FC2ブログ

「百合の蕾が咲く頃に」、感想。

710Hcb46UTL.jpg


あらすじ
『この気持ちは、きっと花開くーー』可憐な乙女達の気持ちを繊細なタッチと甘い描写で描き、ファンの心を掴む今、注目の百合作家『syou』。その『百合』100%初作品集が満をじして登場! 恋をし、その恋を育みたいと努力する少女達…。たまたま同性を好きになったしまったけど、そんなことは関係ない。『好き』には、形も規則ももない…ただ痛いぐらい『好き』…震えるほど『愛してる』。そんな本気の『純愛』をする少女達の甘くトロけるラブストーリーを是非ご覧ください。

レズセックス!(感情)

どうも、レズセックスへの熱い感情で編集者になったキョウトです。今回は大分前にpixivで見かけて以降気になってた作家さん、syouくんの成コミをレビューしていくよ。僕が見てた頃はR18じゃなく純粋にイチャイチャしてるイラストのイメージが強かったからね、成人誌デビューした時は驚いたよ。どちらかというと少女たちの一瞬の煌めきっていうのかな。何気ない日常の触れ合いを切り取ったイラストが印象的だったからね。

で、本編の感想。この本ではふたりきりの夏。/afterSchool ~先輩とナイショの時間~/ 寒い冬の日、温かいふたり/想い出の制服/交わる想い、誘いの夜/あの子が教えてくれたコト。/叶えたい、あなたの幸せ。/想い出のキスをもう一度/夕日の色と、甘い夜。
の9作を収録しています。全体的に甘くて優しい作品群。早速掲載順に軽いレビューをしていきましょう。

「交わる想い、誘いの夜」
夏休み。久しぶりに従姉の家に遊びに行ったら従姉が以前よりも大人びて見えて__。

幼い少女の恋の芽生え。
FullSizeR(6).jpg

恋を知った少女への寂しさ。
FullSizeR(5).jpg

短いページ数でよく表現されてます。
夏の狂騒に紛れることのない、線香花火の静寂によって、二人の想いが交わっていくんですよ……。
エロ漫画である以上えっちシーンがメインになるんですけど、それでも導入が丁寧で、本当に百合漫画としてのベースがよくできてましたね。

「叶えたい、あなたの幸せ。」
クリスマスを風邪のせいで一緒に過ごせなかったから、大晦日にクリスマスしようぜ! って話。
短編の百合漫画よろしく、最初から恋人として付き合ってる状態でのスタートです。
もうね、只管イチャイチャしてるよね。
でもそんな中で細やかな独占欲が出ちゃうのが可愛い。
FullSizeR(8).jpg

あと指が好きって実質レズじゃん(自明の理)
FullSizeR(7).jpg

まさに暮とクリスマスが同時にやってきたような気分になれる作品でした。

「想い出の制服」
今日で高校も卒業だし“制服エッチ”キメるかって話。
あくまで制服でのえっち。そして卒業式の学校内でってのをシチュエーションとして魅せたいんだなってのが明確にわかるよね。

制服モノで制服を脱がしちゃダメ。そこんとこちゃんと抑えてるので100点です。
FullSizeR(4).jpg

「想い出のキスをもう一度」
子供の頃仲が良かった幼馴染。でもある時喧嘩してしまい、それ以降互いを避けるようになってしまった。でも進学した高校で再会し……って話。
これまた導入の時点では完全に一般向け百合漫画ですね。でもやることはちゃんとやるんですわ。18禁なので(笑)。
“ゆるゆり”やってンじゃねぇンですわなァ……こちとら。

結局なんで喧嘩したのか分からなかったんっすけど尺の都合上しょうがないね。

「寒い冬の日、温かいふたり」
お泊りデートでお風呂でイチャイチャする話だよ。
お風呂でイチャイチャってね、もうね、百合的に定番だよね。エロとか一般とか関係ねぇ。1クールに一回はぶちこみたいよね。
特にね、お風呂に入る前の脱衣シーン。こういうとこで作者の“拘り”が見えてくるんっすわ。

