スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なれる!SE(6) ―楽々実践?サイドビジネス―」、感想。

1巻→「なれる!SE―2週間でわかる?SE入門」、感想。
2巻→「なれる!SE2―基礎から学ぶ?運用構築」、感想。
3巻→「なれる!SE3 失敗しない?提案活動」、感想。
4巻→「なれる!SE4 誰でもできる?プロジェクト管理」、感想。
5巻→「なれる!SE5―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア」、感想。

なれる!SE (6) 楽々実践?サイドビジネス (電撃文庫)なれる!SE (6) 楽々実践?サイドビジネス (電撃文庫)
(2012/02/10)
夏海 公司

商品詳細を見る




あらすじ
「桜坂君さ…バイトしてみない?」大学のゼミの同窓会で再会したアイドル的存在の伊織に持ち掛けられたのは、小さなオフィスの無線LAN導入。それなりに場数を踏んできた工兵は、かわいい女子からのその誘いを断り切れずに受けてしまうがそれが泥沼への第一歩で!?そんな表題作ほか、怪しげな新製品の検証を描く「今すぐ始める?検証作業」、新卒なのになぜか採用の面接官を立華と一緒にすることになる「絶対合格?採用面接」、さらには橋本課長と姪乃浜梢にまつわる掌編を収録。萌えるSE残酷物語第6弾はシリーズ初の中短編集。

最近は兎に角もうやる事は多いはやりたくない仕事は押し付けられるわで死にたくなりましたが、なんとか死なずに生きています。あ、後原稿は無事終わりました。締め切り内に入稿出来て取り敢えずは安堵している所です。暫くは忙しいですしなによりも小説の文章を書くという事自体に疲れてしまったので短編すら書きたくないテンションです。

という事で、クソ忙しい事に変わりはないにも関わらず。積み本読ませていただきましたぁ!いや、もうホントは読んでない本読んじゃいたいんですよ!時間さえあれば!

まぁ愚痴というか近況報告というか、そんなものは置いといて。今巻の感想に移ります。なれるシリーズ六作目の今作は短篇集となっております。なのでいつも通り各話ごとに感想を書いていこうかと。

「楽々実践? サイドビジネス」
今巻のメインのお話にあたります。ページ数も一番割いてますね。内容はあらすじにも書いてあるので割愛するとして。兎に角。女ってこええなぁ……と思う話でした。
うまい話には裏がある。愛想が良い女にも裏がある。世の中うまくいかないものなのです。桜坂くんが基本お人好しというか、物事に首を突っ込みすぎるのもいけないと思いますけどね。

「今すぐ始める? 検証作業」
男の子のロマンを感じる話でした。いやね、複合型とかさ、外見のメタリックさとかさ。やっぱ男の子なら惹かれるものあるじゃん?たとえそれがポンコツだとしてもさ。むしろそういうポンコツっぷりすら愛おしいといいますか……。まぁ仕事で使う以上、私情を挟むのはよくないね!って話。

「絶対合格? 面接採用」
これを読んで就活に備えよう!という話。取る側の意見も聞けてなんかこれホントにラノベだっけとか思っちゃう。凄く実践的です。何気にこの話でカモメさんの本名が初めて出てきます。

「心に残る? 3分間スピーチ」
意外に可愛いとこある橋本課長のお話。結婚のスピーチ……確かに面倒というか、嫌ですよねぇ。出来れば頼んでほしくないです。僕みたいなコミュ症だと人前に出て何かするっていうだけで苦痛といいますか。寧ろそれが一番辛いです。

「完全? 禁酒マニュアル」
梢さんが頑張って禁酒しようとするお話。勿論禁酒は出来ません。というか彼女から酒豪要素をとったら何が残るんですか!そこにはロリ巨乳でストーカー気質の実は出来る関西出身な後輩があるのみですよ!!
……結構残りますね。



