スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハイドラの告白」、感想。

ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)
(2010/03)
柴村 仁

商品詳細を見る




あらすじ
美大生の春川は、気鋭のアーティスト・布施正道を追って、寂れた海辺の町を訪れた。しかし、そこにいたのは同じ美大に通う“噂の”由良だった。彼もまた布施正道に会いに来たというが…。『プシュケの涙』に続く、不器用な人たちの不恰好な恋の物語。

同作者の作品「プシュケの涙」の続編という事で読ませていただきました。プシュケの涙は最初電撃で出ており、僕が買ったのも電撃版だったのでてっきり続編であるこの作品と「セイジャの式日」も電撃文庫の作品だと思い込んでおり中々本屋で見つけられなくて苦労しました。アマゾンで普通の本屋に置いてないちょっと古い教本を買うついでに購入しようと思いページを開いた時に初めてメディアワークス文庫の作品である事に気づきましたね。結局めんどいのでアマゾンで買いましたが。

今巻でも前巻読んだ時に感じた紫村さん節全開です。プシュケは文章も特に気に入った作品なので紫村さんの文章を読めるだけでも十分価値が合ったと思います。もう物語の内容とか、どうでもいいくらい。それはさすがに冗談ですけど。

兎に角今回も素晴らしい文章でした。紫村さんは芸術関係の引き出しが多いですね。淡く幻想的な内容とも合っていて読んでいてとても綺麗に感じます。

っで、内容ですが。プシュケの時と同じように何気なく騙してきます。いやぁ~まさか最初の由良くんが兄の方だったとは。前巻でも兄の存在は出ていたので想像出来ない事もない範疇だったのかもしれませんが、前巻読んでから結構時間も経ち、内容を大分忘れていたのでバラされるまで思い出せませんでした。それと、今巻はそんなにプシュケとの繋がりは感じませんでしたね。これ単体でも十分話として独立しているような気もします。といってもやはりプシュケから読んでいた方が色々と思う事もあって面白いと思いますが。

そして後半部分。由良くんのいとこのAちゃんのお話。なんていうか、報われないなぁ。由良家の人間に惚れた女の子は基本的に報われないよなぁ、と。ただまぁ、不幸なのかと言われると。ハッキリとは分からないですね。幸福の定義は人それぞれ。それは彼女にしかわかりません。後、宛くん予想以上にブラコンだったのね。この二人の関係も何か面白い。

正直、前巻の内容があまりにも憶えてなさすぎて布施さんと由良くんの関連性が未だに分かってなかったり。

それと、由良(弟)にとっては彼方の事はやっぱり忘れられない事なんだなぁ、と思いましたね。



満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

「安達としまむら 2」、感想。

1巻→「安達としまむら」、感想。

安達としまむら (2) (電撃文庫)安達としまむら (2) (電撃文庫)
(2013/09/10)
入間人間

商品詳細を見る




あらすじ
今まで興味なんかなかった。ないフリをしていた。だれにも、なにもほしがらなかった。だけど今年は違う。私が初めて願うクリスマスプレゼントは、しまむらとのクリスマスだった。今までなんとなく毎年過ごしていた。強い関心があるわけでもなかった。だけど今年は違う。少し気を遣って、安達へのクリスマスプレゼントを選ばないといけない気がしていた。変わらぬ日常を過ごしていた女子高生の安達としまむら。そんな2人の関係が少しだけ動き出す。

安達としまむらをメインに押し広がっていく百合百合な日常第二巻。
安達が兎に角可愛い。悩んで悶えて、少し前進したかと思ったら、そうでもない感じで……そんな微妙にズレた安達としまむらの関係が見てて微笑ましいですね。

それと永藤と日野の関係も、なんだか不思議な感じ。あの二人の関係はなんといえばいいのだろう。恋人ではないとして、その前段階?でもないだろうし……。幼馴染で、親友で、でもちょっと変わった間柄の親友……みたいな。友人以上家族未満?

ここまで読んできて思ったのは“日常”というモノをテーマに書くというのは非常に難しい事なんですが入間さんはよく書けているな、と。自分で書くようになって改めて難しさが分かりましたが。動を描くよりも静を綿密に描く事の方が難しいんですよね。文章で日常の空気を出せる。それも二冊分も。中々できる事じゃないです。といっても彼女らの日常も常に動き続けているんですが、それでもその動きは読者には分かりづらいものですし、話の間を埋めるための話、というのも数多く書かなければいけませんし。
入間さんの筆力の高さを感じます。

次巻、安達としまむらの関係はどう変わっていくのか。またはどう変わらないまま続くのか。楽しみですね。
僕の見識では内容的に3,4巻辺りで終わりそうな気もしますが……二人の関係のあまりの進展のなさを省みるに、いつまでも続きそうな、まぁ実際そんな事はないですけど。終わりがみえない感じはしますね。