IMG_5868.jpg

女の子はぁ、下着に拘りたいじゃん……。女の子同士だから互いにかわいい下着にドギマギできるんじゃん……男女だったらそういうのないじゃん……。

その後どきどきお風呂タイムして身も心も溶かすじゃんよ。
FullSizeR(3).jpg

「あの子が教えてくれたコト。」
教育実習生の先生と生徒のアレ。思春期特有の一時の感情系~~~で済まされがちな奴。でも今作の先生は自身が同じ経験をしているにもかかわらず、相手の女生徒に素直な気持ちをぶつけるんですよね。大体この手の作品では教師側が諭したりして一悶着あるんですけど、エロ漫画的にそこまで悠長にしてらんねぇ! って理由もあるんでしょうか。

まぁ何にせよ。今回の短編集では割と学園(学生)メインみたいなとこありますし、一作は入れておきたいパターンですよね。

「夕日の色と、甘い夜」
遊園地デートからの海を眺めながら車内セッ。

ゴンドラが一番高いところで告白すると、二人はずっと幸せになれるらしいですよ!(ココちゃん情報)
FullSizeR(2).jpg

ベストフレンズ(意味深)、組んじゃったね。

「afterSchool ~先輩とナイショの時間~」
放課後にセンパイの部屋でセッ。
またしても下着への拘りを感じますね……。
IMG_5871.jpg

IMG_5872.jpg

ここまで割と真っ当というか。ノーマルなレズセックスしといてなんですけど……ついに“アレ”が出ます。
FullSizeR(1).jpg

そう、ベニパンです。

レズセでベニパン出ると毛色が変わってきますよね。どちらかというとハードで、よりシコリティの高いものになります。ちょっとえっちな百合姫くらいの気持ちで見ていたらいきなり沼に引きずり込まれたような衝撃。これもうレズ暴力だろ。

道具を使うっていう段階を一つ飛ばしてきた感ありましたね。

「ふたりきりの夏。」
夏、プール、ふたりきり……何も起きない筈はなく__過熱した欲望は、遂に危険な領域へと突入する。
ぶっちゃけ今作で一番えっちだと思う。ベニパン出すだけじゃ越えられないフェチズムを感じた。

びしょ濡れノーブラって……。
IMG_5874.jpg

こんなん絶対レズセックスですやん。

FullSizeR.jpg

すこぶるえっちだからてっきりえっちブックスかと思っちゃった(えっちブックスです)。


総評。絵柄なのかsyouさんの性質なのか、正直エロさはそこまででもない。でも百合エロ漫画ってあんま抜き目的に買う人いないと思うんですよね。どうなんでしょう、実際需要というかターゲット的に。百合好きの人とエロ漫画好きの人。どっちの層も良い感じに取り込めてるんですかね。

個人的に今回の単行本では「交わる想い、誘いの夜」が一番好きかな。僕がおねロリ好きっていうのもあるけど、純粋にエロ抜きでもよくできてた。百合作品は百合以前に作品として面白くなければならない、っていう信条が僕にはあるんだけど、百合エロ漫画はエロさ以前に百合漫画として面白いこと。それが個人的に肝要になってくるかなと。
もちろん焔すばるさんみたいに“百合エロ”としての面白さを持つ人は例外なんですけどね。syouさんは作品作りの土台に一般向け百合漫画としてのエッセンスが濃いので、やっぱりそこが評価基準になっちゃいますね。

まぁそれはひとえに、syouさんが本当に百合好きである証なんです。僕ね、今迄色んな作品のあとがき読んできたし、結構なあとがき好きでもあるんですけど、syouさんのあとがきはその中でもトップクラスに良かったです。

