。純粋に起承転結の転にあたる部分が欠けていて、盛り上がりに欠けるってのもあるんだけど。キャラクターにも魅力を感じず感情移入が出来なかったせいかなってところもある。

結局ヨリマサの家族についても触れなかったし。というかこれ吸血鬼というよりも睡眠がテーマの話だなって思った。

なんだか魚の骨が喉に支えたような気分になった。気持ちが悪い。この気持ち悪さは最高に感動できる素晴らしい作品に出会えなければ解消出来ないだろう。

この作者さんの本。他にも気になっていたのが何冊かあったのだが購入は控えようかなと思う。




満足度:★★☆☆☆

本来なら星1つでもいいところなのだが。発想自体は面白いと思うのでそこを加味して星2つ。吸血鬼が当たり前のように存在していて、昼と夜の世界を分けあって生活している、というアイディア自体は良いと思う。

「バカとテストと召喚獣12」、感想。

バカとテストと召喚獣12 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣12 (ファミ通文庫)
(2013/11/30)
井上堅二

商品詳細を見る





あらすじ
ここで勝たなきゃ男じゃない!

あわや敗北か!? という劣勢の中、遂に年貢を納――否、開き直った雄二の策により、首の皮一枚繋がって試召戦争の一日目を終えた二年生。
依然戦力差が大きく開いたまま突入した二日目だったが、雄二の指揮の下、二年生は勢いを取り戻す。
そんな激戦の最中、作戦行動中の明久の前に三年生代表の高城が立ちはだかる。
瑞希の悩みとその真意を聞かされ、明久は……!?
「なぁ、明久」「なに、雄二」「――面白ぇな、俺たちの学校」


バカ達の饗宴、ついに終幕!

前巻はヒロインズ三人組の表紙でしたが、最終巻の表紙を飾るのは愛すべきバカ四人組!
この作品。ヒロインたちが魅力的なのは勿論ですが男キャラも負けず劣らず、というか寧ろ男キャラの方が魅力的だったのでラストを飾るのに相応しい表紙だと思います。

一巻から6年……正確には6年と10ヶ月。短編を含めると17冊にも及ぶこのシリーズ。本当に長かったなぁ……。まだ短編を出す予定があるらしいので17冊以上になるかもしれませんが。

6,7年前といえば僕が一番ラノベを読んでいた時期ですし、その時期のラノベがどんどん終わっていくのは悲しいものがあります。そして、同時によくやってくれたという感謝の気持ちもあります。
この作品の性質上しんみりした空気なんかにならず、笑い飛ばしてやるべきなんですが。それでも感傷に浸らずにはいられません。それだけの時間を僕はこの作品と歩んできたのですから。僕自身こいつらの一員になったような気分になりましたし、実際になってみたかったと思えるほど素敵な作品でしたから。

本当に、本当に最期まで笑える作品でした。僕はこれほどまでにバカなライトノベルは知りません。本当にバカな内容で、人を笑わせにきて。でもどうしようもない程只管真っ直ぐで。そんなところに惹かれてしまったのです。

この作品は本当にキャラの掛合いがうまかったなぁと思います。複数人での会話をこれだけ自然に読ませるのはバカテスの文体のおかげもあるでしょうけど。なんというかバカテスを読んでると「形式に囚われなくていいんだ」って言われているような気がします。破天荒で自由な作風にピッタリの文体でした。

キャラの魅力も筆舌に尽くしがたい程。どいつもこいつも嫌いになれなくて、好きな奴ばかりでした。高城先輩や常夏コンビですら嫌いになれません。

全体としてでなくこの巻単体の内容に触れますと。結局Aクラスとの戦いが見れなかったのが残念といえば残念。一応当初の目的は「打倒Aクラス」だった訳ですし。最終的にAクラス倒すとこまでいくのかなと思ったらそんな事はありませんでした。それでも、終わりというか区切りとして。それほど悪いものではなかったと思います。
締まらないといえば締まらないんですが、なんだかこの作品にはその締まらなさすら合っているように思えるのです。



最後に。


井上先生、葉賀先生。六年間本当にお疲れ様でした!




満足度:★★★★☆

「バカとテストと召喚獣11」、感想。

バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)
(2013/03/30)
井上堅二

商品詳細を見る





あらすじ
キスからはじまる全面戦争? 遂にクライマックス突入!