満足度:★★★☆☆
60点な二人

「AKUMAで少女 ~憑かれてぽよん~」、感想。

AKUMAで少女~憑かれてぽよん~ (HJ文庫)AKUMAで少女~憑かれてぽよん~ (HJ文庫)
(2008/04/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る




あらすじ
ある朝、目が覚めたら身体が女の子になった藤沢僚。どうやら階段から落ちて死んだ少女の霊に取り憑かれ、身体が女性化してしまったらしい。元の身体に戻るために悪魔を呼び出すも効果がない。女性化した身体をいろんな人に弄ばれもう散々。そのうえ身体を幽霊に乗っ取られ、事態はさらに悪化の一途。果たして無事元の身体に戻ることができるのか。

トランスセクシャルストーリー第三巻!遼君が女体化して相対的に百合要素マシマシだぜー!イェー!

今巻では前巻から出てきている勇作がいい感じのキャラになっていて好印象でした。うん、普通に好きなキャラだわ。勇作。
それとデビルベアーまたしてもつかまりかける。いやーなんというか、運がないよね。
何気にゆり絵とクラスメイト達との進展もあったし、大きな事件の裏で日常は少しづつ変化していってます。
一応今巻は文化祭が舞台のお話という事になってはいますが……あまりそんな気はしなかったというか、雰囲気を感じられませんでしたね。そこだけが残念。

さて、今回の遼くんのレイプ未遂は……3回です!内訳は勇作から一回、百合姉妹(オスカル様と紗季ちゃん)から一回、不良どもから一回、です。ちなみにゆり絵からのものはノーカンです。恋人同士ならレイプじゃないもん!

いやーそれにしても前巻より増えたとはいえなんとか貞操は守り抜きましたね。

次回、最終巻。果たして遼君は最後まで貞操を貫く事ができるのか!?



満足度:★★★☆☆

1巻→「AKUMAで少女」、感想。
2巻→「AKUMAで少女 ~嵐を呼ぶ転校生~」、感想。

「暦物語」、感想。

暦物語 (講談社BOX)暦物語 (講談社BOX)
(2013/05)
西尾 維新

商品詳細を見る




あらすじ
“ただそれでも、できることは全部やりたくなるじゃない”美しき吸血鬼と出逢った春夜から、怪異に曳かれつづけた阿良々木暦。立ち止まれぬまま十二ヶ月はめぐり“物語”は、ついに運命の朝を迎える。

ラストに向けての総集編のような一冊。あの春から始まった暦くんを取り巻く怪異にまみれたお話を。12ヶ月分。本筋の怪異騒動とはちょっと違う、どちらかというと日常の部分にスポットを当てて振り返った一冊。確かに面白くはあるし読者としても色々こんがらがってきたので改めて物語を振り返るのはありがたいことではあったが。どの話も盛り上がりに欠けて少々物足りない、というのが素直な感想だった。ラスト2つの話を読むまでは。

こよみナッシング、こよみデッドで一気に物語に引き込まれました。さすが西尾。ただでは終わらない。ちゃんと次巻に向けて布石を打ってくるとは。より一層期待が膨らむというものだ。

西尾の文章はどうにも読みづらいが、魅力的であり、それを批難する気にはなれない。真似したくもないし、とてもじゃないがお手本にしたいようなものではないが。と、ここにきて。今更。突然文章批判をさせてもらったが。これは偽らざる僕の本心である。実際西尾の本を久しぶりに(というかこれなのだが)読んだら、「うわー西尾ってこんな読みづらい文章だったけかー」と失望、もとい落胆したものである。しかしこよみストーンを読み終わる頃にはそれを違和感なく受け入れて、スラスラと読めている自分がいて。確かに読みづらい文章ではあるハズなのだが、不思議と読めてしまう。ストレスなく、過不足なく読めている、というのとはまた違うのだが。本当に不思議なことに“楽しく”、楽しんで読ませてもらっているのだ。怪事だ。怪奇現象だ。

とまぁそんな西尾の文章についてはどうでもいいんですわ。兎に角このシリーズの内容が大分抜け落ちている僕にとってはこの本はありがたいようにみえてそうでもない。
「あーこんな事もあったなー」と思って読む本というよりは、「あーこんな事が起こっていたのか!?全然覚えてねぇ!」と忘れ物を忘れていたという事を分からせるような本。でも結局忘れていた部分は思い出せず、“忘れ物をしている”という状態を生み出すだけの結果になってしまった。もちろん読み返す気など毛ほどもないので、次の巻でもそのモヤモヤ感を抱いたまま読み進めると思うのだが。