『百合が好きな人は多くの場合、本当に百合が大好きな人です。
百合がちょっとだけ好きとか、わりと好き、まぁまぁ好き、みたいな人はあまり見かけません。
そういうところが百合というジャンルを取り巻く良さの一つだと思います。
だからこそ、百合作品を作りたいという私たちの気持ちもまた、強く、大きくなるのです。』

この文章から、syouさんがいかに百合というものに真摯に向き合っているかが分かります。心に沁みる文章です。百合好きの熱意って、愛情って、やっぱ他のものとは違うんですよね。

移り変わるようなものでもなく、ともすれば危険なほど深い。それを後悔する時もあるけれど、それでも僕らは百合が好きなんだ。


満足度:★★★★☆
実用性:★★☆☆☆
絵の巧さ:★★★★☆
ストーリー:★★★★★
スポンサーサイト



「百合色の日々」、感想。

81J6W5vOUtL.jpg


あらすじ
恋人になってくれる――
「友達の終わり方 前後編」など全8作品を収録した、著者初の「処女」&「百合」オンリー単行本。


レズセックス!(挨拶)

はい。という訳で実に1年半以上ぶりに悪魔の力を手にしました。レズセックス大好きおじさんことキョウトです。さて、今回ご紹介するのは天凪くん二冊目の百合短編集。今作は前作と違って100%百合です。ジッサイアンシン。

今回は内容も内容なんでね、多分今迄で一番真面目なレビューになるよ。胸がキュンキュンくるだけの作品ってよりも、ストーリー性の高い作品群になってるしね。あ、あとね、レビュー入る前に言っておきたいのやけど……天凪くんの絵、ありえんシコれるよね……。いや、僕百合にシコかシコじゃないかとか求めてないんだけどね……僕の恥部がこう……ドグラマグラしちゃうんよ……。

特にね、天凪くんのトーンの貼り方がね、アナログだからこそエロさを真に感じ取れるっていうの? このテカリ具合とか質感はデジタルとはまた違う趣だよね。画面越しの絵もいいけどね、やっぱ本媒体ありきのエロさなんっすわ。という、電子書籍に乗り遅れてる人間のぼやきです。では本編の感想。

今作では「おうちでシましょ♥」「混ざらない螺旋」「友達の終わり方 前編・後編」「快作少女」「瞳の中のシグナル」「少女の鳥籠」「嘘を束ねて祝福を」「ふれあう度に恋をして」「私と彼女はキスをする」の全10作が収録されてるよ。

バリエーションとしては過去の誰か(恋人の母親)に重ねてのえっちとか、レイプから始まる恋もあるとか、ナルシストの極地として、自分好みの女の子をそっくりに着飾ってセックスとか、そんな感じ。R18の百合モノだと道具に対する拒絶反応があるかどうか? っていうのでもプレイにバリエーションをもたせられるよね。内容としては全体的に暗い……っていうのもアレだけど、色々心裡でこね回す感じの作品が多かったかなって印象。

お気に入りの作品は「友達の終わり方」「快作少女」「私と彼女はキスをする」かな。


先ずは「友達の終わり方」。今作は夏緒ちゃんのゲスっぷりが好きです。
image3.jpeg

友達でもセックスできるよ(至言)

まるでエロ漫画みたいな科白だなぁ(しみじみ)。

からの
image4.jpeg

拙者エロ漫画特有の謎理論大好き侍でござる。

それで拒否られたら
image5.jpeg

お前じゃい!