Aクラスとの勝負に水をさされてしまった明久たちFクラス。しかも今度は二年生vs三年生の試召戦争!?
抗議も虚しく結局三年生に挑むことになってしまった二年生は、各クラス代表で会議を行うことに……。
しかし「卑怯汚いは敗者の戯言」をモットーに勝ち抜いてきたFクラスへの風当たりは厳しく主導権を得られぬまま試召戦当日に――。
「死になさいピッグマン! 」「アキちゃん、お着替えしよ?」まさに勝敗は予測不能!?
遂にクライマックス突入の第11巻!!


中々読む暇がなくてずっと読めずに居たバカテスですが。やっと11巻を読めました。直ぐに最終巻である12巻も読みたいと思います。

10巻でついにこの物語にも決着が……っ!と思わせといて二年対三年の試召戦争編に突入です。今巻はその上巻。前篇となります。全体に散りばめられた小気味よいギャグは相変わらずです。後一巻でそのギャグも見られなくなるのか、とかこいつらともお別れだなと少し感傷に浸りつつも読ませていただきました。

前半戦部分では雄二が色々と制限され、いつもの調子が出せないせいかモヤモヤとした戦況が続き、追い込まれてしまいます。しかしここで明久の友情の拳により!男坂本!吹っ切れる!

雄二かっけぇっすわ。もうそれしか感想出てこないレベル。なんかもう色々吹っ切れまくって翔子に告白まがいなものブチかましてたけど雄二のためにもノーカンで。

絶望的な状況……普通の神経のものなら諦めるだろう……。だが奴は、弾けた

やっぱ坂本くんが執る指揮を……最高やな!おう根本討ち取るんだよ。ああくしろよ。高城(変換めんどいからこれで)先輩やリンネくんの言動が気になるところですが。

次巻、決着です!

イヤッホォオオオオウ!!!このテンションのまま最終巻読んでそのまま感想書きたいところだが、残念!僕は原稿を書かねばならんのだ!ふっはっは!いつかプロになりたいからな!プロになったらこのブログ閉鎖したるわい!ガハハハ!




満足度:★★★☆☆

落ちました

特に明記はしていませんでしたが、実は先日発表されたOVL文庫の第二ターンに作品を応募してました。結果はタイトルの通り落選です。ですがショックとかそういうのは特にないですし、落胆もしていません。寧ろ喜びすら感じています。落ちて喜ぶとかお前精神状態おかしいよ……と思われるかもしれませんが、別に僕はおかしくないです。

僕の作品が一次落ちする事は元より予想出来ていたことですので。だって去年の夏頃から小説を書いてみようと思い立って、初めて完成した長編ですよ?一次通るほうがおかしいです。
まぁ、だから。僕が落胆してないっていうのは納得してもらえると思うんですが。それだけだとなぜ喜びすら感じる、という風になるかは分かりませんよね。自分の作品を誰かにきちんと評価してもらえたっていう事自体書き手にとっては嬉しい事なのですが……無論それだけという訳ではありません。

兎に角。評価シート見てもらった方がいいですね。規約には評価シートの公表等について特に禁止はないとのことなので載せさせて貰います。

評価シート


自分的には初の作品。しかも此方で扱ってる作品のような異世界ハーレムでも学園ラブコメでも厨二バトルものでもない。というか最近のラノベの流行からはとことん外れてるような作品を送ったにも関わらず中々良い評価だったので嬉しいのです。点数一桁台。それこそ3,4点とか覚悟してたんで。

どうやら今回のボーダーは16点だったらしく、後1点あれば通ってたみたいです。惜しいですね。ちなみに通ったのは434作品中60作品。大体1/7くらいですね。




さて、これからの予定ですが。評価シートの改善点を元に改稿(・主人公の性格の修正 ・設定を分かりやすく見せる描写、エピソードの追加)をしてここの第三か、富士見に出すか。それとも新作の方に取り掛かるか。

新作の候補としてはwebに上げてる「図書室の幽霊」の長編版(色々と書き加えたい話もあるし、撫子と朝顔の絡みをもっと書きたいから)か、完全新作の「初恋アストロメリア(キャラクターとタイトルだけ決まって後はほぼスカスカ)を書きたいですね。

