スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「AKUMAで少女」、感想。

AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る




あらすじ
天使の容姿、悪魔の性格、そして心臓に欠陥を持つ少女、如月ゆり絵。彼女はある日、クマのぬいぐるみの姿をした悪魔を拉致。大好きな幼馴染の僚と恋仲になれるようにと、脅迫したら……なんと悪魔は僚とゆり絵の心と体を入れ替えたのだ! 性格ががらりとかわったふたりに学園は騒然。大騒動の中、ふたりの恋の行方は!?

実はこの本を初めて読んだのは5年以上前になります。つまり再読という事になりますね。なんとなく読み返したくなり読んだだけで特に深い意味はないです(普通そうだが)。ただ、当時借りて読んだ本なので手元にはなく更にこの本自体もう6年も前の本になるので入手には少し苦労しました。其頃まだまだ性欲旺盛なガキだった僕は興奮しながら読んだのも憶えています(今読み直しても興奮したけど)。まぁそんな身の上話はどうでもいいですね。毎度の事ですけど。

という事で本作の感想に移りましょう。
この本、実はちょっと変わった経緯の本だったりします。元々ジュブナイルポルノ専門だった作家(しかも女性)がラノベを書いてみてはどうだろうと言われ色々なところに持ち込んだ結果やっと出せた本、という普通のラノベとは違う出生になります。

その作風はやはり普通のラノベ以上にエロい。といっても嫌なエロさじゃない。読んでいて興奮するけど心地いい健全なエロさなんですよね。そこはさすがといった感じ。基本的に僕はラノベのラブコメとか嫌いなんですけどこれは全く嫌悪感なく読めました。著者が女性という事もありどちらかといえば少女小説に近いものだったからかもしれませんね。こと恋愛に関していえば男性は圧倒的に女性よりも劣っていますから。

というとまるで男性作家の書くラブコメは全てダメだと言っているようですがそういうわけではありません。勿論面白く心に響くモノを書ける人もいます。ただ傾向として己の願望が出過ぎている作品を書きがちというか、キャラばかりに力を入れすぎて物語全体をちゃんと見れていない作家が多い印象ですね。

この作品はキャラの魅力も話の濃さも丁度いい、例えるなら夏場に食べるアイスのような爽やかさ。さらっと読めて読了感は気持ちよさのみ残るラノベ。
昔はエロい部分にばかり目がいっていましたけど今読み返すとこんなに爽やかな青春モノに感じられるなんて!
これは全巻ちゃんと読み直したいですね。ついでにわかつき先生の他作品(ジュブナイルポルノの方)にも手を付けたいところです。



満足度:★★★★☆

2巻→「AKUMAで少女 ~嵐を呼ぶ転校生~」、感想。
3巻→「AKUMAで少女 ~憑かれてぽよん~」、感想。
スポンサーサイト

「やってきたよ、ドルイドさん!」、感想。

やってきたよ、ドルイドさん! (MF文庫J)やってきたよ、ドルイドさん! (MF文庫J)
(2008/10)
志瑞 祐

商品詳細を見る




あらすじ
私立森野学園にある日突然、転校生の女の子がやってきた。しかも大勢の動物たちを一緒に引き連れて!!彼女は由緒正しきドルイド(=自然の守り手)の一族なのだ。…って、ドルイドだかなんだか知らないけど、これではクラスが大迷惑!!責任感の強いクラス委員長の夏穂は、動物たちを帰すように転校生に言い渡すのだが―。いつも一生懸命、でもどこかちょっとズレてる『ドルイドさん』が巻き起こす数々のトラブルに、世話焼き娘・夏穂が立ち向かいます!!

夏です。もうすぐ夏休みです。ラノベ消費がはかどりますね^^(ニッコリ でも僕は…原稿を書かなければ…あ、後夏はイベントが多すぎて長い筈なのに短くかんじちゃいます。

ということでいつも通り雑談から入らせてもらいました。今回は2008年発行のドルイドさんに手を付けてみました。百合スキーで金髪ロングロリスキーの僕としては手を出さないわけにはいかない。

個性的なキャラが送る軽快な会話と次々と起こるアクシデントの連続は如何にもラノベらしいラノベだなぁという印象を抱きました。ストーリー自体は結構薄っぺらくあまり評価は出来ないんですが会話メインみたいな所もありましたから途中で飽きて投げ出すなんて事はなかったですね。それにキャラの可愛さは素晴らしい。シャレイリア(言い辛い)ちゃんかわいい。ただ気になったのは戦闘描写は分かりづらくあまりうまくないなぁってとこ。

とりあえず彼女たちが送る学園生活を最後まで見届けたいので(3巻完結と少なめですし)最後まで読もうと思います。

シャレイリアちゃんとのお風呂も気になるしね!