言動だけみるとクズでしかないんだけど、夏緒ちゃんイケメンだから全て許されてる節あるよね。
image6.jpeg

image7.jpeg

そういうとこだぞ夏緒ォ!
あ^~夢女になる^~。顔が良い女はこれだからタチが悪いぜ……タチだけにな!\ドッ/

とまぁ、夏緒ちゃんがクズだけどめっちゃ好きなキャラですってことは伝わったと思うんだけど、この作品の肝はそこじゃない。一番注目するべきは相手のいのりちゃんの異常性。実は夏緒ちゃんよりひどい女なんですよこやつ。

夏緒ちゃんがね、こんなレイプまがいのことをしたのもね、いのりちゃんが相手にしてくれないからなんっすわ。いのりちゃんだって本当は夏緒ちゃん好きなんだけどね、それを「女同士でなんておかしい」っていう常識で押し込めて、好きでもない男と付き合って……。常識や普通に囚われるあまり、本質が見えてないんですよ。まぁそれだけならね、分からなくもない。実際世間体を気にするのはしょうがないことだしね。ただ、いのりちゃんが異常なのはそこじゃない。
image1.jpeg

自分は男と付き合っておいて、処女性を喪うことを覚悟してのことだと思ったら、非処女を穢れだというんですよ。それってちゃんちゃらおかしくないですか?

しかもことが終わったあとにおいても“友達”という関係を保とうとする。“普通”への拘泥っぷりが普通じゃない。たとえ破綻して、取り繕えなくても縋り付く。それもまた人間ってことですかね。人間の業を感じる作品でした……。

それはそれとして(デビルマン)
image8.jpeg

わかるマーン!

レイプやセックスからの恋が許されるのは女性同士ならでは。妊娠の心配も破瓜の心配もないからね。
処女性を保ったまま性的快楽を味わえるって、メリットしかなくないっすか? もっと皆軽率にレズセックスするべきですよ。
性教育に取り入れましょうよ。


次、快作少女。自分大好きナルシストガールが、自分好みの女の子を自分そっくりにしてセックスする話だよ。
image1_2018052120432181e.jpeg
行為中も相手の顔(自分好みの顔)を意識して見ようとしたり

image2.jpeg
ちょっとした髪の乱れが気に食わなかったり

image3_20180521204327086.jpeg
挙句の果てに鏡に映る自分に一番興奮したり。

そして結局は
image4_20180521204328445.jpeg
という結論に至るわけですよ。自分が一番好きだから、自分と親しい存在として女の子を好きになるっていうのは、背徳的かつ偏執的で良さみが深いっすよねぇ~。

話は変わるんっすけど、百合厨の中には自分嫌いの極地として百合好きになったっていう存在も珍しくないらしいっすね。自分に自信がないから、今のままの自分では受け入れてもらえないから……。故に正反対の存在に自分を変換し、百合へと至る。

ま、確かに。一理あるかなとは思いますね。でもたとえ自分嫌いじゃなくても……普通は美少女になって美少女とレズセックスしたくない!? 誰だって生まれ変わったら美少女になりたいっしょ! JK!


最後。「私と彼女はキスをする」。
この作品に限ってはね、
image10.jpeg
このシーンだけすき。

大人は汚い。大人になることに対する漠然とした不安。そういうのって、最高にゼロ年代ジュブナイルっぽくないですか……? 大人になるまでの限られた時間。好きと言ったら終わってしまう関係だから、肉体関係だけの快楽に溺れる。それは一種の逃避であり救いだ。逃げ出せない現実から目を背ける為の、小さな松明。その炎の揺らめきは、いずれは消える。しかし、それでも縋らざるを得ないものなのだ……。

「少女の鳥籠」ではどんなに強い絆でも大人や世間体によってあっさりと引き裂かれてしまう、終わりが来てしまうことを示し、
「嘘を束ねて祝福を」では恋心に気付いたときには既に全て終わっているという無情さ。
これらも合わせ、この「百合色の日々」という作品は青春の光と影を切り取った作品なのではと思う。青春は明るいだけじゃない。それを忘れてしまった人たちに、改めて警鐘を鳴らし、継承していく物語だ。