まぁせめて、この巻で知った事実、というか新事実というか事柄だけは忘れないようメモ帳的なニュアンスでここに残すのならば。

・なぜか出てきた八九寺(なぜか一発変換できない)
・怪異殺しで輪切りにされたのになぜか生きてる暦(殺されたものは一体……まさか……)
・失踪する成人期の影縫さん(何歳かしらんけど)
・で、忍野はどこにいるん?というかどうなったん?
・結局扇ちゃんの謎は分からずじまい

といったところか。これで次巻「終物語」を読んでいるときにこの感想を見ることによりポカーンとする事象も減る事だろう。と思ったが。なんだこれ。解決してない事柄ばっかりじゃん。全く意味ないな。まぁいいか。そんな事。

兎にも角にも、バサ姉の安定感は素晴らしいなぁ

サンキューバッサ



満足度:★★★☆☆

「そとの国のヨメ」、感想。

そとの国のヨメ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)そとの国のヨメ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2013/08/01)
睦茸

商品詳細を見る




あらすじ
金髪ロリペタなルフ&巨乳ボーイッシュなタマオ―ふたりのハーフサキュバスとそのゴハン・トウジの淫乱万丈ライフを描いた吸精ラブコメ短編集です。
発情期に入った凸凹コンビのお食事は徐々にエスカレートしていき、淫魔の手はとうとう下半チンに…。
オカズにぴったりなゴハンがつまった1冊です。


今日のご飯は何にしよう。そうだ、サキュバスで抜こう。

という訳で僕が尊敬する作家さんの内の一人である睦茸さんの最新作を今更ながら読ませていただきました。

もうね、表紙からして最高だよね。エロいよね。可愛いよね。結婚したくなるよね。孕ませたくなるよね。子作りえっちしたくなるよね。

よし、二人まとめて家に来い。

まずヒンヌーツルペタパツキンロリとかもうその時点でやばい。反則。僕は金髪が好き、ロリが好き、貧乳が好き、つまり最強。アーユーアンダスタン?貧乳好き、といっても僕が一番好きなカップサイズは実はBカップなわけですが。ルフちゃんは何カップなのでしょうか?そこが凄く気になります。Bにも見えますがAのようにも感じられる……。むむむ……。いや、しかしルフちゃんのカップサイズが何だったとしても魅力的なちっぱいである事には変わりないですね。挟んでコリコリするもよし。指先でコリコリ弄ぶも良し。吸うもよし。口に含んで舌先に転がすのもよし。ぷにぷにとしたあの感触。あぁ、たまらない。

そしてタマオくん。ルフちゃんには劣るもののそれでも十分過ぎるほどに魅力的。イエスオッパイノーライフ。巨乳に陥没乳首のコンボは安定して下腹部に響く。僕はね、小さいおっぱいも大きいおっぱいも大好きなわけ。おっぱいに貴賎なし。

タマオくんとルフちゃんでは確かに僕の趣味的にルフちゃんに気持ちが傾いちゃうのはしょうがないんだけど……でもさ、本作で多分一番可愛さを引き出せていたのはタマオくんだよね。やばいね。さすが睦茸さんだね。睦茸さんじゃなかったらタマオくんをこんなに可愛らしく、淫乱に、兎に角ラブラブセックスしたくなるような子には描けないよね。

睦茸さんの書くおっぱいはホント変幻自在おっぱいというかめちゃくちゃ柔らかそうというかなんっていうか手に取るように伝わってくるんですよね。感触が。僕おっぱい触った事ないですけど多分これで触った事になると思うんですよ。

さて、本作のタマオくんとの遊園地デートで女の子らしい下着を着けてきたタマオくんを見るシーンで思ったのですが。

皆さんはえっちする前女の子の下着をどれくらい確り見るんでしょうか?僕の先輩に聞いた話だと、「俺は下着なんて速攻脱がしちゃうぜ」と言っていましたが、他の先輩(女)に聞くと「折角可愛い下着着けてきたんだからちゃんと観てほしいな♥」と言っていました。やはりここは猛る性欲をセーブして下着姿でもじもじする女の子をタップリと視姦してあげるというのがお互いにとっていいということでしょうか。そして可愛らしい下着をゆっくりと脱がして一糸まとわぬ姿の女の子をまた甘く囁くように褒め称えながらネットリと視姦。そこから愛撫に力を入れ……という流れが理想なのではないでしょうか?僕はそう思いました。