満足度:★★★☆☆

2巻→「やってきたよ、ドルイドさん!2」、感想。
3巻→「やってきたよ、ドルイドさん!3」、感想。

「ライトノベルは好きですか?― ようこそ! ラノベ研究会」、感想。

ライトノベルは好きですか?― ようこそ! ラノベ研究会ライトノベルは好きですか?― ようこそ! ラノベ研究会
(2013/04/12)
大橋 崇行

商品詳細を見る




あらすじ
「ラノベ、読みますか?読みますよね!?だったらぜひ、今度の日曜日に来て下さい!」黒髪ロングの美少女に誘われて、ライトノベル研究会に足踏み入れた「炎上王子」こと柏木光輝。美人指導教員のもと、なんとラノベを論じるはめに…?!本気でライトノベルを研究する、前代未聞の長編青春小説。

レポートのために読み、そして無事レポートが完成したので感想でも。読書メーターの方ではブログでの感想は書かないと書きましたが、短めで薄っぺらい内容でも自己満足のメモ帳のような日記ですから書いちゃおうって事で。

今作ではライトノベルの定義、歴史、メディアミックス等について語られています。ラノベ好きな方、ラノベを読み込んでいる方、ラノベに興味がある方、又はラノベでレポートや卒論を書こうという人にオススメです。

ストーリーとしてはほんとにありがちでコテコテな青春小説で面白みもないんですが、作者がわざとそういう風にしたのかなって気がします。注目して欲しいのはあくまでライトノベルについて研究している部分であり、おまけのストーリー部分はほんとにおまけでしかないと言わんばかりの自己主張のなさ。

今作の中で「ライトノベル」の定義について色々と話されていましたが僕としては「ライトノベルを出しているレーベルのモノ」「イラストが入っている小説」なんかがライトノベルとして見ていいんじゃないかなと思います。
「あなたがライトノベルだと思ったものがライトノベルです」なんて言われてしまってはそれまでなんですがそれはただの議論放棄です。僕も1人の日本文学を勉強する身としては、そこの所をハッキリとさせたい部分ではありますね。

もし次が出るのならば今作ではあまり扱わなかった1990年から現在に至るまでのラノベの変遷について書いて欲しいですね。世代としては僕が丁度読んできたところですし知っている部分も多いですから、専門家としての見解や知識というのが気になります。



満足度:★★★☆☆

「魔法少女育成計画」、感想。

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)
(2012/06/08)
遠藤 浅蜊

商品詳細を見る




あらすじ
大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた…。第2回『このライトノベルがすごい!』大賞・栗山千明賞受賞作家の遠藤浅蜊が贈る、マジカルサスペンスバトル。

最近巷で話題となっている今作品に今更ながら手を出してみた。私は今日も平常通り、時代から取り残させていただいています。

さて、何時の時代も一定の需要が変わりなくあると思われる魔法少女モノ。特に近年では「魔法少女リリカルなのは」や「魔法少女まどか☆マギカ」などで更に業界を賑わせていると思います。両作とも素晴らしい作品ですが趣向、というか性質は異なります。

なのはの方はCCさくらが元祖とおもわれる(あくまで僕がそう思っているだけです)バトル魔法少女モノです。不思議なチカラで人々を助け幸せに導く魔法少女、というものに加えて武力によって悪を挫く。そんなヒーロー性も併せ持つようになりました。
対してもう一方のまどか。こちらも武力をもって『敵』となるものを討ち滅ぼすというところは変わりませんが、単純に人の幸せを願って、とか他人のためにといった動機で動いている者のほうが少ないです。それでもって話自体がブラック。非常に残虐で、夢と希望をもって人々に幸福をもたらす「魔法少女」というものとはかけ離れたモノになっています。そんな撞着した作品が視聴者に与えた所感は衝撃的で、一種の「ブラックな魔法少女モノ」というブームを引き起こしました。それに倣いいくつかの似たような作品も出されはしたものの、まどかという壁を後追いで越える物はありませんでした。そしていつの間にか短いブームも終わり、注目されることもなくなっていきました。

そんな時分に出たのがこの作品「魔法少女育成計画」。系統としてはまどかに似た感じになっております。作品としては非常によく出来ているものの、まどかという先人があまりにも大きすぎるがゆえにインパクトは薄くなっています。

作品について触れますと、しっかりとした文章力で書き込まれた文章、次にどうなるか気になってしょうがない展開、とばっちり読者の心を掴んでいます。読み始めた時は序盤からこんなにキャラを沢山出して名前覚えられるだろうか?(本名と魔法少女名で2つありますし)とかキャラが薄くなるのでは?と思っていましたがキャラ一人一人がちゃんと立っていてそれは杞憂に終わりました。それに出てくるキャラバンバン死んでいくのであんま関係ないです(笑)いや~ほんとキャラに萌えている暇が無い程に。そもそもこの作者さんはあまり「萌え」というものについて描写しないかな。

他に思ったところですと「厨房がスマホを持つのが当然の時代なのかぁ…」と作者が伝えたかった事とは思えない所が気になりました。僕が地方と首都圏での情報格差、スマホ普及率などの文献を最近読んで気になったところがあったせいかそこが先ず目につきましたね。地方出身の僕からしたら中学生がスマホどころか携帯をもっている事さえありえない事だったので。都市圏では小学生からスマホをもたせているなんて聞いてもいまいちピンときませんし上京した今でも信じられないです。

大分今作品の感想とは違うところで盛り上がってしまった感はありますがとりあえずこれで終わり。凄くよく出来た話なんだけど何かかが足りなく、惜しくも名作たりえなかった作品といった印象。


満足度:★★★★☆
実際は★4.5くらいかな

読書メーター
キョウトさんの読書メーター
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る
カウンター
プロフィール

東 京人

Author:東 京人
感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは本格的に読み始めて9年の付き合い。初めて読んだのは12年前くらい。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。