ここに、百合エロ漫画の文学のカタチを見た。


満足度:★★★★★
実用性:★★★★☆
絵の巧さ:★★★★☆
ストーリー:★★★★★

「少女は色づく百合に恋をする」、感想。

81BNqc_aSdL.jpg


あらすじ
3ヶ月だけ田舎の女子校に通うことになったヒロインが転校初日に目撃したのは女子生徒同士で愛し合う姿だった。
都会の少女と田舎の少女たちが織りなす、甘く刺激な学園百合Hの最高峰。

父親の仕事の都合で都会から3ヶ月だけ田舎の女子校に転校してきたヒロイン、晶。「私、友達なんかいらないから」と人を寄せ付けない晶だったが、転校初日に同級生同士の
百合エッチを目撃したことにより、知らなかった甘美な百合世界を経験していく…。「ナデシコヒヨリ(全7話)」他、「お姫様の口づけで少女は目を覚ます(前後編)」
を収録した珠玉の百合作品全9作収録。


レズセックス!(大声)

どうも~好きなことはレズセックス。レズセックス大好きおじさんキョウトです。

そんでね、今日はね、正統派百合エロブックスである此方をね、レビューして行こうと思うんですけどね。なんていうんですかね……あまりにもこう普通というか……。ほんま平均的百合ブックスにレズセックスをぶちこんだような作品なんですよね。勿論最高値や高まりみたいなのはあるんですけど、こう、はっちゃけたレビューはできそうにないです。だから今回はあまり期待せず読んで下さい。

さて、という訳で今回はおふざけなしの真面目なレビューをしていこうと思うんですけど、今作は「ナデシコヒヨリ」七話、「お姫様のキスで少女は目を覚ます」二話の構成になっております。オヒキスに関しては語ることが死ぬほどないので(ヒロインがふくよかでえっちだった)、割愛。

では先ずメインキャラの紹介から。
IMG_8131.jpg

主人公の笹目ヤヤちゃんです。甘えん坊なのでおっぱいを吸うのが好きです。こんな顔↓もしちゃう可愛い子です。

かわいい

ちなみにオマンコソムリエです。


そしてヒロインの関谷なるちゃん。
IMG_5176.jpg

雛野って言ってますけど多分誤植ですね。そして隣にいるのはヤマノススメから出張してきた山の妖精ここなちゃん。タイトルがカタカナなので実質同作品です。今作では基本的になんかもう登場キャラ全員体の関係持ってますが、ヤヤちゃんとなるちゃんが恋人同士ということになります。ヤヤなるですね。ちなみにこの子らもオマンコソムリエです。


次に紹介するのは多美お姉ちゃん枠の部長。
IMG_1266.jpg

小原鞠莉さんです。ラッシャイ! からの出張となります。こちらもタイトルカタカナなので実質ナデシコヒヨリですね。作中に出てるヒロインはコヤツに皆手篭めにされてます。カキタレです。そしてオマンコソムリエとしての力量はヒロインズの中でも白眉。オマンコスメルとフレーバーに強い拘りをもってるようです。

IMG_3016.jpg
ぷしゃぁっ


ラスト。不人気ヒロイン眼鏡枠のマチさんです(全マチさん好きに喧嘩を売る発言)
IMG_7505.jpg

作中では比較的常識人。特徴らしい特徴はないですね。ちなみに彼女もオマンコに一家言あります。オマンコソムリエです。


畢竟。どんな話かと問われば、↓の画像ですべて説明出来ます。
IMG_0348.jpg

茶道部というレズセックス部で乱交する内容です。因みに女の子同士のセックスは浮気にならないそうです(?)。田舎娘はエッチなことしか考えられないのか……。まぁ、概ねハナヤマタのレズ。レズヤマタですね。

それでは最後に、この一言でこのレビューを締めさせていただこうと思います。

ヤヤなるレズセックスサイコ~~~~~!!!!!(ブイブイ)




満足度:★★★☆☆
実用性:★★★☆☆
絵の巧さ:★★★★☆
ストーリー:★★★★☆

「ボコボコりんっ!」、感想。

CgfSb3SUsAIJJ8R.jpg


あらすじ
殴られてる女の子って……可愛くない――?