しかし「図書室の幽霊」はある種短編だからあの適当なエンドでもなんとかなりましたが長編だと色々ボロが出まくりそうな話なんですよね……。百合要素はありますが結局のところ片思いで終わるので、ユリスキーの方々からはあまり評価も良くないようですし。というかイチャラブ要素なかったしな。長編版で追加したいのもイチャラブというよりも只の日常部分です。なんというか、撫子と朝顔は友人としてつるんでるのが自然に思えてしまうんですよね。恋仲とは、ちょっと違うような。でも互いに好きあってる。

図書室の幽霊の長編版書くのは難しいみたいな事書きましたが、執筆に苦労するのは「明日の貴女に花束を」も「初恋アストロメリア」も同じですね。なのでどれから手を付けるべきなのか……。

ま、とりあえず。僕のお手本とさせて頂いてる秋山瑞人先生と宮沢賢治先生に敬意を払いつつ頑張るとしましょう。




余談ですが「明日の貴女に花束を」はジャンル的にはセカイ系SFガールミーツガールとなっております。最初はただ百合が書きたかっただけなのに気付けばガチガチのSF部分がメインな話になってしまったと反省してました。が、その設定が思った以上に下読みさんにウケたみたいで驚きです。僕はそんなにSF小説を読む方という訳でもないので結構出鱈目な論理展開しちゃってますから。ただ、整合性とか伏線の貼り方とか、道具やワード一つ一つの効果についてはかなり気を使いました。大学に行く時間を使って理論を固め、構成を考え、ワード一つ一つをどこに置くかにも注力しましたね。設定ノートだけで結構膨大な量になってしまうほどに。

自分にはSFなんて向いてないんじゃないか?この設定は面白いのか?読み手に良さが伝わるのか?と不安で一杯でしたが、少なくともこの作品を読んでくれた方には伝わったようです。ただ、評価シートにも書いてある通り読む人全てに伝わるとは限らない。というか、殆どの人には伝わらないと思うのでそこは修正したいですね。
恐らくこの下読みの方は結構SF小説を読まれる方なのでしょう。だから耐性があってなんとか理解出来たのかな、と。



最後に。僕はこれからも百合を書き続けるよ!


※今のところは

「人形遣い」、感想。

人形遣い (ガガガ文庫)人形遣い (ガガガ文庫)
(2013/07/18)
賽目 和七

商品詳細を見る




あらすじ
世界はわたしを中心に回っているのです。

わたしの名前は坂上神楽。
凄くかわいくて頭が良く、芸達者で器用で立ち振る舞いも完璧。ダイヤモンドもはだしで逃げ出すとまで謳われる、まぁごく普通の世界的天才美少女である。
わたしのような、存在が主人公級の美少女というのは、やはりトラブルに巻き込まれるのが常なのである。そうした面倒に巻き込まれる自身の体質にだけは少し嘆きたくもなるものだ。
嘆いて、溜息を吐き、それからわたしは顔を上げ、ああ、溜息を吐く仕草すらも可愛らしい。そんなことを思いながら、胸に抱いた兎の人形を抱きなおし、二人の人物に視線を向ける。
壁際に追い詰められた、黒髪の少女と、狼面の男が一人。考えるまでもなく目の前の人狼が少女を襲っている場面なのだろう。
わたしはこのような人ならざる化け物を人知れず退治していく仕事をしている。そう、この『人形』を遣って――。


2014年最初の一冊。でもって2013年下半期作品の中でもぶっちぎりで一番好きな作品です。それくらい個人的には心にくる作品でした。

僕が目指していたもののハイエンドをこの作品に見た気がします。

鈴音ちゃんと神楽ちゃんのイチャイチャをニヤニヤしたり、時に暖かく。父親のように見守るも良し。
人形を使った高度な戦闘を楽しむも良し。一粒で二度美味しい作品です。

この作家さん新人さんっぽいのですが。ただ漠然と面白いというよりも、一つ一つのテーマ性を強く感じました。自分の書きたい事というのをよく理解し、表現出来ていたので読んでいて心地よかったですね。そこのところをハッキリさせられない作家さんというのはプロでも結構多いですから。その御蔭か、結構台詞が多めな作品なのですが一つ一つの台詞に説得力と確かな想いが込められていて、とても心を揺さぶられました。

「これは、《幸福》を追求する少女の物語__」

神楽ちゃんと鈴音ちゃんのイチャイチャと、この二人のこれからの人生が気になってしょうがないです。二巻が楽しみ。




満足度:★★★★★
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。