満足度:★★★☆☆
実質は★2.5くらい
スポンサーサイト

「AKUMAで少女 ~悪魔の国のお姫様」、感想。

1巻→「AKUMAで少女」、感想。
2巻→「AKUMAで少女 ~嵐を呼ぶ転校生~」、感想。
3巻→「AKUMAで少女 ~憑かれてぽよん~」、感想。

AKUMAで少女~悪魔の国のお姫様~ (HJ文庫)AKUMAで少女~悪魔の国のお姫様~ (HJ文庫)
(2008/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る




あらすじ
ゆり絵の魂が生と死の狭間の世界に捕われてしまった!助け出すには女の子のエネルギーを集めなければならない。悪魔の力を借りた僚は、ゆり絵に変身。女の子に触ったり触られたりで、エネルギーを集めていくのだ。でもゆり絵に変身した僚は異常なくらいモテモテ。いろんな貞操のピンチをかいくぐり、僚はエネルギーを集められるのか。!?

やっと最終巻読み終わりました。当時読んでた時も感じてましたがなんだかんだで最終巻が一番印象深く、内容も面白かったです。何日かかけてゆっくり読もうと思っていたのですが一気に読んでしまいました。

今巻ではりょうくんが女の子の姿になって女の子とキャッキャウフフしたりゆり絵とイチャラブしたりと百合スキーの僕としては非常にグッド。当時の僕は別に百合好きに目覚めていなかったのですがそれでもきっと初な少年が股間を膨らませて悶ていたであろう姿は容易に想像できます。

いやぁ~なんかもう、思ったよりも感慨深いですね。一回読んだ本だし、巻数も四巻で終わりとさして長くない筈なんですけど。勇作の成長っぷりとかが一番ジーンとくる。ホント良い男になったな勇作。

それにしても。ゆり絵の設定とか、アキラの事とか一巻当初から考えていた事なのでしょうか。後付としては出来すぎているのでやはり当初から……。はぁ~、やっぱり小説家って凄いなぁ。何巻ぐらいまで出せるか分からない状況でここまで上手く纏められるなんて。尊敬しちゃいます。

あ、そうだ。今巻でのりょう君のレイプ未遂は……なんと0件!凄い!勇作にキスされたけどそれはセーフ!キスはセーフ!Not 強姦!

やったね!りょうくん!作中ではゆり絵と結局最後まで致せなかったけど幕外ではきっと本番膣内射精セックス出来てる筈!幕外での出来事だけど、ちゃんと膜内に出してあげてね!なんてね!ガハハハハ!それをいうなら膣内だっつーの!

\ドッ!/

とまぁ会場が湧き、オーディエンスが温まってきた所で非常に名残惜しいですが終わりとさせてもらいます。だって話す事もうないですし。いや、もしかしたらあるかもしれませんが基本感想記事はその時思い付いたこと適当に書き殴ってるだけなんで。



満足度:★★★★★

「セイジャの式日」、感想。

セイジャの式日 (メディアワークス文庫)セイジャの式日 (メディアワークス文庫)
(2010/04/24)
柴村 仁

商品詳細を見る




あらすじ
絵を一枚仕上げるたびに、絵にサインを入れるたびに、もうやめよう、これで最後にしようって、考える―それでも私は、あなたのために絵を描こう。かつて彼女と過ごした美術室に、彼は一人で戻ってきた。そこでは、長い髪の女生徒の幽霊が出るという噂が語られていた。これは、不器用な人たちの、不恰好な恋と旅立ちの物語。

彼と彼を取り巻く水彩画のように淡くて、濃い青のように哀しい物語。これにて完結。
過去に置いてきてしまった彼女の影を追いかけて、苦しみながら前に進んできた由良彼方の。終着点であり通過点。

あの日から何かが劇的に変わったわけではない。だけど、少しは吹っ切れたんじゃないかなと僕は思う。

色んな人と出会って、別れて、そして最後に彼女が居た場所へ戻ってくる。そこで由良は何を感じたのかは分からないけれど。それはきっと悪いものではなかった筈だ。

最後に掲げた花束は。死者への手向けか、過去の自分への決別か。彼はこの先も心が軋む事があるだろう。それでもきっと前に進んでいけると思う。彼女の死をちゃんと悼む事の出来る彼だから。




満足度:★★★★★
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。