ブンブンハローユーチュ――ウィィイイイイイイイイイイイイイイイッス!!! キョウトで~す!

はい!! という訳でですね! 一年以上ぶりの成人誌感想ということになるんですけども! 久しぶりすぎて僕もうテンションとか忘れちゃったんですけども!!

今回はね! 知ってる人は知っている、その手の筋では有名な知るかバカうどん先生の初単行本、ボコボコりんをレビューしていきたいと思いま~す!!!! イェア!!

まぁね、表紙からわかると思うけどね。この作品割りとハードな内容だよ。表紙から察した内容まんまだよ。でもね、それだけで避けちゃいけない。ちゃんと中身を見て評価してね。おじさんとの約束だよ!

「嘘もつかない純粋な存在」
池沼にレイプされる心優しい女の子って……胸糞モノでは王道じゃない? 是非抑えておきたいよね。まぁ知るかバカうどんさんからの軽いジャブですよ。まずはね、当たり障りのないとこからってね。おじさんもね、こういう作品ダイスキ。特に今作ではパワー系池沼の獣感とか、池沼親のズレた感覚とか、少ないページ数でよく表現されてたよね!

あとあと! ヒロインのうんちシーンがあるのもうどんくんっぽくない? 僕スカトロ趣味ないけど……いけなくはなくなくない!?

最後のページの精子掻きだすとことか絶望感あっていいよね……そのまま二回戦突入しそうなとこもいいよね……。

「金のたまごで親子丼」
これもまぁ、よくある話といえばよくある話ですよ。クソみたいな男に孕まされて、別れて、今ではATMと幸せに暮らしてる。そんな時。別れた元カレに娘を拐われ、レイプされてるのをATMと妻にリアルタイム実況ってね。

でね、僕が一番しゅきなシーンわぁ……まんこにロートセットしてぇ……卵入れてぇ……撹拌してぇ……それからちんこ突っ込む奴♥ これがホントのミルクセーキってか! ガハハハ!

っておい!!!! 何普通にレビューしてんだよ!!!ぬれぇぞコメントがYOォ!

“キレ”がねぇんだよなぁ“キレ”が……。ちゃんとやってくれないとさー、こっちも仕事だかんさー。ホント困るよ? キミ。

うじゅ「はぁ……でも……」

え? なにその顔? もしかして俺が言ってること間違ってる? ハッハッハー、困っちゃったなぁ俺。無職にダメ出しされちゃったよ

うじゅ「いえ……(膣内射精されちゃった……?)」

だったらさぁ! ちゃんとヤろうよ! しg__

ぼきゅ「ヤりまぁす!」

____
_____
______


「おさんぽJK♥いちごちゃん」
え。。。。。ヤバ……マジヤバなんだけどぉ…・…。普通にシコれるんだけど……いちごちゃん可愛すぎひん……? いちごちゃん……? 星宮……? うっ……頭が……。なんだろう……懐かしい名前だ……僕はこの名前を知っている……? ア……アァ……

ぼきゅ「ヒーイヒー……」

手術は失敗だな……。

ぼきゅ「ホ、ホシ…ミ……イチゴチャ……」

完璧にスターズに乗り遅れてやがる。こいつは失敗作だ。処分しといてくれ。

ガコンガコン


「JC★ボコボコりんっ!」
生意気なJCには鉄槌をくださねばならないのだ。それは僕が常々考えていたことだ。他人をゴミだという人間は、自分がゴミみたいな扱いされるとは思ってないんだろうなぁ。あんな、お嬢ちゃん。なんももってない人間ってのはな、この世で一番恐ろしいんやで? この世はな……不条理なんや……。だからワイは主人公が嫌いなんや……ワイは世界の主人公になれへんからな……? わかるか? なぁおい。わかるかって言ってんだよなぁ? 僕には優しくしないとダメやで?