という訳で、今作はおちんぽが溶けて蕩けそうな胸のきゅんきゅんが止まらない作品となっております。是非ご賞味あれ。

あぁ、僕も美少女女子小学生になって美少女サキュバスに吸精されてぇなぁ

あ、本編は別に主人公が美少女小学生というわけではないです。これは僕の「女子小学生になりたい欲」が溢れだした結果漏れてしまった戯言なのでスルーしてください。



満足度:★★★★★
実用性:★★★★★
絵の巧さ:★★★★★
ストーリー:★★★☆☆

もはやこの星評価必要あるのかという気もしますが一応付けときます。

新作情報、「図書室の幽霊」

短編とはいえこのペースで書き上げられた事に僕自身結構驚いています。プロットとか構想を除いた純粋な執筆時間なら2日ぐらいしか掛かってませんでしたね。
小説書いてたせいで全く積み本の消化は捗ってませんが。積み本は増えるばかりです。

一応前作「三百回目の告白を」と繋がる部分があります。例によって「図書室の幽霊」というタイトルには満足していないのですが、他にいいのもなかったので悩みに悩んだ末これに決定しました。どうやら僕にタイトルを決めるセンスはないようです。良いタイトルが思い浮かぶか、他の方から提案されたら直ぐ様変えそうです。

前作といえば「友達の作り方」なんていうのがあっただろ、とお思いになるかもしれませんが。そんなものはないです。黒歴史ですよあれは。それも笑って済ませられないレベルの。多分書いた事を一番後悔した作品ですね。忘れてください。

という事で掲載先

pixiv→「図書室の幽霊」

小説家になろう!→「図書室の幽霊」

案の定誤字脱字誤変換等多いと思いますしいつの間にやらさらっと修正してる事もあると思いますが、僕自身そう何度も一度書き上げた作品を読み返す事もないので読んでて修正箇所を見つけた方はツイッターでもブログのコメントでもなんでもいいので教えて頂けると幸いです。

それと、これにて暫くの執筆活動は休止したいと思います。単純に忙しくなるからですね。書きたいテーマとか案はまだまだ沢山あるんですが、短編程度のモノでも書くには結構な体力と時間を要するのでまとまった時間がとれるまでは休止せざるをえません。

他に言うことがあるとすれば、いつか長編も書き上げてみたいという事ですね。短編以上に集中力と体力を使うので、今の僕では途中で挫折するか、出来上がっても短編になってしまうかのどちらかだと思います。なのでいつか、その内、来るかもしれない未来。僕が自分でそろそろ長編書けるだろうと思ったらチャレンジするだけしてみようかなと。

「氷の国のアマリリス」、感想。

氷の国のアマリリス (電撃文庫)氷の国のアマリリス (電撃文庫)
(2013/04/10)
松山 剛

商品詳細を見る




あらすじ
氷河期が訪れ、全ては氷の下に閉ざされた世界。人類は『白雪姫』という冷凍睡眠施設で眠り続け、そして、それを守るロボットたちが小さな村を形成し、細々と地下での生活を続けていた。副村長の少女ロボット・アマリリスは崩落事故による『白雪姫』の損傷や、年々パーツが劣化する村人たちのケアに心を砕く日々を送っていた。全ては―再び“人間”と共に歩む未来のために。しかしある時、村長の発した言葉に、アマリリスと仲間たちは戦慄する。「―人類は滅亡すべきだと思う」果たしてアマリリスたちが下す決断とは―!?機械たちの『生き方』を描く感動の物語。

僕が好きな松山さんの最新作になります。といっても発売から既に5ヶ月近く経っていますが。それはいつもの事なので気にしない方向でいきましょう。

童話チックで幻想的な松山さんの作品にはいつも癒されると同時に訴えかけられるものがあります。今作もそんな根本に深いテーマがありながらもそれを気負わせないシンプルで読ませる作りのまさに“童話”のようなお話。

松山さんの文章は分かりやすさ、表現力、共に高水準でいいですね。お手本のような文章です。綿密な構成もさすがプロといったところ。程よく盛り上がるポイントを仕込んでくる所は読者としても安心かつ期待して読み進められます。

そして読み終わった後の心が温まる感じがたまりません。子供の頃の純粋な心を取り戻させてくれます。

他にも松山さんを語る上で欠かせないのが魅力的なヒロインでしょう。芯が強く、真っ直ぐで、誠実で、可憐で心優しいヒロイン。気付けば誰もが彼女の事を好きになっていると思います。癖が強いとか、変わった女の子、とかではなく、純粋に見てて心地いいヒロインというのはストーリテラーとしても最適です。

ただ、僕としては松山さんの作品は本当に素晴らしく大好きなんですが、敢えて辛口な事を言わせて貰いますと「よく出来た凡作」という感想も浮かびます。癖がなく読みやすいんですが、その分ドキドキ感は損なわれているかな、と。文章に関しては文句のつけようはないんですが、これはストーリーに関しての事になりますね。

とはいっても「雨の日のアイリス」は今でも僕の中でも十の指に入る程の名作ですが。



満足度:★★★☆☆
読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。