「JS★ガバガバりんっ!」
カタルシスを感じられるいい話なんよな。膣パンとか名シーンもあるで!
ぼこ


「ぼくのなつやすみ」
膣にセミ投入とか子供のやることはホンマ残酷やで……。女の子もな、セミさんもな、両方可哀想やと思わへんのか? セミさん必死になって這い出てきたのに……おまんこの中で逝くんやで?


……は???? ちょっとうらやましくない???? 拙者もおまんこの中で果てたいんのやけど!!! 

オイそれってYO! セックスみたいなもんじゃんかYO!!!!

はぁ~~(嫉妬)セックス!!! セミとセックス!!! 一夏の思い出!!! キミとセミの終わり!!! 夏の蜉蝣!! 生命の儚さ!! セミの蠕動! 俺は動揺! だけど羨望! それで性交!! イェア!! チェケラ!!!

???「だいぶテンションが戻ってきたようだな。薬の量を増やせ」

了解です。


「はぴはぴ♥ハピネス」
内心どんなに小馬鹿にしてるようなメスでもな、“ヤク”決めれば動物みたいにちんぽ欲しがるよ。やっぱヤるならキメセクっすよ(笑)

僕ぅ~実は母乳好きなんでぇ~、妊婦とやるのが夢? みたいなとこあるんっすよ~。母乳と精液のコラボレーション? みたいな(笑)

ガキ連れならママのミルクの代わりのおじさんのミルクもあげちゃおっかな~なんて(笑) 栄養たっぷりですよ~(バクワラ)

は……? おいなんだそのふざけたコメントは。ワラじゃねーんだよなぁおい。やる気ないんなら帰ってもいいんだよ?

ぼく「そんな……! ぼくが帰るのはママのお腹の中だけです!!」

チッ……次はちゃんとしろよ。

ぼく「ば、ばぶぅ……(なんでぼくがこんなことを……」


「あん♥あんあんはっぴぃ」
不幸ってのはね、循環するんだよ。それが世界の理だからね。親がクズなら子供がどんなにまともでもろくな人生送れないんだ。

おい……だからなんだそのコメントは? これは成人誌のレビューだぞ? エロ本のレビュー一つまともに書けないって……。はぁ~(ため息)、だから仕事ねぇんだよてめぇはよぉ。

僕「……おい」

■■■■■■「あ?」

僕「消えろ」

フ■■■■■「あぁ!_? おいお前ふざけたこといってんじゃ__」

僕「お前こそ何言ってんだ? この漫画の本質、見えてるか? 社会性? 陵辱? リョナ? 知るかバカうどん先生を言葉に当てはめてんじゃねぇ……鋳型に嵌めて安心してんじゃねーよ……!」

フェ■■■■「なんだこいつ……調整済みの個体じゃないのか!?」

僕「ウルセェエエエエエエエエエエエエエエエックス!!!!」

フェミ■■■「っ!!」

僕「なぁ僕なぁ言ったよなぁおい。可愛いだけじゃダメみたいって言ったよなぁ僕なぁおい聞いてんのか」

フェミニ■■「ヒッ」

僕「女の子は可愛いけりゃいってもんじゃねぇんだよなぁおい。てもなぁ最近は可愛くあることもハードル高いんだよなぁ? なぁ?」

フェミニス■「は、早くこいつを殺さないと……!」

僕「だからなぁ僕が世界で一番かわいい女の子になってやろうって__」

バキューン__

僕「……(銃で撃たれて死んでる)」

フェミニスト「はぁはぁ……また最初からやり直しだ」

___
____
_____


はいっ! という訳でですね! 知るかバカうどん先生の「ボコボコりんっ!」でした! いやぁ~女の子は皆可愛いですよ? もう生きてるだけでかわいいです。死んでてもかわいいです。女の子は可愛い生き物なんでうs可愛くない女の子なんて居ないんですよ


満足度:★★★★☆
実用性:★★★★☆
絵の巧さ:★★★★☆
ストーリー:★★★★★


「ちちゆりガールズ」、感想。

ちちゆりガールズ (ムーグコミックス)ちちゆりガールズ (ムーグコミックス)
(2015/03/28)
焔すばる

商品詳細を見る



あらすじ
女の子のおっぱいが主食のサキュバスがターゲットにしたのは清純な女学生の桃嘉だった! 焔すばる珠玉の一冊!

何気に同人時代から好きだった焔さんがついに……ついに単行本発行ですよ! 
知ってる人は知っている! その手の界隈では有名な焔さんの記念すべき一冊目。買わない訳がありません。

という訳で今回も真面目にレビューしていきたいと思います。まぁ、先ずね。前提として、言うまでもなく女の子がエロ可愛いよね。百合モノは基本的にどんなにエロくても「抜きたいんじゃ^~」という感情にはならない僕なんだけど、そんな僕ですら「致せるなこれ」と思わせるくらいエロいです。実用性すら感じるレベルです。“シコ《ギルティ》”れる百合エロ漫画です。

めっちゃおっぱい吸い付きたいよね。バブゥバブゥママおっぱいとかバブみとかそんな平易な言葉で語れないレベルだよね。搾乳の美学ここに極まりけりって感じですよ。

ちんぽはいらない。勃たせるのは乳首だけでええんや……。

いやね、僕もね、仮にも百合スト名乗ってるわけですから。百合作品に於ける“ちんぽ”の存在について考えはしますよ。ちんぽという男性性の存在。ただそこにあるだけで“シコみ”を与えるエフェクト。
ふたなりはアリかナシか? で言われたら僕はアリなんですけど、それは百合的にみてふたなりがアリというよりは、「ふたなりというジャンル」が好きなんですよね。それはやっぱり性欲によるところが大きくて、取り敢えず棒状のものをまんこに入れとけば記号的にシコみにつながるみたいなとこありますからね。だから僕は百合作品にエロは求めていないんですよ。

でもね、この作品はちんぽとかふたなりとか関係なくムラムラする。

単簡に言えば焔さんは天才ですよ、天才。勃起乳首で妖精まんこ挿入はマジで天才の発想だと思うし、勃起乳首と搾乳に心血を注ぎ込んでいる焔さんならではの発想なんだなって、たどり着いたハイエンドなんだなって、思っちゃう訳ですよ。

搾乳は最高だし乳射は女の射精なんですよ。女の射精は潮吹きじゃないんです。

焔さんといえば乳合わせの描写も神がかったところがありますよね。味があるっていうのかな……なんだか僕も本当に乳合わせしているんじゃないかって気分になってくるんですよね。

つまりね、勃起乳首+搾乳+百合スキーの方々には最高の内容なんじゃないかなって。

あぁ、僕も可愛い女の子になって勃起乳首で乳合わせしてぇ……してぇよ……ッ!


満足度:★★★★★
実用性:★★★★☆
絵の巧さ:★★★★★
ストーリー:★★★★★
相互ブログ更新情報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
プロフィール

キョウト

Author:キョウト
しがない編集者。感想は主にラノベが中心。ライトノベルとは読み始めて11年の付き合い。好きなジャンルは百合とゼロ年代だけど、面白そうなら何でも読む。基本文を書くのも妄想するのも何かを作ることも好きなので、自分で小説とかも書いてたりする。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オススメラノベ
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る
雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る
マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)マテリアルゴースト (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田 誠

商品詳細を見る
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
綾里 けいし

商品詳細を見る
機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing 機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)
(2009/11/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る
ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
AKUMAで少女 (HJ文庫)AKUMAで少女 (HJ文庫)
(2007/08/01)
わかつき ひかる

商品詳細を見る
世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)
(2012/09/07)
一二三スイ

商品詳細を見る